上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
平日ながら会社が休みだったので、毎年恒例となっている明石のタコ釣りに行ってきました。 


午前3時に自宅を出て、午前4時過ぎに明石・二見漁港の俊郎丸さんに乗船。すでに他の釣り客の皆さんは乗船されていて、私が最後の乗船となった。

まだ暗い4時30分に出港、二見人工島の南東端周辺で釣りを開始。船長の「入れてよ」の一声で、皆仕掛けを放り込む。いつも第一投目は少し緊張しワクワクする。アタリは無く、船長の「上げてよ」の声で、仕掛けを巻き上げる。船は少し移動して、再度「入れてよ」で一流しが始まる。船中ではポツポツとタコが上がっているが、サイズも小さく、数も出ていない。

東よりの風がやや強く、涼しくて良いのだが、波が立っていつもより揺れが強い。一人の若者は出港後30分ほどで気分が悪くなってしまったようで、既に青白い顔をしてグッタリしている。かわいそうに、彼はそのまま正午の終了までほとんど釣りもせず、ときどきえずきながらの苦行を強いられていた。


2011 07 25_0229


夜が明けて明るくなってくると、タコが良く掛かりはじめた。まだまだサイズは小さいが、テンヤにタコが抱きつくときの独特のアタリが面白い。魚釣りとは違う面白さがタコにはある。周りでは大ダコが掛かり歓声も上がることも何度かあった。


2011 07 25_0227



(タイトル日付は7.25の誤り)

船を流す位置によって、一流しで何杯も掛かったり、反応のないまま移動を繰り返したりと、なかなか船長の腕次第というところ。正午までびっしり約8時間の長丁場、何度かピークもあって、30杯のタコでクーラーボックスは一杯になった。

大漁はうれしいが、帰ってからの処理が大変。ビールを飲んで昼寝したいところだが、我慢して30杯のタコを捌いて、ゆでダコにした。我家の冷蔵庫は冷凍のゆでダコで占拠されてしまい、これから当分、たこ飯、たこ焼き、たこの天ぷら...とタコが主食になりそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
2011.07.30 / Top↑
先日入手したラバーソール(アクアステルス)のウェーディングシューズ、キャラバンのモンタナの使用レポート。

2011 07 10_0210


八東川の上流域と里川、それに湯原で使ってみた。

想像以上、期待以上にアクアステルスのグリップは良く、軽快。上流域でも、里川でも、湯原のようなヌルヌルのところでもほとんど不安は無かった。 たしかに、岩の質によってはすごく滑りやすいものもあったが、注意すべき岩はだいたい見れば分かるので不安を感じることは無いし、ヌルッとした岩でも表面にソールをこすり付けてやればヌルと水幕が無くなってグリップするので、注意して慎重に歩を進めれば問題なし。

ソールの柔軟性も適度、フェルトとは違ったグリップ感で、やはりクライミングシューズに近いフィーリング。遡行もアプローチも軽快で良好だった。これまでフェルトソールを絶対視していたが、ちょっと目からウロコだった。
関連記事
2011.07.30 / Top↑
湯原温泉に一泊で行ってきました。
とは言っても「温泉」無縁で、旅館に泊まるわけでもなく、夜は酒を飲んで、漁協の2階で寝袋で寝てました。

2011 07 24_0238


■ 一日目  ヒゲナガのライズ

のんびり出発して湯原に到着は11:00ごろ。今回の湯原ミーティング参加者は、martira店長、こぼう教授、hirochanさん、マチャル君、私も含めて5人。それに、偶然にも湯原でお世話になっている 神戸T氏にも遭遇。久しぶりに旧知の皆さんとお会いできて楽しい一日となった。

