上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりの更新となりました。




友人と二人、4ヶ月ぶりに湯原に行きました。


午前8時。数週間前の大雨によるダムの放水の影響で水は白濁、川床にはシルトが堆積したような状態。ライズも魚の姿も見えないし、暑いし、ウェーダーを履く元気も起こらず、漁協でのんびりしていたら、篭坊の青鬼氏と遭遇。やっぱり来ていましたか~

毎週のように大阪から湯原に通っている青鬼氏に情報を聞き、ようやくウェーダーを履いた。青鬼氏に少し遅れてポイントに入ると、ちょうど青鬼氏のシケーダーにバシャッと水しぶきが上がった。

それからが凄い!  動画を見てください。



70cm のよく肥えたニジマス。こんなの見たら俄然やる気になります!

IMG_2016-001.jpg
IMG_2019-001.jpg
IMG_2032-001.jpg

そして、友人にも 60cm と 50cm 、僕にも 65cm のニジマスがヒットしました。

IMG_2041-001.jpg
IMG_2043-001.jpg
IMG_2046-001.jpg

やはり湯原のポテンシャルはすごかった!




関連記事
スポンサーサイト
2013.08.11 / Top↑
釣友ONさんに誘っていただいて CI関西のキャスティングスクールに参加しました。
CI=FFF公認キャスティング・インストラクター


IMG_0332.jpg

当日は雨こそ降らなかったものの、寒風が吹き荒れる(はちょっと大げさか)悪コンディションでしたが、たっぷりと練習してきました。

キャスティングうまくなって、カッコよく釣りたいですから...

IMG_0334-001.jpg

自分のキャスティン部フォームをiPadで撮影してもらい、即チェック。バックキャストの時にロッドティップが左右に回り込んでるじゃないですか! 自分のキャスティングの癖が一目瞭然で、いい勉強になりました。

iPad こんなことでも役立つんだ(驚)

IMG_0333-001.jpg

最初は、6番ロッド。ユーフレックスXC-906を使っていたんですが、キャスティングしているうちにバットと2番目のセクションのあいだで抜けてしまった。

先生「フェルールが短んじゃない?」
生徒「???」

よく見ると、フェルールが途中で折れてました。ショック~

IMG_0015-002.jpg

ONさんの推薦図書 メル・クリーガーの The Essence of Flycasting 
さっそく amazon.jp で購入して勉強しています。

IMG_0337-001.jpg


関連記事
2012.11.23 / Top↑
11/11 天気予報通りの雨でしたが、CIさんと連れ立って、市川・神河C&Rに行ってきました。


松ケ瀬駐車場に着いたのは午前9時頃。

結構な雨。寒い、暗いで、さてこれからどうしようか? という感じ。すぐに川に入る気も起こらず、とりあえずタープを設営。テーブルと椅子を出して、まずはコーヒーを一杯。

やっぱりこんな日に釣りに来るバカは僕らだけかな~。なんて思いながらfacebookに投稿。

IMG_0310.jpg
(なんか寂しい)

なんと、ほどなくHTFのメンバーが5人も集まってきた。バカばっかりで、賑やかになりました。嬉しいものです。

IMG_0311-001.jpg
(賑やかになりました)

雨は激しく降り続いていますが、とりあえず2組に分かれてそれぞれ入川することに。副代表、CIさんと3人で大河のプールへGO。

CIさんはチェルノブイリアント、副代表はガム、僕はタランチュラ、それぞれのスタイルで釣り上がります。

IMG_0313.jpg

ここはホント良い流れの連続です。水中のニジマスの姿が目に浮かぶような流れの中にフライを流すのですが... 現実は何の変化も無く、ただ虚しくフライが流れていきます。

どんどん雨は強くなってくるし、水の濁りも増して来て、流れも強くなってきたようです。もうすっかり諦めかけた頃、ようやく副代表にヒット。

お見事!


(副代表のランディングシーン)

川から上がって遅い昼食。松ケ瀬駐車場周辺に入ったK会長からは、60UP!につづいて50だとか、景気のいい情報が入ってきます。エライ違いや~(ガクッ)

副代表と分かれて、タープの撤収に松ケ瀬駐車場に戻った。雨の降る広い駐車場にタープがひと張りぽつんと立っていて、なんとも寂しい。が、テーブルの上には、神河C&Rのピンバッチが2個置かれていた。代表が置いていってくれたようだ。

IMG_0316.jpg
(神河C&Rのピンバッジ)

雨はますます強くなって、気は滅入るが、ここまで連続 NO FISH の我が身、なんとしても夕方のラストチャンスにかけようと、再度重くなったウェーダーを履いて、濡れたレインジャケットに袖を通した。しかし、悲しいかな川の濁りはひどくなり、流れも強くて釣りにはならず、断念。トボトボと車に戻り、タープを撤収。本日の釣りを終了。

NO FISH 記録更新中!



