上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

グァム島に家族旅行にでかけました。
木曜日深夜に関空を出発、金・土の2日間遊んで、日曜日早朝帰国のあわただしい旅行でしたが、しっかり釣り道具は持って行きました。

木曜日は仕事を終えて、6時半ごろ帰宅。急いで車に荷物を詰め込んで、高速を関空へと急ぎました。10時発のJAL機で約3時間半で常夏のグァムに到着。真冬の日本とのギャップはやはりすごい。午前3時にホテルにチェックインして、冷房の効いた部屋でしばしの眠りにつきました。

1日目。朝から早速ビーチへ。風も少しあり、ビーチにはまだ日が当たっていないので意外と寒いが、水温は高く快適。シュノーケリングをしてみると、おおっ!そこには魚がいっぱい。スズメダイやサヨリの群れに混じって、時おりメッキに似たでかい魚も泳いでいます。これは、フライフィッシングも期待大! 

午前中はボウズに付き合ってビーチとプール。午後はショッピングの後、再度ビーチへ。一応、父親としての義務は果たしたので、夕方急いで釣りの準備をして、ホテルのプライベートビーチをはずして、ロッドを振ってみました。まずはポッパーから。あれだけ魚がいたんだから、きっと入れ食いと思いきやまったく反応なし。一度はポッパーの脇にボイルしましたがフッキングせず、その後はフライをローテーションしてみましたがまったく反応なし。1時間ほどで日没となり、No Fishのまま終了となりました。とはいえ、沈み行く夕日を前に気持ちよくキャストを繰り返すことができました。

ホテルのビーチに帰ると、入れ替わりに従業員が釣りに出かけるところでした。彼はルアーですが、フライのサイズはでかいのが良いと教えてくれました。今日使ったフライはポッパーを除いてクレイジーチャーリーなど小さめのフライが多かったので、この情報で明日への期待が膨らみました。

2日目。この日も夕方、ロッドを片手にビーチに出てみました。今日は、地元の人も数人釣りにきていたので、昨日の情報とあわせて結構期待が高まります。ところが、またしてもまったく反応なし。2日連続No Fishでグァムのフライフィッシングは終わってしまいました。

ちなみに、いっぱい居たスズメダイやカワハギ系の魚はフィッシュイータじゃないので
フライでは釣れないそうです。

使用したタックル: ロッド9ft#8, WF8F
使用したフライ: EZポッパー、クレイジーチャーリー、エンリコミノー、エンジェルミノーなど
関連記事
スポンサーサイト
2008.01.18 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。