湯原はさすがに涼しいが、この炎天下ではさすがに厳しそうなので、釣りはイブニングからと決めて、昼間からビールを飲んで皆さんの楽しいお話を聞きながら時間を過ごす。

イブニングにはライズがいっぱい出るだろうとmartira店長の予言。短時間だがヒゲナガのライズが楽しめるだろうと、こぼう教授の情報。

いよいよ夕暮れがせまりやっと出動。hirochanさん、マチャル君、私の3名は通称B地点下流のヒゲナガポイントへ。店長とこぼう教授は通称C地点に分散。ヒゲナガポイントでは小さなライズが幾つかあった。狙いはヒゲナガに飛び掛る大型のニジマスなので、小さなライズを相手にしている場合ではない。そんなことを考えながら、はやる心を抑えてじっと我慢していたが、風も出てきて、なんらハッチも無く、ましてやヒゲナガなど全然飛ばないので我慢できずに小さなライズに向かってキャストしてみたが、3xティペットにエルクヘアカディス#10では相手にされない。トレーラーとしてエルクヘアカディスのトレーラーにアントを結び付けて流してみたが、これも不発。

いよいよ日が暮れて暗闇に包まれる頃、ヒゲナガが飛び始めた。水面を叩きながら飛ぶヒゲナガをめがけて、足元でスプラッシュライズが起こった。急いでエルクヘアカディスをキャストしフラッタリングするとスプラッシュライズとともにロッドが倒され、ラインが一気に上流に向かって伸びて行った。止まらない!リールファイトに持ち込むと、方向転換し今度は下流に向かう。急いでリールを巻き上げて追従する。ラインを張ったまま大岩の向こうを回られラインブレークの機器だったがラインを緩めてどうにかクリア。かなりのやり取りの後、やっとランディング成功。強烈なファイトの割りにニジマスのサイズは40cmだった。その後どうにか小振りなニジマスを掛けて終了。

2011 07 23_0242


漁協に戻る途中、八景前のプールではライズ、ライズが賑やかで印象的だった。

さてイブニングを終えて午後8時から夕食の準備に掛かる。メインメニューはローストチキン、焚き火台で炭をおこしてダッチオーブンで1時間半。その間、酒を飲みながら鮎を炭火で焼いて食す。しみじみと楽しい宴会は深夜まで続いた。


■ 二日目  サイト・ニンフ

朝は5時ごろに起きて、がんばって6時過ぎから釣り始め。 

ライズを求めてうろうろ。八景前のプールで散発的なライズが幾つか見られる。かなり粘ってみたが歯が立たず諦め。

漁協前のプールで良形ニジマスを数匹発見。水の濁りが少なく魚が良く見えるので、ニンフをサイトで流し込んでみる。ティペットにバイオストライクを少し付けて目印代わりにして、ニジマスの定位するポイントにニンフを流し込むが、そう簡単には反応しない。何度も流す。狙ったニジマスが少し頭を振った直後にロッドを立てると、ロッドがグッと曲がりラインにテンションが掛かった。後はトルクのあるランとファイトを堪能。50cmのニジマスだった。2尾目は、スピード感あるランでラインをかなり引き出され、力強いファイトの末フックオフ。そして3尾目はまた重量感のあるトルクフルなファイトで50cmのニジマスだった。サイトでのニンフィングを十分に楽しむことができた。

2011 07 24_0239



日が高くなりそろそろ暑くなってきたので、漁協の2階を借りて昼寝。

参加の皆さんそれぞれ十分に満足されたのか、昼食の後イブニングを待たずに終了し、それぞれの帰路に着いた。

関連記事
2011.07.30 / Top↑
海の日。 多くの皆さんは未明から「なでしこジャパン」の決勝戦で盛り上がったことでしょう。

私は土日とも都合で釣りに行けなかったので、今日は「なでしこジャパン」を振り切って早朝から川に向かいました。



さて何処に行こうか。まだ足を踏み入れていない兵庫県北部の川か、やっぱり鳥取か。前夜地図を見ながら結構悩んだが、結局、いつもの八東川に。ただし、名も無い支流の新規開拓に向かうことにした。

