上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

とうとう来週は待ちに待った解禁。 

と、その前に慣らし運転という訳で、午後から篭坊に出かけた。

夕方から雨の予報だったが、ポンドに入ってまもなくポツポツと降り始め、まもなく本降りになった。 風は無く、気温はあまり低くないので、雨にも負けずに頑張った。

しかし、相変わらず 「ヒッジョウニ キビシー!」 状況で、魚にはまったく相手にされず。 フライサイズをどんどん下げて行き ♯24のミッジピューパに、ティペットも7x、6x、8x と下げてもマーカーはピクリともしない。

辺りも薄暗くなってきて、今日は No Fish かと半分あきらめかけていたところ、やっと、やっとヒット。 どうにか1尾ランディングしてボウズは免れた。

相変わらず厳しい篭坊でした。

水温=7.5℃
天気=曇りのち雨
当たりフライ=フラッシュバック・ミズムシ♯18
 
関連記事
スポンサーサイト
2009.02.24 / Top↑

昨夜は春一番が吹き嵐となった。 今日は風は少し残っているものの、すっかり春の気温だ。

午後は時間が取れたので少し遅くなったが2時に出発し篭坊FFFに向かった。 途中、小柿の横を通ったが、羽束川は結構増水しており、小柿管理釣場にはほとんど人が見えなかった。

篭坊はというと、7~8人の先客があり、ポンドはいつに無く賑わっていた。 今日は暖かく、少し濁りも入って、爆釣! と思ってやって来たけれど、予想以上の増水でポンドは濁りが強iい。 

この濁りなら大き目のフライの方が良いかと思い、最初は リーダー6x でビーズヘッドニンフ♯12やマラブー♯12などを使ったが、全然反応しない。 ラインを 7xに換えて、フライのサイズを♯18、♯20に落としてようやく小さなあたりが出てきた。 

後半戦は、日没までに何とか3尾のランディングに成功。 ニジマスは良いサイズで元気も良く、良いファイトで楽しませてくれた。 3番ロッドではランディングに結構苦労した。


 
関連記事
2009.02.15 / Top↑

先週、先々週と日曜大工で時間を取られた。 今日は3週間ぶりに篭坊にお世話になった。

午後になって出発。 自宅周辺は結構な風が吹いていた。ポンドに着いたころは風もほとんど無く、陽だまりでポカポカ気持ちよかったが、しばらくするとキャスティングが辛いほどの風が出てきて急に寒くなってきた。 キャップの上からウォッチキャップをかぶり、手袋、ネックウォーマ、終いにはソレルブーツをはいたつま先もジンジンしてきた。

釣りの方はというと、最初は♯12、♯14辺りのビーズヘッドニンフなどを試したが、魚は見えどもまったく反応無し。マーカーはピクリともしない。 しかし、周りの人達はぼちぼちヒットしている。 
休憩のときに教えを請うと。みなさんティペットは8x、9x、フライサイズは♯24とかを使って藻の上を転がすように流しているらしく、中には10x、♯28とかの人も。 どうも、そこまでやらないとダメらしい。

休憩後、さっそくティペットを8xにし、♯22ぐらいのミッジピューパに換えて再開。 おかげさまで、その後はぼちぼちヒットし始めた。 昨日追加放流があったらしく、釣れるのは結構な良型揃い。8xティペットはリーダーとのつなぎ目で2度もラインブレークしてしまった(つなぎ方がへたくそ?)。しかし、たった一日でこんなに擦れてしまうとは!? みなさんに相当にいじめられたのかも?

寒くても、日没までたっぷりと楽しむことができた。

関連記事
2009.02.09 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。