上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日も揖保川へ向かった。 今日はかなり暖かくなりそうだったので、魚の活性も上がっているかも?の期待でまずは支流で釣り上がることにした。 今日はウェーダもネオプレンからナイロン素材に変更し軽快かつ快適だ。 さっそく3番ロッドに14番のパラシュートを結んで釣り上がりを開始。 水温は6.5℃。 しばらく釣り上がった流れの少しゆるくなったところでドライへの反応があったがフッキングせず。 フライを変えて数回流したが反応がなく、16番のコカゲロウ・ニンフに変更したらすぐにヒット。 今期最初のアマゴをキャッチすることができた。 記念写真を撮ろうとして、もたもたしているうちに手からこぼれて逃げてしまった。 サイズは小さいが、うれしい一尾だった。 

しかし、その後はまったく反応無く、支流での釣り上がりを終了し、ライズ狙いで三方川のプールに向かった。 ところが驚いた。 支流の水は澄んでいたのに、本流は昨日の雨と最近の気温上昇で雪代が入り、白濁して水量もかなり多く、ライズが期待できるような状況ではない。 まあとにかく湯を沸かしてカップ麺の昼食を取ることに。 プールに入っていた2人のフライマンも上がって、プールには誰も居なくなった。 もうここはあきらめて、引原川方面へ転進したが、三方川ほどではないがこちらも水勢が強くにごっていたので、今日の釣りを早々に切り上げることにした。 残念。

天気:  晴れ
気温:  日中 14℃ぐらい
水温:  6.5℃(支流)
タックル:  7’9”-#3、DT3F
ヒットフライ:  コカゲロウ・ニンフ #16
 
関連記事
スポンサーサイト
2008.03.15 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。