上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

先週に引き続いて難波江で海水浴&カヤックフィッシング。

前回同様毎投あたりがあったが、サイズは先週よりも少し落ちた。 少しの休憩のあと、もう少し釣ろうと準備を始めた11時ごろ、急に風が出てきて沖合いでは雷と稲妻が光り始めた。それからあっという間に暗くなり大粒の雨と強風に襲われた。気温もぐっと下がり、塩で濡れた身体にはちょうど良いシャワーとなったが、釣りと海水浴はあきらめ早々に家路についた。

関連記事
スポンサーサイト
2008.07.27 / Top↑

カヤックの進水式を兼ねて若狭・難波江にキス釣りに出かけた。

近所の釣具店で、この時期のボート釣りは難波江辺りのキス釣りがお勧めとのことであった。さっそくインターネットで検索してみると、子供の海水浴にも良さそうだったので、家族で海水浴も兼ねて出かけることにした。

朝5時に自宅を出発し、舞鶴道・舞鶴東インターを降りて、途中R27沿いの釣りエサ「でんぷく」で石ゴカイを買って目的地の難波江(白浜)海水浴場には6時半ごろ到着。 砂浜に区画が施された駐車場はまだまだ空きはたっぷりで、波打ち際のスペースに駐車することができた。

さっそくカヤックを下ろし釣り道具を積み込み、子供を引っ張るためのウキブクロをスターンにぶら下げたりして、一応準備が整い出艇。 遊泳区域を示すブイよりも沖に出ないようにとのことだったので、遊泳区域内で釣りをすることにした。といっても遊泳区域は広いので、釣りをするところには遊泳客は居ないので十分釣りは可能。

第一投目から小気味良い当たりが竿に伝わってきた。幸先良く一投目からキスが上がってきた。その後、2投、3投と毎回あたりが有り、おもしろいようにキスが釣れた。正直こんなに良く釣れるとは思っていなかったので驚いた。

風はほとんど無いが、潮流のせいで少しずつ沖に流されていく。 アンカーを持っていないので艇が徐々に流され、遊泳区域を示すブイとロープにたどり着き、パドリングして元の位置に戻ることの繰り返しを強いられる。おまけに、今回は家族の海水浴をかねているので、放っておくわけにもいかず、時々戻って子供の相手をしたり、よく釣れるとはいえ、なかなか釣りに集中することができなかったが、午前中で25尾を釣り終了。夕方から用事もあったので、午後早々に引き上げたが、釣りも海水浴も十分楽しめて満足!

夕食は当然キスの天ぷら。 これが大変おいしく、やはりスーパーで買ったキスとは大変な違いで、家族で大喜びだった。 

関連記事
2008.07.20 / Top↑

今日は初のシイラ@日和佐~太平洋 の予定だったが、前夜ループノット店長に情報を確認したら、海上の天候がよくないので中止とのことであった。

非常に残念。
関連記事
2008.07.14 / Top↑

久しぶりの渓流。 早朝より八東川に出かけた。

戸倉峠を越えて、まずは今期初入渓となる支流Kに入った。 
放流したばかりなのか、5cmほどのヤマメの幼魚の猛攻に合い釣りにならず。

別の支流に移動する頃にはすっかり日が高くなって、夏の太陽ががんがん照りつける状況。暑さでグッタリしていたが、せっかくなので入渓してみた。水の透明度は高いものの水量は減って、水温も高く、魚の反応はまったく無し。 

暑さのせいで、これ以上続ける気力も無く、そうそうに引き上げることにした。

 
関連記事
2008.07.13 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。