上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イブニングに的を絞って午後から出発。 

午後3時に現地着。午後の遅い時間なので既に先行者らしき車が2台ほど道路脇に駐車していた。だが、川に人影は見えず十分な間隔は取れそうだ。かなり厳しいだろうが少し下流から入渓した。

日は高く、イブニングまでにはまだ時間はたっぷりあるので、ゆっくりと釣り上がる。やはり大分叩かれているのか、ポイント、ポイントでいっこうに反応が無い。フライを流すのが無駄な努力に思えてくる。No Fishを覚悟した。

午後5時を過ぎてようやく虫が飛び始める。小さな堰堤の下でライズ発見。ただし、いかにも雑魚。しかし、ここまでまったく生命反応が無かった気休めに、雑魚でも相手してみようとフライを流してみた。

戯れているうちに、脇の流れでさっきまでとは明らかに違うライズがあり、テンションが上がる。流れにエルクヘア・カディスを乗せてみたが反応無し。次に、アダムス・ソラックスダン♯13。一度反応があったがフライをくわえず、それっきり。そして、ガガンボ♯14に換えて3投目、フライは浮力を無くして水面直下を流れ、ピックアップしようとしたラインに静かにテンションがかかった。ヤマメ25cm。



上空にはモンカゲの乱舞が始まっていた。次のポイントでもスプラッシュライズが起こっていた。今まで沈黙していた川が急ににぎやかになった。エルクヘアカディスを流すが無視され、モンカゲを意識して巻いた大き目のソラックス・ダン♯8に換えると1投目でヒット。なかなかトルクのある良い引きだったが、石に潜られフックオフしてしまった。

そのわずか50cm上でも新たなスプラッシュライズが。垂れ下がった木の枝が邪魔で、ライズポイントの直近にキャストしてしまった。ドリフト距離が不十分で、ヤマメもあせったのか派手なスプラッシュライズでフライをくわえようとしたが失敗。かなり良いサイズだったが、それっきりスプークしてしまった。

その上流のプールではライズは無いものの、モンカゲフライを流すと、派手なスプラッシュで2回も歓迎されたが、どちらも空振り(僕ではなく、魚が)。残念。

にぎやかだったモンカゲも去り、川面にもまた静寂が戻った。日も暮れ納竿。

結果は1尾だったが、イブニングライズ=フライフィッシングの最も贅沢な部分を楽しめた満足の釣行だった。


(上空にはモンカゲが乱舞=ピンボケ)

今日のデータ:
天気: 晴れ 無風
水温: 18℃(午後3時)
ライズ: イブニングライズ(午後6時前後)
ハッチ: モンカゲ(午後6時ごろ)、オオカワゲラ など
ヒットフライ: ガガンボ・アダルト#14、モンカゲ・スピナー(ソラックスダン改)#8、ソラックス・ダン#8
関連記事
スポンサーサイト
2010.05.30 / Top↑
愛用しているモンベルのウェーディングシューズ。軽くて軽快、ソールも柔軟でグリップも良く足裏の接地感覚もつかみやすく、小渓流を遡上するには実に軽快で安心感がある。

以前履いていたSIMMSのシューズは正反対で、丈夫だが重く、ソールは硬くて接地感覚がつかみ難く、バランスの悪い僕は小渓流では常にスリップの恐怖を感じていた。

機能的に優れたモンベルのシューズだが、難点は縫製など全体的に弱い点だ。1シーズンも履くと、写真のように縫い糸が切れて口を空けてしまう。まあ、価格が安いので、ダメになったら早めに買い換えるつもりでいたが、このシューズは既に製造・販売を停止していてカタログから消えてしまっていた。

気に入っているシューズだけにこのことはショックだった。後継製品も無いので、しばらくは補修して使うしかない。さっそく、太めの糸で縫ってみた(写真)。

いずれ買い替え時期が来るだろうが、さて次のウェーディングシューズはどこの製品にしたら良いだろう? やはり、軽くてソールの柔軟なシューズが良いが、今のところ、同じモンベルのシャワークライミング用のシューズなどを候補に考えている。


(補修前)