関連記事
2012.11.17 / Top↑
トラウトリバー市川、神河C&R に行ってきました。


大阪のHさんと中国道・赤松PAで待ち合わせ、市川へ。

午前10時、誰もいないしんこう大橋のプールに立った。

ライズ無し。


川底の石をはぐって「ヒゲナガとヒラタですね。」とHさん。 チェルノブイリとかの大きめのフライが調子良さそうなので、エルモン・ソラックスダン♯10 を結んだ。

一投、二投... 少し上流へ歩を進め、流心にフライを流すと...水面にニジマスの姿が現れフライトともに水中に没した。 ロッドを立てると確かな手応え、ラインをリトリーブする。リールファイトを強いられるほどの引きはなかったのでリトリーブで対処したが、よってくるとなかなかいいサイズのオスのニジマスだった。幸先良いヒットに内心ほくそ笑みながら、ネットを出した。 っと、水面に半ば出ていた頭を激しく振られてフックオフ!

今日の幸運もこの時逃げてしまったのか、そのあとはイブニングまで一度のアタリもなく終了となった。

なので、NO FISH! NO PHOTO! です。

ニジマスには縁が無かったけど、フィールドで多くの方々との楽しい交流があり、楽しい一日を過ごすことができました。

天気: 晴れ
水温: 13°
ハッチ: ガガンボ、ヒラタカゲロウ その他
ライズ: 遭遇せず
関連記事
2012.11.10 / Top↑
martira店長主催の「サントリーローヤルの会」で、FF仲間11人が湯原に集まった。

IMG_0295.jpg


「サントリーローヤルの会」の由来:
先月、YouTubeでサントリーオールドの懐かしいCMを見つけて、facebookでシェアした。



店長からは、「この町には1年前に散歩に出るといってこの町に住み着いた人、医者を止めてこの町に住み着いた人、」から始まるスチールヘッドに取り憑かれた人達を題材にしたサントリーのCMがあったのだけれど、YouTubeで見つからない。とのコメント。

そんなことがあって、サントリーオールドならぬローヤルで秋の夜長を楽しもうという会になった。



IMG_0291-001.jpg

土日の1泊2日の予定でしたが、土曜日は野暮用があって、僕は夜の部からの参加となった。 
すっかり暗くなった午後6時半に湯原に到着。皆さん、お腹がすいているのに、到着まで宴会の開始を待っていてくれた。 ですが、秋の夜長のメインであるはずのサントリーローヤルは既に昼間っから一次会が始まっていて、もうほとんど残っていない状態だった。 でも、まぁいいか。 テーブルの上には酒のボトルが並んでいるし...

IMG_0292.jpgIMG_0293-001.jpg

夜の部は、メインがジンギスカン鍋。サイドメニューは焼き鳥(炭火焼)とローストチキン(ダッチオーブン)。お酒は多種多様。

IMG_0290-001.jpgIMG_0294-001.jpg

宴もたけなわになると、いつもの如く夜のキャスティング練習が始まります。外はあいにくの雨と風。マチャルくんのきれいなキャスティングに続いてロッドを振ると、いつものようにmartira店長の厳しい指導が飛んできます。もう何年、何回とここでこんなことをやっているんだろう、すこしは上達したんだろうけどまだまだ道程は長いな。そうやって、雨ニモマケズ風ニモマケズ、深夜までキャスティング練習は続きました。




IMG_0296-001.jpg

翌朝。雨は小降りになりましたが、どんよりと暗い、陰気な天気です。

昨夜のメンバーの多くは、それぞれ用事があって釣りをせずに帰路につきました。それでも今日の湯原は大勢のFFが訪れて結構な賑わいです。漁協前のプールでは、時折風が止むとオナシカワゲラのハッチがあり、所々でライズも起こります。しかし、ライズしているマスはどれも小型で、良形のニジマスは中層にじっとしています。

まずは、オナシのドライで狙ってみますが、いくら流しても大きいのも小さいのも一向に反応してくれません。その後は、CDCダンや、ニンフを水面直下に流したり、沈めてみたりと、いろいろ試しては見ましたが甲斐なく撃沈。

IMG_0299-001.jpg

一旦漁協前を離れて、八景前~温泉館裏~下の駐車場までパトロールに出ましたが、異常無し! 前回、マスが溜まっていた(と思われる)ポイントにも、ニンフやトラウトガムを沈めてみましたが、ここでも沈黙は破ることができませんでした。

再び漁協前。対岸でマチャルくんが身を低くしてじっとしています。何やら狙っている様子。見ていると、たまにフライを交換しながらも獲物を狙う猫のように気配を消して、長いことじっとしている。そして...



僕      「フライは何?」
マチャルくん 「流れてくる黄色い葉っぱを食べてたので、黄色いマラブーを流したら来ました」

さすがだ。観察力が違うなw



急に土砂降りになって、昼食がてらの休憩。
その後はライズも無くなってしまい、イブニングまで粘る元気もなく、早めの終了となりました。


次回に期待です。



関連記事
2012.10.30 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。