上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SANY0006-9.jpg

2010年の釣り納めに篭坊に向かった。

出発時は小雨だったが、途中、小柿付近では雪に変わった。正午前に篭坊に到着。ポンドに人影はなかったが、休憩所の煙突からは白い煙が上がっていた。薪ストーブに火を入れるところだろうか。

天候のせいか、休憩所にはTさんとMさんのお二人だけ。準備をしてポンドに立つころには、雪はものすごい勢いになり、みるみるうちにポンドは雪景色に変わった。水温は3.7℃。中層から表層に定位している魚影がいくつか確認できたが、降りしきる雪と風でとても攻め難く、前回と同様に藻の上を流してもマーカーにはまったく反応がでない。

SANY0001-28.jpg
(降り始め)

SANY0002-24.jpg
(瞬く間に雪が積もった)

雪が止んで無風となり、水面が静かになるといくつかの魚影がはっきり見えた。至近に定位するイワナを発見。#18フェザントテイルをノーウェイトで流すが、魚影はぜんぜん動かない。何度目かに好い感じで流せたとき、魚影がわずかに捩るような動きを見せたのでロッドを軽く立てると、イワナは首を振り、振動がロッドに伝わってきた。嬉しい瞬間。サイトでのヒットはまた格別の妙味がある。あがってきたのはずっしりと太った良形のイワナだった。今日はもうこの一匹で満足。

SANY0004-8.jpg

SANY0005-14.jpg

その後は、また風が一段と強くなり寒さも一層増して厳しい状況となり、あたりも無い時間帯が長く続いた。光線が弱くなってきたころ、ビーズヘッド・ミッジピューパ#18にフライチェンジしての一投目に流れていたマーカーが止まるはっきりした魚信があり、あわせるとニジマスらしいスピード感のあるランで反応が返ってきた。ところ
が、十分なファイトをする間もなくラインブレークで勝負有り。ティペットを確認したところ、フライの結びが不完全ですっぽ抜けたようだった。未熟さを反省。

ビーズヘッドニンフ(黒)#14にフライチェンジしての一投目、マーカーが引き込まれる魚信。フッキングしたが、残念ながらバラシ。

午後4時になり、足先が冷えてジンジンしてきたので一旦休憩。

4時30分。日没が近くなり、今年最後なのでもう一頑張りと、休憩所を出た。インレット付近の魚影に動きが出てきたようだ。ビーズヘッド・メルティーニンフ#14を結んでキャストすると、魚影が明らかにフライに反応して動いた。瞬間、合わせを入れたが空振り。更に、マーカーに明らかな魚信が出たが、これも空振り。更に3度目のチャンスがあり、魚信に合わせを入れるとやっとフッキング、どうにかランディングすることができた。2010年最後の一匹。感謝感謝。

今日のデータ
水温: 3.7℃(午後1時)
天気: 雪のち晴れ、風強い
当たりフライ: フェザントテイル#18、BHメルティニンフ(オリーブ)#14、BHミッジピューパ#18、BHニンフ(UV黒)#14
ティペット: 7xフロロ
関連記事
スポンサーサイト
2010.12.30 / Top↑
20101226.jpg

前日からの寒波で今日も酷い寒さだったが、昨日よりもいくぶん寒さが緩んだので防寒対策を十分して出かけた。

篭坊には正午前に到着。ちょうど先着の皆さんの昼食時と重なって、薪ストーブで暖かい休憩所での団欒に腰を落ち着けてしまい、ポンドに立ったのは午後2時。水温は3℃。マスはじっとしてほとんど動いていない。

砂底のエリアでは、マスの姿は見えるがほとんど動かずフライを流しても反応しない。藻の茂るエリアでは、魚影を目視することはできないものの、ミッジピューパ#18をゆっくり流すと時々マーカーが停止する程度の魚信がある。しかし、なかなかフッキングしない。

寒さでフライチェンジする気力も無く、同じフライを流し続けていたが、どうにか一匹ランディングに成功。

午後4時、帰宅を急ぐ必要があったので、日没を待たずに終了。 寒気と強風、それにマスの活性の低さで厳しい釣りだった。

今日のデータ
水温: 3℃(午後2時)
天気: 晴れ、寒さ厳しい、ときどき強風
ヒットフライ: ビーズヘッド・ミッジピューパ(緑)#18
ティペット: 7xフロロ
関連記事
2010.12.26 / Top↑
20101223-1.jpg

比較的暖かな一日だった。

午後1時過ぎにポンドに到着。 祝日なので今日も大勢で賑わっているかと思ったが、すこし後から来たKazuさん含めて5人だった。

ポンドを覗くと、マスは結構動いていて期待できそうだった。まずは、インレット付近で、前回のイブニング時に効果のあったメルティーヤーンのビーズヘッドニンフ#14をキャストすると、いきなりヒット! マスがサッと下流側に走って、好いファイトをしてくれそうだったのでロッドを持ち替えてリールファイトしようかと思ったら、残念! ばらしてしまった。

