上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2月に入り暖かい日が続いていましたが、この3連休はまた寒波で、今日はここ三田でも積雪があり、釣りは断念してのんびり家で過ごしています。



2011 02 11_0038
(上がカットスロート、下はティアドロップ18、どちらもブローディン製)

以前から使っているネットは、ブローディンのティアドロップ18。 全長が30cmで細身のシルエットは、渓流でヤマメやイワナを相手するには十分のサイズで気に入っているのだが、40cm超のニジマスが相手となるとやはり役不足となる。 

篭坊などの管理釣り場ではあまり歩くことがないので大型のラバーネットを使用しているが、湯原や北海道では使えない。昨夏の北海道ではインスタネットを使用したが、魚のためにはラバーネットかリリースネットを使用したいところだ。

というわけで、今回、おなじブローディンの「カットスロート」を購入した。やっぱりニジマスにはこれぐらいのサイズがいい。


2011 02 11_0052
(ローズクリークのネットリリース)

ネットをベストのDリングにぶら下げるためのネットリリース。お気に入りはローズクリークのプラスティックと皮革を使用したもの(写真)。とても軽くて、マグネットリリースのように先重りを感じることは無く、使い勝手も外見もVery Goodでお気に入りの一品だ。

関連記事
スポンサーサイト
2011.02.11 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。