上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
天気予報では、波は1m~0.5m、風も1~2m。 やっとチャンスが訪れたので、1ヶ月ぶりのカヤックフィッシングに出発。

東の空が白み始める午前5時半ごろ現場到着。 渡船で磯に渡る人たちだろうか、駐車場は結構満杯。砂浜にはすでに出艇準備の整ったゴムボートが2艇夜明けを待っている。 磯の人たちも、ボートの人たちもみんな夜明けをまって待機している。 期待と緊張に心が躍る時間だ。 そんななか、遅れて到着した僕はいそいそと出発準備をはじめ、ゴムボート2艇はエンジンを噴かして出発していった。



(バウに置いたタックルボックス=プラノが目障りだが、艇長の短いニュームーブのカーゴスペースにはクーラーボックス11?とプラノを両方置けない(背中にあたり窮屈)ので、仕方が無い。ロッドホルダーは取り外し、すこしシンプルになったが、もう少し工夫が要る)


海上に出ると、少しうねりはあるものの、風は弱く、釣りには問題なし。 すでにアオリイカ狙いと思われるボートが其処此処に出ている。 アオリイカを狙ってエギを投じるが、なれないため、どうもつれるような気がしない。 魚探に明確な魚影も映らず、エギを投げたり、サビキを落としたり、タイラバを巻き上げたりしながら、どんどん移動していったが、全然結果が出ない。 

午前9時を過ぎ、アオリイカは完全にあきらめ、いつもよりも少し沖合いに出てみた。 水深40m。 近くでプレジャーボートが2隻アンカーを投じて釣りをしているが、海底はフラットで変化無し。竿を出す気も起こらず、どんどん移動。 そうこうしていると、やっと海底が隆起している場所に到達。 海底付近に影(白黒&解像度が低いので、魚か藻かそういった区別はつかない)があり、まずはタイラバを落としてみたが、まったく反応無し、少し流されたので、GPSを見ながら元の場所に戻り、今度はサビキを落としてみた(こういうときGPSは役に立つ)。 するととたんに強いあたりがあり、竿が絞り込まれる。 強い引きに青物を確信。 ドラグを調整しながら、時折走られながらも、隙をみてリールを巻いていく。 魚との駆け引きを堪能した後、上がってきたのは40cmほどのハマチ。 頭部から背中にかけてコバルトブルーとネイビーブルーのモザイク模様が美しく感動的。



周辺を回りながら、メタルジグやインチクにも挑戦してみたが反応無し。 再びサビキに変えて、さっきの場所に戻ってきたところ、ボトムからだいぶん巻き上げたところで ググッと力強いアタリ。 引きも強く、ドラグを逆転させてどんどん潜ろうとする。 ドラグを締め、時々走られながらもスピードの弱くなった合間をみて徐々に巻き上げる。 同サイズのハマチだった。

うねりがやや強くなり、波の谷間では海岸が隠れる。 風も少し出てきたので、これにて終了。

ハマチは刺身とカブト焼きで余すところ無く、大変おいしくいただきました。 最高! やはりこの味は釣り人の特権です。
スポンサーサイト
2009.10.25 / Top↑
ここのところ体調不良と天候不良で2週続けて釣り無しの週末でした。 禁断症状出そう。

巷ではアオリイカシーズン突入。 この時期、型は小さいが数釣りできるので初心者の入門には最適(らしい)。 実はまだアオリイカ釣ったことが有りません。 という訳で、チャンスが逃げないうちに一刻も早く海に出なければ! と焦りを感じながら、今日は3週間ぶりのカヤックフィッシング。

狙いはやはりアオリイカ。 なんですが、欲深い初心者はターゲットを一つに絞り込むことができず、いつものサビキ仕掛けに、ルアーやジグなどのタックル(どれも中途半端)にロッドも3本持って出かけました。

天気予報では、波1.5m→0.5m、風速は午前中1~3m。 少し波が高いが、明日~明後日は天気が崩れて雨になる予報なので、今日しかチャンスは無いかな?! の判断で未明に出発。 夜明けとともに出艇!

