上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

昨日は朝から大雪で、日中にもかかわらず、どんどん積もっていきました。今日は昨日の雪がかなり残っていましたが新たな降雪はなく、午後から通天湖(2年ぶり?)に出かけました。

ちょっと出遅れて1時前に出発。2時に現地到着の予定でしたが、途中でリールを忘れたことに気づいて引き返し、現地到着は2時半になってしまいました。せっかくなのに2時間半しか釣る時間がありません。

昨日からの雪のせいか、桟橋にはルアーマンが2~3人と、ボートが2艇ほど出ているだけでした。さっそく桟橋で#6ロッドを用意し、表層でジャガートラウト(イワナとブルックのF1)が釣れるということだったので昨夜作ったミッキーフィンで表層をリトリーブしてみましたが反応なし。その後、フライをチェンジしながら棚を少しづつ下げてみましたが成果なし。

しばらくして、管理人さんが様子を見に来てくれて、「ジャガートラウトは表層でドライで釣れる。レインボーはベタ底。中間域が最も釣れないので中途半端に沈めないほうが良い。」とのアドバイスあり。いったんはドライにしてみたもののライズはほとんどなく絞りきれないし、再度表層をリトリーブしても反応が無いので、#8ロッド+TypeVのシンクティップで底狙いにチェンジ。それでやっと、(底狙いなのになぜか)ジャガートラウトがヒット。

通天湖のHPでは好調のようだったんですが、結局ジャガートラウト1尾だけの結果に終わりました。最後に管理人さんから、昨日訪れたフライの常連さんは3時間で15尾ほどの釣果があったと聞き内心かなりのショックでした。やはり、状況ではなく腕前の差なのか!?

今日のタックル: 9ft-#6+WF6F、 9ft-#8+TypeVシンクティップ
今日のフライ: メルティバグ(オリーブ)ほか
関連記事
スポンサーサイト
2008.02.10 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。