上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


昨日から天気が不安定で時おり強い雨が降りましたが、フライフィッシングには恵みの雨です。朝4時半に家を出て一路八東川を目指しました。途中の揖保川はかなりの増水で濁りも相当です。とはいえ、天気予報を見る限り八東川方面は雨も少しはましのようです。多少の不安を感じながら戸倉峠を越えました。

7時に現地に到着。雨も大したことなく、水量もやや減ぐらいで濁りも無く揖保川とは大違いです。前回、前々回を思い起こし、かなりの期待を持ってロッドを振りはじめました。ところが、期待に反してぜんぜん魚の反応がありません。フライも、エルクヘアカディス、アダムスパラシュート、それにテレストリアルやらニンフまで、いろいろ試しましたが結果は変わらず。支流も含め8時間の釣りあがりでわずかにヤマメ23cmとイワナ20cmに終わりました。ヤマメはユスリカ、イワナはコカゲロウと極小さなカディスラーバを食っていました。フライのサイズが合ってなかったのも不発の原因かも?

関連記事
スポンサーサイト
2007.06.09 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。