上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
暖かな一日だった。 篭坊に向かう途中、道路脇の温度計は17℃を示していた。

正午ごろ到着。午前中に放流があったとのこと、ポンド中央付近で放流したが、マスたちは一団となりポンド最奥部に固まっているらしく、付近の方のみロッドを曲げていた。 それ以外のポイントでは、皆さん苦戦されている模様。 

水温は10℃弱、ポンドに立つと向い風が強く風の合間を縫ってキャストしなければならない。予想外に忍耐の釣りとなる。



2011 02 27_0067

夕方には風も収まり、ユスリカ、コカゲロウ、オナシカワゲラなどのハッチも見られた。残念ながらライズなし。

マスはようやくポンド全体に散らばり始め、夕暮れまでにどうにか2匹ランディングすることができた。サイズは小振りだが、元気のいいファイトで楽しませてくれた。


一方、皆さん今日は相当に好成績だったようで、度々ロッドを曲げていました。マラブーリーチの黒がヒットフライだったそうです。


■今日のデータ
天気 :晴れ/くもり、風強く/風力6ぐらいだろうか、気温17℃ぐらい
水温 :10℃
ハッチ :夕刻に、ユスリカ、コカゲロウ、オナシカワゲラなど。
ライズ :2~3のライズを確認。
ヒットフライ :ビーズヘッド・トラウトガム風リーチ(赤)
ティペット :7x
ロッド :マリオ・ウジニッキ グラス217P4 7ft2in #4
ライン :XPS DT4F
関連記事
スポンサーサイト
2011.02.27 / Top↑
年末以来、寒波と大雪続きでなかなか湯原に行けなかったが、やっとチャンスが訪れた。

2011 02 20_0065

9:30現地着。 既にロッドを振っているフライフィッシャーがひとり。Oさんだった。Oさんも、昨秋の田代スクールの後、マリオのグラスロッドを注文したひとりだ。今日は、New Rodの初陣とのこと。

そうこうしているうちに、こんどは湯原の水生昆虫博士 こぼう教授がドリフター採取用のネット一式を持って登場。なんだか賑やかになってきた。

だが、肝心の釣りの方はというと、完全に期待を裏切られてしまった。気温はそこそこだったが、一日を通して風が強く、水温は 5~6℃。ハッチはほとんど無し、ユスリカと小型のカディスかストーンフライが極わずかで、ライズは皆無。わずかにライズリングを2~3回見ただけ。こぼう教授によると、流下物はほとんどユスリカのアダルトだったそうた。

漁協前、その直下の落ち込み、八景前のプールにも魚影は見られず、唯一砂湯まえの浅瀬に良形のニジマスが数々見られた。ただ、ペアリングの真っ最中のようで全然落ち着きが無く対象にならず。たまに定位するのが居ても、落ち着きの無いマスに追われて逃げていく始末。

2011 02 20_0066

本日訪れたチャンスは唯一回だけ、ビーズヘッドのピューパをアウトリガー気味に、ニジマスの正面に流したときにわずかにラインが止まり、半信半疑でロッドを立てると、一瞬ロッドに魚の躍動が伝わった。だがその瞬間、ニジマスが魚体を躍らせ、フックオフ。


ライズリングとビッグファイトを求めて湯原まで来ましたが、なかなか思うようにはいきません。
次回リベンジに期待!


今日のデータ:
天気 :くもり。風強。最高気温5~6℃ぐらい。
水温 :5~6℃
ハッチ :極僅
ライズ :ほとんど無し
使用フライ :フローティングピューパ、ピューパ、ラーバ など
ティペット :6x
ロッド :マリオ・ウジニッキ グラス 217P4 7ft2in #4
ライン :XPS DT4
関連記事
2011.02.20 / Top↑
昨日の No Fish のリベンジを期して今日も午後から篭坊へ向かった。

三田市内はほとんど雪は無かったが、小柿を抜けて篠山市に入ると雪景色に変わった。幸い路面にはほとんど雪は残っていなかった。ポンドにはSさん、Kさんご夫妻がいらっしゃったが、やはり皆さん雪道を心配しているのだろうか、日曜日にしては人出が少ない。

2011 02 13_0060

今日は、時折小雪が舞うが、新雪に冬の日差しがまぶしいまずまずの天気だった。ただ、気温と水温はかなり低く、しばしばラインとガイドに氷が付着する。風もあって、釣り難い。なにより、昨日と同様、ポンド最奥部にはほとんど動かない魚影がいくつか見えるものの、他の魚達はどこに引きこもっているのか全然姿が見えない。

そんな中、Sさんだけが最奥部で連続してロッドをしならせていた。

今日も No Fish を覚悟して長い休憩に入った。そうこうしているうちに、ほぼ定刻にkazuさんも来場し、しばし歓談後、Sさんから今日の攻略法について貴重な情報ももらい、ラストチャンスに掛けるべく再びポンドに立った。

そして長い長い我慢の後、やっとイワナを掛けることができた。サイズはまずまずだったが、低水温の所為か、なんだか力無げにランディングとなった。 とにかく、No Fish の連続記録更新はストップし、リベンジは成った。ホッ

2011 02 13_0064
関連記事
2011.02.13 / Top↑
今日も午後から篭坊に向かった。 先着は、赤鬼Mさん、青鬼Tさん、幹事Hさん。

休憩所で New Rodのことなど長々お話しているうちに雪が降り始め、あっと言う間に大雪の様相となった。 それでも、New Rodで魚を掛けてみたいので雪の中に出て行った。

