上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

朝4時に出発したが、山崎付近では空が白々と明けてきた。 もうずいぶん日の出が早くなってきたんだ。 前回、引原ダム周辺は雪化粧していたが、今日は桜が満開。 山は、常緑樹の深緑の中に新緑の萌黄色とまだ葉をつけていない落葉樹の枯色が同居し、ところどころ桜色が混ざる。 淡い色彩に春のやわらかい日差しが射して霞む。

支流から始めた。 2箇所入ったがまったく反応なし。 

気落ちしてすっかりやる気が無くなったが、試しに本流に入った。 水温14.5度。 カワムツが混ざるが、ここぞというポイントでは期待通りの反応あり、まずまずサイズのヤマメをキャッチ。 ところが今日はランディングネットを忘れ、記念撮影しようともたもたしているうちにスルッと逃げられてしまった。

関連記事
スポンサーサイト
2009.04.19 / Top↑

今週は高気圧に覆われて好天続きだった。 

今日は海、川、管釣、どれにしようか迷ったが、天候がすこぶる良さそうなので先週のリベンジで「海」に決定。前夜から車に荷物を積み込みカヤックも乗せて準備万端。日の出とともに出艇できるように未明に出発するつもりだった。 ところが、なぜかまったく眠れず、進路を篭坊に転進した。

午後ゆっくり出発し、篭坊に3時ごろ到着。 5~6人の先客あり。 水温も上がって高活性になっていることを期待したが、見ている限りやはり簡単では無さそうだ。 しばらく来ていなかったので、どんなパターンが効果的なのか分からず、まずは白っぽいビーズヘッドニンフを流してみた。数投目にマーカーがじわりと停止、半信半疑でゆっくりとロッドを立てると、ググッと手ごたえがあり。結構なサイズが期待される重量感が伝わってきた。しかし、不意を突かれたのとティペットが少し細かったのとでロッドさばきがぎこちなく、もたもたしているうちにバラしてしまった。

その後、強風を避けてしばしの休憩の後イブニングに挑んだが、結局バラシ2回でランディングできずに終了となった。

今日も篭坊は厳しかった。少なくとも僕にとっては。
関連記事
2009.04.12 / Top↑
天気予報では午前中は波も穏やかで風も無さそう。午後からは雨になるようだが、せっかくのチャンスなので、昨年12月半ば以来、今年初となるカヤックフィッシングに出かけた。

久しぶりなので、朝出遅れ、6時出発で、8時半出艇となった。 予想以上に海は静かで、砂浜にもほとんど波は無い。 昨秋アオリイカのシーズンに来たときには、スモールボートで賑わっていたが、今日は他にボートの姿もまったく無く静かだ。 

冬の間に整えた艤装は、カヤックが小さくて窮屈な割りには結構シンプルにまとまったと思う。





魚探を見ながら漕ぎ進むが、ぜんぜん魚影は映らず、唯一沖堤のテトラ周りでガシラが1尾のみ。風と雨が出てきたので12時に終了した。

釣れなかったけれど、日本海のパドリングはかなり楽しいかった。
関連記事
2009.04.04 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。