なでしこジャパンの試合をラジオで聞きながら、やっぱりテレビで観戦するべきだったな~、などとやや後悔もなながら西に向かう。山崎からR29で戸倉峠を越えて現地到着。

最初の谷。入渓は午前8時。(温度計の故障で水温を計ることができなかったが...)水は結構冷たくて気持ちがいい。入渓点はかなりの勾配でちょっとした沢登り気分。クモの巣も多くて、しばらく急激な落ち込みが連続しなかなかロッドを振ることもできない。少し気分が萎えるが、1/25,000地図で確認するとこの先少し勾配が緩やかになりそうなのでもうすこし進んでみることにした。すぐに視界が開け勾配が落ちて好い感じの流れになった。ところが、期待を込めてキャストするが一向に反応無い。

2011 07 18_0211


地図で見る限り並行する登山道や林道は無いはずだが、なんだか上流の方向から重機の音が聞こえてきた。小さなイワナが時々飛び出すだけで、成果もなくどんどん釣りあがって行って、そして、とうとう無いはずの林道に行き着いてしまった。トラックは止まっているし、ユンボは作業しているし。このときは正直ショックだった。

林道を下ると、車を止めたすぐ近くに下りてきた。ここでもまたショック。なんで気づかなかったんだろう。

2011 07 18_0216
(熊鈴を着けてみたが涼しげな良い音で、全然効果は無さそう)

そして第2の谷。ここも名前のない小さな谷で、初挑戦の場所。さっきの林道の工事の兄さんが、今朝熊に遭遇したといっていたので、一応、熊鈴を着けて入渓。出だしはクモの巣に悩まされるが、新しい踏み跡があるので前日、前々日あたりには入渓者があったのかもしれない。良い渓相、ポイントが続くが、ここでも魚影は薄く小さなイワナの反応があるだけ。


2011 07 18_0218


しばらく行って、堰堤に行き当たった。堰堤際のわずかなポイントで、やっと25cmのイワナが一尾かかり、めでたく記念撮影。

2011 07 18_0220
(堰堤の開口部からきれいな伏流水が流れ落ちる。その脇でヒット!)

堰堤を迂回して更に上流部に向ったが、渓相は抜群に良いものの、ここでも期待した成果は無く林道に突き当たり終了。こんな山の頂上付近でも林道が通り植林されていてちょっと驚き、かつ残念な思いだ。ただ、谷の遡行は実に気持ち良く、釣果に関係なく楽しい時間を過ごすことができた。


最後にイブニングは夏ヤマメを求めて、いつもの里川に入ってみた。水量は豊かで大いに期待を持ったが、残念ながらここも不発。


新規開拓の谷を2箇所、里川1箇所と精力的に回りましたが、3連休の最終日とあって釣り荒れてしまったのか、釣果は厳しい結果になった。しかし、予想以上に水は豊かで冷たく、気持ちの良い釣行だった。

関連記事
2011.07.21 / Top↑
ウェーディングシューズを新調した。

モンベルのウェーディングシューズがくたびれてきたので、そろそろ買い替えを考えていた。以前の記事にも書いたがが、愛用してきたモンベルのウェーディングシューズは販売終了となり、後継の選択に悩んでいた。選択の条件は、ソールが柔軟で軽いこと。

まず、モンベルのシャワークライミング用のシューズ。近所のモンベルショップで現物をみたが、足入れ部分がネオプレンのベロと一体のリング状となっていて、ウェーダの上から履くのはとても無理が有りそうなので論外だった。

ネットで調べた結果、ソールの柔軟性、軽さ、価格の面で、
●リトルプレゼンツ(ライトウェイトWDシューズ)
●チョータ(STLかアブラムスクリーク)

が良さそう。チョータSTLは根強い人気があるみたいだし、アブラムスクリークはmartira価格 \6,980- と圧倒的な低価格が魅力。


だが、Kazuさんのアドバイスもあり、ラバーソールのシューズも気になる。
●キャラバン(モンタナ) --- アクアステルス(5.10)
●リトルプレゼンツ(ミッドストリームWDシューズ) --- イドログリップ(ビブラム)
●シムス(ヘッドウォータ) --- イドログリップ(ビブラム)