2011 02 12_0053_edited-1
(降り始め)

降りしきる雪で魚影を確認することができないほどだ。それでもポンド最奥部にはいくつかの魚影が見られ、まずは水面直下、そしてウェイトを入れて中層から底へと、ミッジラーバを落としてみたが、魚はほとんど動かず効果なし。同じミッジラーバやピューパの、白、緑、オレンジ、ストリップドピーコックなどローテーションしても、ビーズヘッドやエッグ、#14程度のニンフも試したが、どれもダメ。 光線も弱い中、激しく落ちる雪の中に白いマーカーを凝視しているとなんだか気が遠くなるような錯覚を感じる。

2011 02 12_0054

雪はますます激しくなり、休憩所に退避。ストーブを囲んで、コーヒーを飲みながら一息つくと、もう雪の中でロッドを振る気は起こらず、本日は終了となった。 No Fish。

2011 02 12_0057_edited-1

休憩している間に、ロッドにも雪が積もり、すっかり白銀の世界になってしまった。 篭坊の春はまだまだ先のようだ。

2011 02 12_0055
(ロッドに積もる雪)


帰りの路面も真っ白。ノーマルタイヤのMさん、Tさんは大丈夫だったろうか?

2011 02 12_0059
(帰り道)
関連記事
2011.02.12 / Top↑
2月に入り暖かい日が続いていましたが、この3連休はまた寒波で、今日はここ三田でも積雪があり、釣りは断念してのんびり家で過ごしています。



2011 02 11_0038
(上がカットスロート、下はティアドロップ18、どちらもブローディン製)

以前から使っているネットは、ブローディンのティアドロップ18。 全長が30cmで細身のシルエットは、渓流でヤマメやイワナを相手するには十分のサイズで気に入っているのだが、40cm超のニジマスが相手となるとやはり役不足となる。 

篭坊などの管理釣り場ではあまり歩くことがないので大型のラバーネットを使用しているが、湯原や北海道では使えない。昨夏の北海道ではインスタネットを使用したが、魚のためにはラバーネットかリリースネットを使用したいところだ。

というわけで、今回、おなじブローディンの「カットスロート」を購入した。やっぱりニジマスにはこれぐらいのサイズがいい。


2011 02 11_0052
(ローズクリークのネットリリース)

ネットをベストのDリングにぶら下げるためのネットリリース。お気に入りはローズクリークのプラスティックと皮革を使用したもの(写真)。とても軽くて、マグネットリリースのように先重りを感じることは無く、使い勝手も外見もVery Goodでお気に入りの一品だ。

関連記事
2011.02.11 / Top↑
2011 02 06_0037

フライショップmartiraを通して注文していたマリオ・ウジニッキ氏のグラスロッドが今日届いた。

217P4、7'2"-#4ラインの3ピース。 S/N 1251

昨秋のスクールの際に、田代さんのロッドを振らせてもらって、えっ!? と驚くほどトルクフルでスムーズなアクションにいっぺんで惹かれてしまい、ちょうど、ニジマス用のメインロッドとなる#4ロッドが欲しいと思っていたところだったので、12月に入り思い切って注文した。 もう5年ほど前に注文したマリオの竹竿は、まだいつになるか分からない状態なので、2ヶ月という短期間で届いたのにはちょっと驚いた。

今週末の3連休は、篭坊か湯原でラインを通す予定。今から待ち遠しい。

2011 02 06_0030
関連記事
2011.02.06 / Top↑
2011 02 05_0027

2月に入り、先週までの寒さが嘘のように暖かくなった。春を感じる陽気に、午後から篭坊に出かけた。

午後1時。既に5人の方々がポンドに入っていた。水温は5.8℃。

インレット付近には魚影は無し。すこし下ったところに立って見ていると、水温の上昇によるものか、所々にクルージングする魚影が見られるようになってきた。前回までに比べて、明らかに魚のコンディションは良くなっているようだ。

ところが、ここのマスたちはそんなに甘いものではなかった。大小フライを流してみたが効果なし。イブニングに期待することにし、一旦休憩。

お話を伺うと、午前中もいつもと変わらずコンディションは厳しかったようだ。マスはフライに興味を示すが、食うところまではなかなか行かず、フライをくわえてもショートバイトで直ぐに放すような状況らしい。

イブニングに期待したが、午後3時以降はすっかり魚影が消えてしまった。午後4時の水温は3.7℃に下がっていた。そのまま No Bite、No Fish で夕暮れを迎えた。

今日のデータ
水温: 5.8℃(午後1時)→ 3.7℃(午後4時)
天気: 曇り、温か、風弱
時間: 13:00~17:30
ヒットフライ: なし
ティペット: 6x
ハッチ: ユスリカ極少
ライズ: なし
ロッド: オービス HLSアダムス 8'6" #4
ライン: WF4F


2011 02 06_0024-1

休憩所のテーブルにKazuさん作成の、1/9の新年会のDVDが2枚置かれていたので、1枚を頂いてきた。当日の様子が、BGMとキャプションが入り約20分に編集されいて、わずか1ヶ月前のことだが、とても懐かしく感じられる哀愁漂う好い内容だった。感謝。

関連記事
2011.02.06 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。