上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


safari555さんと連れ立ってフィッシングレイクおおさ(岡山県新見市)に出釣。

9時に現地着。受付を済ませてストリームエリアに移動。積雪のためか、先行者は1人(フライ)だけで閑散としていたが、とても雰囲気のいいフィールドだ。ストリームエリアでは川への立ち込みは禁止されているが、寒いし、積雪もあるのでネオプレーンウェーダーを着用。着込んでいるので動き難い。

まずはストリームエリアの上流部、一般渓流に近い流れのエリアに入った。水温は4.5℃、透明度は高く河床も良く見える。が、マスの姿は全然見えない。念のためニンフを流してみたがやはり反応無し。で、そのエリアはあきらめて少し下流の堰堤と石積で区切ったエリア(ルアー専用区だが、今日は人が少ないのでOKだった)に移動。

魚を探しながら、さてどの区画に入ろうかなどと考えているところへ、お兄さんが放流に来てくれた(放流数は200)。おかげさまで、午前中は連続ヒット。ヒレがきれいな良いマスばかりで、最大は49cm。3番ロッドでは腕が痛くなるほどランディングに苦労した。また、魚が元気で渓流用のランディングネットではリリースに手間取るので、昼食を挟んで午後は5番ロッドに変更し、ランディングネットもエリア用のラバーネットに変更した。

午後はさすがに食い渋ってきたが、フライのサイズを落とすとまだまだ反応は良く、夕暮れまであっという間に時間が過ぎた。

フィッシングレイクおおさ は、ストリームエリア以外に今回入らなかった支流(ウェーディング)やバックウォータ、レイク(ボート)などフィールドのバラエティもあり、水もきれいで、魚の状態も良し。少し遠いがまた来たいと思う。

★今日(1月11日)は昨日の大釣りによるランディングとキャスティングの所為(普段の運動不足が主要因?)で腕が痛いほど。良い釣りができました。
関連記事
スポンサーサイト
2010.01.11 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。