上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
午後2時から5時。 No Fish でした。

いつものようにマーカーや大き目のドライフライを見に来る(ダケ)のにだまされて、ドライやアピール力のあるフライを中心にローテーションしたのが失敗。 なかなかミッジサイズに移ることができず完敗。 やはり篭坊では管釣パターンは通用しないのか?!

でも、そんなタフ状況の中、釣る人は釣っているんです。 ますます落ち込む。 さらに篭坊の寒さが追い討ちをかけ、心身とも寒々でした。
関連記事
スポンサーサイト
2009.11.15 / Top↑

5年間使ったウェーダーも、最近とうとう縫い目からの水漏れが気になりだした。 そろそろ買い替えどきかもしれないが、予算も無いのでまずは補修で延命を図ることに。

縫い目の裏側のシームテープはしっかりとまっていて特に異常は無い。 表側は生地の擦れで縫い目部分が多少いたんでいるが、これが水漏れの原因だろうか。 縫い目部分にアクアシールを塗って目止めしてみよう。

まずは洗濯。 購入以来一度も洗濯していなかったので、洗濯機に放り込んで洗剤を入れて回し始めると、5年間に染みこんだ汚れで水は真っ黒。 この分だと一回ぐらい洗っただけでは不十分かも。 こうなる前にちょくちょく洗濯した方が良さそうだ。

乾いた後、ウェーダー表側の縫い目に沿ってアクアシールを塗っていく。 塗った部分は暗色になるので思ったよりも目立つ。 水漏れのひどいのは膝下だが、縫い目に沿って塗っていくうち、股下まで進んだ。ここで縫い目は前後別れ胸と背中まで上がっている。 股下から胸の部分はいくらなんでもブサイクなので敬遠し、水漏れの気になる尻の部分は背中まで縫い目に沿ってアクアシールを塗った。 

乾いたらシール部分の色も目立たなくなるかも、と期待したが、期待は裏切られ塗ったときと変わらず。 やっぱり膝下だけにしとくか、裏面のシームテープの上から塗るとかしとけばよかった。 ちょっと後悔。

来シーズンどうするかは、一度履いてみて考えよう。



関連記事
2009.11.15 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。