風に押されながら最初のポイントへ、磯に近づきたかったが、波とうねりであまり近づくことができない。 さらに風にあおられて、カヤックはどんどん沖に流されてポイントに留まることができず、エギの着底も全然分からない。 アンカーかシーアンカーを入れれば良いのだろうけど、フォールディングアンカーは根がかりするだろうし、波とうねりと風でカヤックが不安定になりそうなので敬遠。 シーアンカーもこの状況で磯近くで使うには無理がありそうなので断念。 結局、流されて釣りにならなかった。 

魚探には何がしか反応があるので、本命の次のターゲット、アジか!? と思いサビキを投入しても反応無し。 そんなことの繰り返し。 あの反応はいったい何?(藻?)  試しにインチクを落としてみると、まずまずサイズのガシラと20cmほどのアコウ(これはリリース)がヒット。

陽が上り、風も少し弱まったようなので、このポイントはあきらめて少し沖のポイントに移動。 魚探に映る魚影はカマス(リリース)。 エギも投げてみたがアオリイカの反応なし。 風が再び強くなってきたので、そろそろ引き上げることにした。 バウを帰路に向けると、すごい向かい風で全力で漕いでも自足2~2.5kmぐらいしか出ない。途中何度か魚探にベイトらしき反応があったので、竿を下ろしてみたが、そのたびにあっという間に艇は逆送してしまい、釣りどころではない。 釣りはあきらめて漕ぎに専念。 



波、うねり、向かい風を相手に苦しい帰路でした。 今日は釣りよりも漕いでばかり、ほとんどパドリングの訓練(技術でなく単なる体力の)のような一日でした。 しかし、日ごろ問題にしているお腹周りの脂肪燃焼にはほとんど効果は無さそう。

やっぱりカヤックフィッシングは無理せず凪の日を選んで釣行しよう。




今日は手漕ぎやエンジンのゴムボートは何艇か出会ったが、カヤックはゼロ。 未だカヤックフィッシャーに出会ったこと無し。 関西のカヤックフィッシング人口は極々少数ということでしょうか? みなさん何処にいるのやら?
2009.09.21 / Top↑
魚探復活記念釣行は若狭湾。

久しぶりの好天。 風は爽やかで、秋を思わせる空。 少しうねりはあるが、風弱く絶好の釣り日和。


復活した魚探

釣果は アコウ(30cm)、ガシラ、アジ、カマス と好調。 すべてサビキ(ぜんぜんエサ要りません)



安定して釣果が出てくると贅沢になるもので、サビキ釣りは手軽で釣果も良いが、釣味に不満を感じる。 やはり 20号ぐらいのオモリをぶら下げていると、30cmのアコウといえども、オモリの重さに負けて竿に魚の躍動感が伝わってこない。 やはりできるだけライトタックルで魚と対峙したい。 できればフライで。 などと思うが、対象魚も豊富でまだまだ未知数、しかもパラダイスがありそうで、なかなか対象魚、釣法を絞り込むのは難しい。 まっ、ぼちぼちやっていきます。



カヤックの艤装もできるだけシンプル、コンパクトにするように工夫中。 

前回までは3連のロッドホルダーを使っていたが、置き竿することも無いしはずした。 タックルボックスもプラノの1612に変更して中身もできるだけ厳選。バウデッキにおいていたソフトクーラーも11リットルのハードシェルクーラーに変更してタックルボックスとともにスターンのカーゴデッキに収容。 それでもカーゴデッキが小さいので、これでぎりぎり、タックルボックスが背中にあたり少しきついし、アンカーやランディングネットなど積むとかなりゴタゴタしている。 もっとコンパクトに機能的に進化したい。



2009.08.23 / Top↑
今回も舞鶴方面。 午前中は梅雨前線が通過し雨、ところにより雷もあるとの予報。 少し心配だったが、とりあえず出発。 今日はインフレータブルの友人との釣行。

