上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日も揖保川へ。

朝はゆっくりと、7時に自宅を出発し中国道を西に向かった。
8時半にプールに到着。天気も良いのに釣り人は居ない。

今日は先週と違って気温は高く、ピーカンで厳しそう。10時ごろになってようやく川下で時折ライズするようになったが、なかなか近づいてこない。ウェーダーをはいてぼちぼち用意をして河原に下りたが、あいかわらず狙えるようなライズはない。 

11時まで待ってライズがなければ八東川へ移動しよう、11時半まで待って、12時まで、と思いながら踏ん切りがつかず、少ないライズを狙っての苦闘が続いた。 12時を回ったころにいくらかライズの数も増え、少しは好転したかに思えたが、つかの間でライズは止み、No Fishのまま2時半に終了した。

何度かのチャンスはあったが、まったくものにできなかった。先週のイメージがあったので、コカゲロウダンを手始めにミッジピューパ#22、オナシカワゲラ♯20、コカゲロウ・スペント#20などを使ったけれど、すべて無視されてしまった。いったい何を食っていたんだろう。ストマックを見てみたかった。最後に♯10ぐらいの大きなストーンフライを捕まえた。もしかしたら、大きなフライが正解だったかも?

やめておけばいいのに、その後リベンジのつもりで戸倉峠を越えて今期初の八東川に移動。途中、戸倉峠はまだ道端の斜面には雪が残っていた。鳥取県に入ると、桜はまだつぼみの状態で山陽方面との季節の違いを感じた。

八東川支流では入渓点に先行者らしき駐車があったが、もう他に移動する余裕もないので、そのまま入渓した。 良い具合にカゲロウが飛び回っており、石にはナミヒラタカゲロウがびっしり。 だが期待に反して、ライズはなく、ここぞというポイントでも反応なし。 何度かフライにアタックしてくる魚があったが、小さくてフライをくわえることができないのかフッキングしない。結局ここでもNo Fishに終わった。

どっと疲れて、家路についた。
関連記事
スポンサーサイト
2008.04.06 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。