上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週は初夏を思わせるような天気だったが、今週は一転寒い日が続き今朝の気温は氷点下。日中の気温もあまり上がりそうになく、魚の活性も低いだろう。しかし、もう3月最終の週末なので、ここは無理をしてでも出発しよう。幸い天候は良さそうだ。

朝は少し出遅れて6時出発。山崎からR29を北上し、今日は八東川を目指す。引原ダム周辺の山は雪化粧していて、午前8時の戸倉峠の気温は0℃。路面の積雪は散水でどうにかなくなっている程度。スタッドレスタイヤのままでよかった。

戸倉峠のようす



9時、八東川支流に入った。雪景色。気温は低いが、風は無く、春の日差しが暖かくとても気持ちがいい。水温は6℃。 厳しい状況ながら、ドライに17cmのヤマメが出てくれた。 感謝。



こんなところで出ました。



ストマックにはカディスラーバ、ストーンフライニンフなど。



その後、八東川本流と揖保川本流を回ったがどちらもまったく反応無し。 
もう少し暖かくなるのを待とう。
関連記事
スポンサーサイト
2009.03.28 / Top↑
iFinder H2O 用の海図データ 「日本沿海詳細地図」 を入手。

付属の関東-関西-九州ロードマップのSDメモリーにデータをコピーしてマップを表示してみたが、海図が表示されない。 いろいろ試してみたが、どうもロードマップと海図を同じSDメモリーカードに入れると、ロードマップしか表示されないようだ。 メニューで表示するデータを選択することもできず、両方のデータを使おうとすると、一々メモリーカードを交換する必要がある。 しかも、メモリーカードを交換するためには裏蓋を空けて電池を取り出した上で交換する必要があり手間がかかる。 ロードマップの品質から考えて、わざわざ交換してまで使うほどのモノではなく、結局海図専用として使うことにした。

海図は、水深、等深線表示、漁礁などの表示もある。 これから実際に使ってみての判断になるが、なかなか使えそう。 

以下は若狭湾のロードマップ表示と海図表示の比較。



日本沿海詳細地図での表示: ズーム=2km。さらに拡大も可能。等深線、岩礁、暗礁なども表示。



同じ場所のロードマップでの表示: ズーム=8km。6kmにすると地形表示が消えてしまった。
関連記事
2009.03.17 / Top↑
昨年秋に買った グラスマスター Midge が今年のメインロッドだ。

開発者田代さん自身のお勧めで予約購入したものだが、発売早々に売り切れになったらしい。

スローだがバットに粘りがあって、しっとりした感触。 ミッジに限らず幅広く使える良いロッドだと思う(ロッドのことをとやかく言えるほど詳しくは無いが...)。

とにかく、トリックキャストやメンディングがとてもやり易い(へたくそだが)。 このロッドなら、昨年、フライ先行でうまく流せず手こずった早春のプールのライズにも、今年はうまく対応できるのではないかと期待が持てる。 ライズに対峙するのが楽しみだ。



今日ロッドケースから取り出してみると、えっ! グリップエンドが無残にも割れて、掛けてしまっている。 たぶん一昨日川で思いっきり尻餅をついてしまったが、おそらくそのときにやってしまったのだろう。 悲しい~。



関連記事
2009.03.07 / Top↑

どうも今シーズンの揖保川は冴えないようだ。 解禁から3日間ライズもまったく無いらしい。

好ましくない情報で気落ちするが、せっかく休暇を取ったので「もしも」を期待して揖保川に向かった。

遅い到着だったがプールには誰も居らず、ライズも無し。1時間ほどライズ待ちしたが一つのライズリングも広がらず、11時になりあきらめた。 噂どおりの状況。

せっかくなので支流に入りニンフを流してみたが反応無し。 しかも、はじめて早々に雨が降り出し早々に退散。

去年の3月はライズの釣りを楽しめたのに、今年はどうしたんだろう。
関連記事
2009.03.05 / Top↑

待ちに待った解禁日。 

今年は日曜と重なっているので、人が多くてまともな釣りはできないだろうと思いつつも、やはり解禁日には家でじっとしているわけにも行かず友人と二人で出動。

最初、三方川方面を見て回ったがめぼしいポイントはどこも満杯。 引原川方面に移動しても満員御礼が続く。 雪の残る戸倉スキー場近辺にも釣師の影。 

とうとう戸倉峠を越えて八東川に来てしまった。ここでも人出は多かったが、揖保川に比べるとかなり少ない。 気を取り直して、本流2箇所でニンフを流してみたが、反応はまったく無し。

あきらめて再度揖保川に戻った。 いつものプールでは、朝のエサ釣師に代わってフライフィッシャーが数人集まっていたが、ライズはなく、誰も川に入っていなかった。すでに午後3時を過ぎ、風も出てきて、川は沈黙、ニンフも期待薄なので結局竿を出すこともなく終了とした。

やはり解禁日はこんなもんでしょう。

関連記事
2009.03.03 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。