上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
平日ながら会社が休みだったので、毎年恒例となっている明石のタコ釣りに行ってきました。 


午前3時に自宅を出て、午前4時過ぎに明石・二見漁港の俊郎丸さんに乗船。すでに他の釣り客の皆さんは乗船されていて、私が最後の乗船となった。

まだ暗い4時30分に出港、二見人工島の南東端周辺で釣りを開始。船長の「入れてよ」の一声で、皆仕掛けを放り込む。いつも第一投目は少し緊張しワクワクする。アタリは無く、船長の「上げてよ」の声で、仕掛けを巻き上げる。船は少し移動して、再度「入れてよ」で一流しが始まる。船中ではポツポツとタコが上がっているが、サイズも小さく、数も出ていない。

東よりの風がやや強く、涼しくて良いのだが、波が立っていつもより揺れが強い。一人の若者は出港後30分ほどで気分が悪くなってしまったようで、既に青白い顔をしてグッタリしている。かわいそうに、彼はそのまま正午の終了までほとんど釣りもせず、ときどきえずきながらの苦行を強いられていた。


2011 07 25_0229


夜が明けて明るくなってくると、タコが良く掛かりはじめた。まだまだサイズは小さいが、テンヤにタコが抱きつくときの独特のアタリが面白い。魚釣りとは違う面白さがタコにはある。周りでは大ダコが掛かり歓声も上がることも何度かあった。


2011 07 25_0227



(タイトル日付は7.25の誤り)

船を流す位置によって、一流しで何杯も掛かったり、反応のないまま移動を繰り返したりと、なかなか船長の腕次第というところ。正午までびっしり約8時間の長丁場、何度かピークもあって、30杯のタコでクーラーボックスは一杯になった。

大漁はうれしいが、帰ってからの処理が大変。ビールを飲んで昼寝したいところだが、我慢して30杯のタコを捌いて、ゆでダコにした。我家の冷蔵庫は冷凍のゆでダコで占拠されてしまい、これから当分、たこ飯、たこ焼き、たこの天ぷら...とタコが主食になりそうだ。

スポンサーサイト
2011.07.30 / Top↑
前回のタコ釣りの感触が忘れられず、今日は休暇を取って再挑戦。 タコは家族にも評判が良いので気兼ねなく釣りに出かけることができる。

再び 俊郎丸。 今日の出港は 前回よりも1時間遅い 午前5時半。 天気も良く、爽快。



今日の出だしはスロースタートで、前回のように数が伸びなかったが、徐々に釣れはじめた。 だいぶんサイズアップしているので、結果、数は前回に及ばなかったもののクーラーボックス(11?の小型だが)は満タンで、フタを閉めるのに難儀するほどの超過だった。

感謝。
2009.08.03 / Top↑
今年はタコが良く釣れている様だ。 釣り船のホームページを見ると連日1人で数十杯の釣果が上がっている。

という訳で、明石・二見港の乗合船俊郎丸でタコ釣りにチャレンジ。 ホームページを調べると、手釣りではなく竿釣りのようだ。 釣具店で相談すると、相当硬い竿と強いリールが必要とのこと。手持ちのタックルでは間に合いそうにないので急遽調達。予算もないので低価格製品でそろえ、タコ専用ロッド、中型両軸リール、PE4号、タコテンヤなどあわせて1万円以下でなんとか揃えることができた。



で、釣りの方はどうかというと。 平日というのに船はほぼ満員で5時出港。 漁港を出てすぐの人工島沖で開始。 思ったよりもずっと岸に近く、潮の流れさえなければカヤックでも十分狙える距離。 テンヤに鶏ささ身を縛り付けて投入。 最初は要領が分からず隣の人とお祭りもしたが、じきに要領もつかめた。底すれすれでテンヤを保持してしばらく待つとググッと竿に重みが乗ってくる。 大きくあわせて、あとはリールを巻き上げる。 やっぱり、それなりの竿とリールを用意してよかった。 相当な重みだ。

午前7時ごろまで絶好調で連続ヒット。ところが、にわかに雨雲が迫ってきて、海上は薄暗くなり、はげしい雷雨に見舞われた。海上ということもあり、身の危険を感じるような雷だったが、船長は変わらず釣りを続けていて、周囲の船も多くはそのまま留まっている。さすが、プロは慣れたものだ。



はげしい雨で、海岸近くは川からの濁りが入って、その所為か、タコのアタリもやや遠退く。11時30分ごろ終了。なんと、タコ30杯でクーラーは満タンだった。

ビギナーで30杯なので、連日の釣果に3桁が出るのもうなずける。これだけの船が毎日出て、皆が皆数十杯の釣果だ。海底はタコだらけじゃないだろうか。想像するとゾッとする。

とはいえタコはおいしい! それもブランド物の明石のタコ。 刺身、カルパッチョ、タコ焼き とおいしく頂きました。 まだまだ、タコ飯やパスタなど堪能できそうだ!
2009.07.21 / Top↑

難波江にキス釣りに行ってきました。

今日はカヤックではなく、手漕ぎボートを借りて家族3人でキス釣り。 ついでに海水浴も、と思ったんですがまだ梅雨が明けず曇り空であいにくの天気。 朝も早いので気温も低く、釣りにはちょうどいいんですが、海水浴にはちょっと... それでも釣りに飽きた息子は海に入って水遊び開始。 しかしよほど寒かったらしく、すぐに水から上がって震えていました。

釣りの方は今回もピンギスばかりで、1ヶ月前よりも少しはましになった程度。 質・量とも満足の行く結果ではありませんでした。 
2009.07.20 / Top↑
友人のお世話になり、釣り船を仕立てて明石のタコ釣り。 

垂水港6時出船。明石海峡を越えて、西へと移動しながら途中、途中で仕掛けを投入しますが、なかなか成果がなく、江井ヶ島沖~魚住の沖合いまで移動。 ようやくタコが掛かり始めた。 エサはアジまたはかしわの手羽をタコテンヤに縛り付けての手釣り。天気は良いし、辺りは釣り船や漁船、スモールボートなどものすごい数です。

一度グググッと手ごたえがあり、ものすごいウェイトがラインに掛かった。これは大ダコとの死闘かと思いきや、2回3回と手繰るうちにスッと軽くなってしまった。ガックリ。

その後、周りの人達は次々にタコをキャッチしていくのに、私だけは沈黙。とうとう小6の息子にも負けてしまい、船中ただ一人のNoタコになってしまった。 

10時30分にタコ釣りを終了、第2幕キス釣りのため須磨沖に移動。播磨灘から明石海峡に移ると潮の流れが全然違う。まるで川のようだ。そんな中明石海峡大橋のケーソン付近に向かう2人乗りのエンジン付きスモールボート2艇を発見。すごい!勇気あるな~。



須磨沖のキス釣りは好調で、25cmを超えるような良型もそこそこ上がり絶好調。 いつもはカヤックで10号以下の錘をつけてキャスティングし、ゆっくり引いてくるような釣りをしているのに、ここでは40号の錘をつけてほぼ真下に落として小突くような釣りで、どうも勝手が違うし、なんといってもあのキス独特の鋭い当たりが、40号錘ではほとんど感じることができず残念。やはりキス釣りはカヤックがおもしろい。

2009.06.28 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。