上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

フライショップ・マーティラから福袋が届きました。 
ソルトのマテリアルを中心に適当にみつくろってもらいました。
ソルト関係は始めたばかりなので、こういう注文もありですね。
さてこれからどういうフライを巻こうか。
関連記事
スポンサーサイト
2007.11.19 / Top↑


明石海峡では、80cm級のシーバスが狙えるらしい。ベイトは太刀魚。明石海峡の潮流で鍛えられたシーバスだけあって引きはすごいらしい。

1ヶ月前から予約して、今早朝にフライショップ・ループノットに集合したものの、これから午後にかけて天候が悪くなるとの予報。すでに海上には白波が立ち始めていたので、今日の出船はとりやめとなりました。あ~残念。

次回は12月11日の予定です。
関連記事
2007.11.12 / Top↑


2年ぶり2回目の手取川サーモンフィッシング。
前回はルアーエリアにくらべてフライエリアの条件が非常に悪く、ルアーエリアでは背びれをみせて次々と瀬を遡っていくサケをボコボコ釣り上げている中、フライエリアは静まり返っていた。1回のあたりすらない完敗。

今回はというと、まず遡上量が大変少なく、2年前のようにサケの背びれを見ることはまったくなかった。それでもルアーではボツボツ上がっているようだったけれども、新しい釣り場もやはりルアーエリアが良い場所を独占して、フライエリアは余地に追いやられている状態。それでも、バックが取れるのでオーバヘッドでキャスティングできるのは、以前に比べての大きな改善だった。

問題はフライエリアの条件の悪さだけではなく、自分の腕前が一番の問題であることは十分承知しながらも納得できないものがありました。今回も1度のあたりもなく終了。

もう、来年は手取川に行くことはないと思います。 やはり、無理をしてでも北海道でリベンジするしかなさそうです。



使用したタックル: 9ft-#8 シンクティップ#8-タイプⅢ
使用したフライ: マラブー(オレンジ、赤)、ゾンカー など
関連記事
2007.11.08 / Top↑

11月3日~4日は、湯原で毎年恒例の田代さんのスクールに参加した。

今年で3年連続の参加。一昨年、昨年とキャスティング練習でかなり絞られた。特に手首の力が入りすぎ、ロッドもスリークォーター気味に振っていたりとか、いくら言われてもぜんぜん癖がとれなかった。その後、十分とはいえないもののヤーンのキャスティング練習用ロッドを使って室内で練習した成果もあり、今年はやっと合格点をもらえた。
関連記事
2007.11.03 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。