上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

フォームタイプのパドルフロートの方が価格と扱いやすさの面で有利かと思い購入したが、シットオントップカヤックのラゲッジスペースを考慮すると、今となってはインフレータブルタイプの方が良かったと思う。とはいえ、新たにパドルフロートを買う気にもならず、収容方法を考えた末、バウデッキにバンジーコードを取り付けてパドルフロートを留めることにした。

そこで、バンジーコードを取り付けるためのアイストラップをホームセンターで物色したが、適当なものが見つからなかった(ステンレス製のものはあったが、樹脂製のものがほしかった)。そこでネットを探してみると、シーカヤック専門店「サウスウィンド」でナイロン製のアイレッツ(1個60円)とリベット(1個60円)を発見。それに、バンジーコード5mmも一緒に注文した。ただ、そのときリベッターは取り扱っていなかったのか見落としたのか、注文していなかったので近所のホームセンターで購入した。4,000円弱したが、数日後サウスウィンドのホームページで980円で売っているのを見つけてショック。

工作は簡単で、ドリルで5mm径の穴を開け、アイレッツとリベットをセットして、リベッターでかしめるだけ。簡単で仕上がりも上々。これから、カヤックの艤装に力が入りそうだ。

材料: アイレッツとリベット、そしてリベッター














アイレッツの取り付け位置をマーキングする。













ドリルで穴あけ













こんな感じ













アイレッツとリベットをセット













リベッターでリベットをかしめる。何度かハンドルを閉めると最後はリベットの余分な部分が切断される。













バンジーコードを通して出来上がり。













さっそくパドルフロートを留めてみた
関連記事
スポンサーサイト
2008.08.31 / Top↑

子供を含む5家族で釣り船を仕立てて、明石海峡のタコ釣りに挑戦した。

朝6時に垂水漁港出発。 明石海峡大橋をくぐって江井ヶ島~魚住沖に移動。周りは釣り船で結構賑わっている。ここで船長からで仕掛け投入の合図が出た。タコテンヤの手釣り仕掛けに豆アジか鶏の手羽をつけて投入。底に着いたら誘いを入れていく。なかなか釣れず時間が経過。それでもNさんファミリーには3匹、Yさんファミリーにも2匹(それもデカイ)釣れているが、我が家は No タコだった。

11時になってタコ釣りは終了し、須磨沖に移動してキスを狙うことになった。水深は30メートル。カヤックのようにキャスティングもできず、ちょっと要領が違う。30号の錘を付けて底まで落とし、誘いを入れるがなかなか反応がない。ほとんど入れ掛りだったカヤックでの釣りに比べると船釣りってこんなにも釣れないものか?

午後1時を過ぎ終了。 今日はたまたまだったのかもしれないが、ちっさなカヤックでちょっと沖に出ただけの方が、釣り船よりも釣果が良いこともあるんだ。

今日の釣果: タコ=0、 キス=15ぐらい

夕食は、3家族集まり、今日釣れたタコ、キスとその他の食材を持ち寄ってパーティーとなった。釣果は今一だったが、楽しい一日だった。







帰りにお土産にもらったタコ
関連記事
2008.08.24 / Top↑

2日前に行ったばかりなのに、今日もまた早朝から浦富海岸にGO! 天気予報はあまり良くなかったが、盆休みの最終日なので。

今日は舞鶴道~北近畿豊岡道~R9で行ったが、三田からだと中国道~作用経由よりも早く、高速代も割安だった。

朝の気温は 23℃、曇り空で涼しい一日だった。2日前大変穏やかだった羽尾の海岸は、大波が打ち寄せサーファーで賑わっていた。今日は、東隣の東浜海水浴場、その東端の磯の近くに向かった。ここは無料の駐車場があり、波も穏やかな方で良かった。

カヤックフィッシングでキスを狙ったが、どうしたことかまったく反応無し。波で水がにごっているのが原因か? 場所を変え場所を変えしてやっと反応が出てきた。型も良く、連続ヒットとなって、今日も楽しむことができた。

この盆休みは、1日海で遊んで、翌日は休養し、次の日はまた海、という具合で大いに遊んだ。本当に遊びが好きな家族だ。

関連記事
2008.08.17 / Top↑

難波江が続いたので、ちょっと趣向を変えて磯遊びができる海水浴場をネットで検索してみた。鳥取の浦富海岸が良さそうだったので、その中でも小羽尾海岸に決定。

4時半に出発。中国道を走り、作用インターで下りて北上。今年もフライフィッシングのために訪れた智頭を通り越し、千代川に沿って鳥取市街通って浦富海岸に到着。ここまで約3時間。意外と時間が掛かった。

浦富海水浴場の近くの釣具店でエサを仕入れて羽尾まではすぐ。やはり京阪神から時間が掛かるためか難波江に比べて海水浴客が断然少なく、とても良い感じだ。

リアス式海岸になっていて、磯遊びには格好の場所だ。子供とかみさんも楽しそう。で、しばらく磯遊びに付き合って、カヤックを磯遊びのベースとして遊んだ。

さて、ここでは何が釣れるのか。キス釣り仕掛けをキャストして引きずってみたが、数投してもまったく反応無し。あれっ! どうも海底に藻が生えているのか海の色がすっきりしない。水面の色がすっきりしたところまでカヤックを移動させキャストしてみると、第一投目から良い当たりがあり、20cmぐらいのキスが上がってきた。その後、釣れるのはどれも良い型で、難波江に比べて断然良い。引きも良く、釣味もとても良い。風が少し出てきたので、シーアンカーを入れて流しながら釣る。

午後からは風もだんだん強くなってきて、波も少し出てきたので終了とした。たっぷりと楽しんだ。帰りは近くの岩井温泉に使って、来た道とは違うR9を通って帰路に就いた。
関連記事
2008.08.15 / Top↑

盆休みに入り、今日も難波江で海水浴&カヤックフィッシング(キス釣り)です。

今日もよく釣れました。
関連記事
2008.08.12 / Top↑
朽木渓流魚センターならこの暑さでも釣れるはず。
という希望的予測に胸膨らませて早朝から朽木渓流魚センターに向かった(1年ぶり)。

しかし、いくら朽木とは言えこの暑さでは相当厳しいらしい。管理人の話では、それでもフライなら何とか釣れるとのこと。

暑さに耐えながらロッドを振るがやはり反応は鈍い。水温を計ると 25℃、これでは厳しいはず。 とは言え、管理人の言うとおり、フライでは何とか釣りにはなったが、ルアーの友人はやはり厳しかったらしい。

時々休憩を入れながらやったが、暑さで人間が参ってしまう。午後1時に終了し、帰宅後はビールを飲んでお昼寝。 ところが熱中症にでもなったのか、夜にはひどい頭痛で苦しんだ。
関連記事
2008.08.09 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。