今日から5番ラインのリールを左手巻きから右手巻きに変更した。その所為でロッドの持ち替えとラインの巻取りがぎこちなく、もたついてしまった。 それがバラシの原因。 

右手巻きか左手巻きか、これまでリールファイトが重要なソルト用のリールは右手巻きにし、フレッシュウォーター用の3~6番は左手巻きにしていたが、渓流の釣り上がりがメインの3~4番は移動時にロッドを持ち替えずに邪魔なラインを巻き取れる効率の良さを重視し左手巻きのままにし、管釣などをメインにする4~6番はリールファイト時のスムーズな巻き取りを重視して右手巻きに変更した。 それと、リールファイトに移るときにロッドを持ち替える姿もまた格好好いし。

気を取り直し、同じメルティーヤーンニンフの白にチェンジして一投目、マーカーが停止しヒット。レギュラーサイズのニジマスだった。 ヒットが連続し幸先はよかったが、その後はフライチェンジも場所の移動も効果は無く沈黙。 休憩を取ってのんびりやることに、稼働率は50%ぐらいだろうか。

SANY0002.jpg

イブニングが近づき再出動。ちらほら虫もハッチし、一つ二つライズもしはじめ、マスの動きも良くなってきた。 そこで、ビーズヘッド・ミッジピューパ(緑)#18にヒット。 活性が上がってきたかに思えたが、後が続かず、イブニングは不発。

しかしそんな中、Kazuさんがインレットの際で連続のヒット、ヒット、ヒット。さすがー!

記録:
水温: 7℃(午後3時)
天気: 曇り、ときどき風。暖かかった。
ヒットフライ: メルティーヤーン・ビーズヘッドニンフ#14(オリーブ、白)、ビーズヘッド・ミッジピューパ#18(緑)
ティペット: 6x
ロッド: グラスマスター・エクスカージョン 7'9" #5
ライン: WF-5F
関連記事
2010.12.23 / Top↑
SANY0001_edited-1-2.jpg

今日は11時過ぎにポンドに着いた。 ちょうど同時刻に入場したHaさんと私、午後からのMiさんを含めても今日のボンドは5人。 

昨日 ニジマスとイワナを放流したとのことだったので、今日はイージーな釣りができるかと思っていたが、まったくの期待はずれ。午前中にTaさんがかなりいじめたらしく、私が入場することには沈黙してしまっていた。何とかエッグで一尾ヒットしたものの後が続かない。大小のフライを試してみたが効果なし。

暖かい小屋で長い休憩を取り、再挑戦。その後も長い長い辛抱の時間が続いたが、夕暮れがせまりやっと魚が動き始めた。イブニングはインレット付近で連続ヒット! すっかり暗くなりマーカーが見えなくなるまでロッドを振り続けた。

水温: 5℃(正午)
天気: 曇り、午後は風が強くなったが夕方は無風
気温: 寒! 
ヒットフライ: ビーズヘッドニンフ#14(メルティー黒、オリーブ、白)
ティペット: 6X 
ロッド: グラスマスター エクスカージョン 7'9"#5
ライン: WF5F
関連記事
2010.12.18 / Top↑
SANY0001-27.jpg

今日は黄砂のためか朝から頭痛がひどく、頭痛薬を飲んで二度寝してしまい、篭坊到着は正午過ぎになった。 驚いたことに駐車場は満杯で、薪ストーブで暖められた休憩所も椅子が足らないぐらいの大盛況だった。

ポンドはそのハイプレッシャーも影響してか、シブくてシブくて、篭坊の寒さと相まって、心身ともに凍えそうだった。 当然、暖かい休憩所にいる時間が長くなったが、それはそれで楽しい時間を過ごすことができた。

厳しい中、運良く3尾のランディングに成功。上出来!

6月に年券を失効してからすっかり訪れる機会が減っていたが、今日ようやく年券も購入できたので、また篭坊詣が始まりそうだ。ここの厳しさのお陰か、最近は釣れない事への耐性ができてきて、その反面、1尾、2尾でも十分な満足を得られるようになってきた。数やサイズでだけではない、そんなフライフィッシングのおもしろさの一面、あるいは深さを感じさせてくれる、篭坊はそんなフィールドだと思う。

水温: 6.5℃(午後1時)
天気: 晴れ時々曇り、風あり。
気温: 寒い。手袋、ネックウォーマ、イヤーウォーマ必要。
ヒットフライ: フラッシュバック・フェザントテイル#18
ティペット: 6x
ロッド: グラスマスターNTF-7'3" #3
ライン: DT3F

関連記事
2010.12.12 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。