天気は高曇りで、雨の心配は無さそうだが、風が思ったよりも強い。 準備をして、5時過ぎに出艇。 

風が治まるまで砂浜近くでキス釣りをすることにしたが、風が結構強くパラシュートアンカーを流してもどんどん流される。 3週間前に比べてキスの活性は上がっており、キャストごとに鋭い魚信がある。 しかし、どうしたことかなかなかフッキングしない。 

魚探を見ていると海中に立ち上がった根があり、そこそこベイトも見られたので、さっそくタイラバを落としてみる。 反応なし。 根の上をカヤックはどんどん流されるので、何度も風上にカヤックを戻してまた流されながらタイラバを落とす。 何度か繰り返しているうちに、先週買ったばかりのタイラバを根掛かりでロスとしてしまった。

少し風が治まったような気がしたので、前回のアコウポイントに向かって漕ぎ始めた。 ところが、また風が吹き始めた。 帰りは向かい風になるので、この先の天候の変化も分からないので、アコウポイントはあきらめて風裏になる磯場に移動。



魚探には結構ベイトが移っている。 マメアジのようだ。 友人はサビキで釣ったマメアジをエサに、流し釣りでアコウを連続ヒット。 僕はタイラバで狙ってみたが、一向にあたり無く、ここでもタイラバ2個を根掛かりでロストしてしまった。 どれも先週かったばかりので、損害 大。

アジ狙いに切り替え、サビキにチェンジ。 コマセなしのいわゆるショットガン釣法というやつ。 さっそく20cmほどのアジが掛かってきた。 結構引くしおもしろい。 アジだけでなく、ガシラ、アコウも掛かる。

そして、突然ロッドに今までとは違う引きが。 ロッドは大きく曲がり、リールからラインが引っ張り出されるので、ドラグを閉めなおして引きに耐える。 もしかして 青物か? しかし、引きは強いが青物のようなスピード感がない。 ようやく上がってきたのはヒラメ! それもデカイ! 何とかガンネルのところまで引き上げたが、ここであせってしまった。 そのまま引き抜いてコックピットに入れるのは難しそうなので、手でつかんであげようとして失敗、ひと暴れされてばらしてしまった。 背後にランディングネットがあったのに。

その後、9時ぐらいからアジの時合がきたのか、魚探で群れを見つけてサビキを落とすと 20cmほどのアジが連続ヒット。4~5尾一度に掛かることもあり、ロッドがぐんぐん曲がる。 

まだまだおもしろくなりそうだが、終了の時間となり 10時に終了。

夕食は、ガシラの酒蒸しに、アジの刺身と骨せんべい。 新鮮なアジは最高に美味だった。

しかし、あのヒラメが釣れていたら、とまだ未練が残っている。 次回リベンジ。
2009.07.12 / Top↑
先週に続いて若狭湾にカヤックフィッシングに出かけた。先週高浜方面のキスはさっぱりだったので、今日は舞鶴方面に向かった。狙いはやっぱりキス。

朝5時に出艇。ベタ凪でドピーカン。

水深5メートル付近から開始したが、ほとんど反応なし。ときどき掛かっても先週よりもさらに小さいピンギス。徐々に水深の深いところに移動してみたが状況は変わらず。

今日はなんだかクラゲが多い。などと思っていると、気が付いたらカヤックの周りはぞっとするほどのクラゲに囲まれてしまった。ちょっとパドルを入れるのにもビビッてしまうほど。こんなところで沈したらと思うと、血の気が引く。



砂浜近くでのキス釣りはあきらめて、大きく移動。沖にある島に向かった。水深4m付近で魚探にベイトの反応あり、タイラバを落としてみると、なんとアコウが食いついてきた。その後アコウやガシラが連続してヒット。タイラバの威力を実感。



相変わらず魚探にはベイト反応があり、サビキを落としてみると、期待はずれの超マメアジばかり。しかし、サビキに掛かった超マメアジに食いつくガシラも居たりして。これはこれで楽しむこともできた。

島の周りを一周して、気温も上がり体力も消耗してきたので終了とした。



釣果は、アコウ 5、ガシラ 5。 リリース 多数。
キープしたアコウ、ガシラは、刺身、塩焼き、煮付け、潮汁 にして食した。美味。
2009.06.20 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。