上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

11時~14時 いつもの篭坊フライフィールドに行ってきました。
天気は良く、今日も暖かだったが、時おり風が吹きキャスティングしづらいこともしばしば。
前回と変わらず魚はシビアで、フライにほとんど反応なし。 いろいろやってみた結果、最後に使った赤のファーリーチやオレンジのウーリーバガーには結構反応あり。ランディングできなかったものの、6Xフロロティペットを軽くラインブレークされることも。
次回は、赤、オレンジ、チャートリュースなどの派手カラーの管理釣り場パターンで挑戦しようと思います。

今日ははじめてカミさんを連れて行った。風も少しあり初心者にはキャスティングも困難で、魚もシビアなため、早々に釣りをあきらめて陽だまりで気持ちよく日向ぼっこしていました。

水温: 7℃
当りフライ:  ファーリーチ(赤)、ウーリーバガー(オレンジ)
関連記事
スポンサーサイト
2007.02.13 / Top↑

今日も篭坊フライフィールドに行ってきました。
春のように暖かだったので、魚の活性も高いんじゃないかと期待していったんですが、予想に反して状況は大変厳しく、魚はいっぱい居るもののボクのフライにはほとんど見向きもしません。それどころか、フォルスキャストしただけで逃げ出す始末。渇水気味で、水の透明度がとても高く、その上ドピーカンの天気のせいでしょうか。ボクの技術では太刀打ちできませんでした。11時から3時までやって2尾だけでした。

今日のヒットフライ: モンタナマラブー(黒)#10、青虫#14
関連記事
2007.02.06 / Top↑


長良川の解禁に行ってきました。長良川は今回初めてです。ポイントも良くわからず、とりあえず有名どころの相戸堰堤を目指して、午前3時に自宅を出発、6時過ぎに相戸堰堤に到着。明るくなると、すでに河原には大勢たちこんでいます。ちょっと入るところがありません。最下流に場所を求め、ライズ待ちがてらラインの手入れをしていると、わずかなスペースにも人が入ってきます。ゆっくりライズ待ちもしていられないので、水温5℃の川の中に立ち込みました。餌釣ではソコソコ釣れているようですが、ライズなく、魚の反応もまったくなく、身体が冷え切って川から上がりました。

待っていても状況は好転しそうにないので吉田川へ移動。ここでも人・餌釣師がいっぱいで、ほとんど出番なし。昼過ぎに再度相戸堰堤へ戻りました。朝方大勢居た餌釣師は皆無で、フライマンが数人残ってライズ待ちしている状況。

結局、ここで夕方まで粘ったんですが、ほとんどライズは無く。No Fish!
心身ともに冷え切って家路に着きました。
関連記事
2007.02.01 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。