上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑




昨日は本当に良く降った。 川はかなり増水しているだろうが、今週は気温も高く、良い雨も降って、高活性の期待できる。 果たして吉か凶か、少し迷いはあったが午後から出かけてみた。

さすがに先客は3人だけ。 しかし「今日は入れ掛り」らしい。

ポンドは濁りが強く魚の付き場所が分からない。 それに先週までミッジの釣りをしていただけに、これほど状況が変わると、はたしてどうやって攻めたらいいか反って悩んでしまう。

まずはオリーブマラブーを投じてみた。 マーカーが静かに止まる静かな魚信があり、ヒレピン良形のニジマスがヒット。 水温は8℃でニジマスも元気、良いファイトをしてくれた。

しかし、その後は続かない。「入れ掛かり」と聞いたが、どうも午後は勝手が違うようだ。 大小フライをチェンジして、やっとチャートリュースのメルティーニンフでヒットし始めた。 とはいえ、マーカーを引き込むようなバイトは少なく、わずかに止まる程度。 それでもヒットするニジマスは良形そろいだった。 

最近の篭坊には珍しく、#5ロッドに6xティペット、♯12~♯14のニンフというイージーな釣りを楽しむことができた。
 
関連記事
スポンサーサイト
2010.02.27 / Top↑


いつもと変わらず、#20~#24ぐらいのミッジピューパ、ラーバを沈めての釣り。ヒットしたフライは、ストリップドピーコックのミッジピューパ、黄緑のミッジラーバ、フェザントテイル、ハーズイヤーニンフ黄色。 厳しいながらも、今日はいつもより少し活性が良かったようだ。 

目の前で定位してライズするマスが居て。放ってはおけず、ミッジのドライフライにチェンジ。しかし小さなマスながら手強い。フライに近づいて、良く見て、プイッと横を向いてします。フライチェンジを繰り返し、ついにフライをくわえたが、瞬間的に吐き出し、あわせも空振り。結局、目前のライズをあきらめた。

良形もヒットし、ライズも有り、厳しいながらも今日も楽しませてもらった。
関連記事
2010.02.20 / Top↑


今朝は三田市街も雪が積もっていた。 寒いし風も強かったが、午後から篭坊に出かけてみた。

途中、道路には雪は残っていなかったが、ポンド周りは雪に覆われ、さすがに今日は皆さん敬遠されたようで、僕も含めてポンドには2人だけだった。

水温 3℃弱。 気温はたぶん氷点下で、すぐにガイドが凍ってしまう。 凍結防止クリームを塗って、なんとか持ちこたえた。

釣果の方は、相変わらず厳しく、#20~♯22のミッジピューパを沈めて、何とか2尾キャッチ。 2尾ともなかなか良いサイズ。 感謝。



関連記事
2010.02.07 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。