(補修後)
関連記事
2010.05.25 / Top↑

フィールドでも アセトンによるフライ乾燥の威力は抜群で、濡れを気にせずCDCを積極的に使うことができた。

前回、ホームセンターでカネボウのネイルカラーリムーバー(除光液)を買ってきたが、120mlで定価¥400-(実売¥300-)、価格よりも液体がブルーに着色されているのがちょっと気に入らなかった。 ところが、100均に有りました! それも着色されていない透明のが(内容量150ml)。


(左のブルーの液体がカネボウ製、右の透明の液体が100均)
関連記事
2010.05.22 / Top↑
山は新緑に躍動し、藤の花が咲くフライフィッシングの季節。

渓に行こうか... 篭坊も楽しいだろうし... などと悩みながらも、

午後から篭坊に向かった。

篭坊では今日もゆったりと時間が流れる。ロッドの用意もしないまま、休憩所で皆さんと取り止めも無い話をしているうちに3時半になり、春の日差しが少し陰りを見せてきたのでゆるゆる用意をしてポンドに立った。

マスは水面を意識しているのか、たまにライズが起こる。ニンフを沈めたり、ドライを流したりと様子を見るが、ここの厳しさはいつも通り。気まぐれでフライをくわえるマスはいるが、掴みどころが無い。

低調なまま夕刻を向かえると、突然、頭上ではモンカゲの乱舞! 上下動を繰り返しながら、だんだん高度を下げてきた。スピナーフォールと雨のようなライズ!を期待して、大き目のメイフライパターンに結び変えて時を待った。スピナーフォールは起こらず、気がつけばモンカゲの群飛はどこかに消えてしまった。

夕闇が迫り、最後の一投と念じてガガンボを流した。もうほとんど見えなくなったフライの辺りでライズ。一呼吸おいてロッドを立てると、確かな手応えと躍動が伝わってきた。


今日のデータ:
天気: 快晴 弱風
水温: 18℃(午後5時)
ライズ: ときどき
ハッチ: モンカゲ、カディスやストーンフライ、ユスリカなどさまざま。
ヒットフライ: メルティーバグ♯14(オリーブ)、ガガンボ♯14、アダムスP♯14、エルクヘアカディス など。
関連記事
2010.05.16 / Top↑


5~6シーズン愛用したSIMMSの旧フリーストーンウェーダーだが、最近急に漏水がひどくなり、とうとう買い替えることにした。

予算もあまり無いし、お手ごろ価格の新フリーストーンウェーダーをchoice。旧FSでも十分な透湿性があり機能的になんら問題は無かったので、高価なゴアテックスウェーダはパス。フロントポケットやビルトインのグラバルガードも付いて、カラーリングなど質感も向上、旧FSに比べるとかなりお買い得になっている感じ。1ランク下のブラックフットウェーダーが旧FS相当か。

いつもお世話になっているmartiraに、TACOバッグ(SIMMSのタコス形のウェーダー用バッグ)と一緒に注文した。

そして宅配で届いた実物は、予想していた以上に良い品物で満足。特に太腿から向う脛に掛けて厚手の生地で補強が図られているのが良い。TACOバッグは開くと直径1メートルの円形のマットにもなる代物でなかなか良く考えられている。

さて、これで次回から快適なウェーディングができそうだ。
関連記事
2010.05.15 / Top↑
GW中に大分叩かれたのか、思いの外状況は厳しかった。

なかなか反応が無く、警戒心が強いのか、チェイスはしてもフライをくわえてくれないことがしばしば。たまに反応があっても、素直にくわえていないのか、魚との息が合わず全然フッキングしない。

そんな状況で、午前中は ヤマメ22cm 1尾。

もう引き上げようか、などと弱気になりつつ、ウェーダーも脱いでゆっくり昼食と長い休憩を取って、

なんとか気力を振り絞って、午後、もう一度ウェーダーを履いた。

どうにか、ヤマメ20cm と イワナ24cm を追加して、次回釣行への期待を繋ぐことができた。


(1尾目 ヤマメ22cm)


(○印のところでヒット!)


(2尾目 ヤマメ20cm)


(3尾目 イワナ24cm)

今日のデータ:
水温: 11.5℃/AM8:00
ライズ: なし
ストマック: メイフライ・ニンフが少量。
ハッチ: ガガンボが多かった
ヒットフライ: エルクヘアカディス♯16、ライトケイヒル・ソラックスダン♯14 など。
関連記事
2010.05.08 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。