上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
友人のお世話になり、釣り船を仕立てて明石のタコ釣り。 

垂水港6時出船。明石海峡を越えて、西へと移動しながら途中、途中で仕掛けを投入しますが、なかなか成果がなく、江井ヶ島沖~魚住の沖合いまで移動。 ようやくタコが掛かり始めた。 エサはアジまたはかしわの手羽をタコテンヤに縛り付けての手釣り。天気は良いし、辺りは釣り船や漁船、スモールボートなどものすごい数です。

一度グググッと手ごたえがあり、ものすごいウェイトがラインに掛かった。これは大ダコとの死闘かと思いきや、2回3回と手繰るうちにスッと軽くなってしまった。ガックリ。

その後、周りの人達は次々にタコをキャッチしていくのに、私だけは沈黙。とうとう小6の息子にも負けてしまい、船中ただ一人のNoタコになってしまった。 

10時30分にタコ釣りを終了、第2幕キス釣りのため須磨沖に移動。播磨灘から明石海峡に移ると潮の流れが全然違う。まるで川のようだ。そんな中明石海峡大橋のケーソン付近に向かう2人乗りのエンジン付きスモールボート2艇を発見。すごい!勇気あるな~。



須磨沖のキス釣りは好調で、25cmを超えるような良型もそこそこ上がり絶好調。 いつもはカヤックで10号以下の錘をつけてキャスティングし、ゆっくり引いてくるような釣りをしているのに、ここでは40号の錘をつけてほぼ真下に落として小突くような釣りで、どうも勝手が違うし、なんといってもあのキス独特の鋭い当たりが、40号錘ではほとんど感じることができず残念。やはりキス釣りはカヤックがおもしろい。

関連記事
スポンサーサイト
2009.06.28 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。