が候補として上がった。


フェルトソールなら、チョータ・アブラムスクリーク に決定! なのだが、悩んだ末、ラバーソールシューズを試してみることにした。アクアステルスとイドログリップ、どちらかというと前者の評判が良いみたい。 BOAシステムのシューレースで着脱が楽そう(重要な要素)なこともあり、最終的に 

キャラバン(モンタナ)に決定!

シャワークライミングシューズを数多く出している日本の登山靴メーカなのでウェーディングシューズとしての性能、踏破性などは期待できそう。


2011 07 10_0210
関連記事
2011.07.17 / Top↑
2011北海道釣行の後半戦は 「道北の湖」です。 昨年も訪れた湖ですが、今年もすばらしい釣りができました。


■(3日目)道北へ

北海道 3日目、午前中阿寒川で遊んだ後、後半戦の地、道北へ移動。
夕刻、旭川近郊の昨年と同じ公園に到着。近くのスーパーで買出しして、早速酒盛り。今回は、昨年に比べて人数も多く、テントやコンロなどのキャンプ用品、蚊取り線香もしっかり用意したので、快適かつ賑やかな宴会となった。


■(4日目)道北の湖 再訪

店長に入った事前情報では、「道北の湖」は増水で濁りが入ってあまり良くないらしい。あきらめて川にしようかとの意見もあったが、とりあえず見に行ってみようということになった。

行ってみると、昨年に比べて水量は落ち着いていて濁りも無し、コンディションは悪く無さそうだ。やはり自然状況は刻々と変わるので、実際に見てみないと分からないものだ。

小雨の降る中、準備。 昨年はこの湖でのウェーディングでとても寒い思いをしたので、今回はしっかりネオプレンウェーダを履く。 準備完了、心弾ませながらインレット部分の渡渉を始めたところ、膝上の部分から冷たい水がドンドン流れ込んできた。 浸み込むレベルではなく、まさしく流れ込むという感じ。 これはショック! 前回までまったく問題の無かったウェーダなのに... 思えば2月に湯原で使用した後、日の当たるベランダに長いこと放っておいたのが原因のようだ。冬の直射日光を軽視したのが失敗。わざわざ、このために北海道まで持ってきたのに、ただのゴミとなってしまった。残念。

ウェーダを履き替えて再出発。 かなりの大水が出たのか、インレットの流れは昨年から大きく変わっていた。 小雨が降り、風も吹くなかライズ待を待つ。風が止むと湖面に静かなライズリングが散見される。ライズリングに向かって何度もキャストするが、どうも様子がおかしい。よくよく見ると、湖底から時折ガスが上がってきてライズリングに見えていただけと分かりガックリ。 

2011 06 20_0156-3


昨年も日中はこんなもので、イブニングには爆発的にライズがあったので、気持ちの上ではまだまだ余裕。 じっと我慢。 若い戻り鰹くんは腰までウェーディングしているが、冷たくて私にはとても無理、ウェーディングする元気は無い。寒いのでダウンジャケットも着込んだ。 戻り鰹くんの入れてくれた熱いコーヒーがうまい!

2011 06 20_0159-1
(厳しい状況の中、店長はしっかりニジマスをキャッチ)

2011 06 20_0162


気になっていた雨も上がり、薄暮が近づく頃漸く本物のライズがポツポツ見られるようになってきた。ハッチしている虫は見られないが、こぼう教授の仕掛けた流下ネットにはエルモンヒラタカゲロウやユスリカの流下が見られるとのこと。だが、CDCダンやミッジのドライを試しても効果は無い。

ソフトハックル(オレンジ&ヘン)をリトリーブしてみると何度かググッとバイトがあるもののフッキングせず。店長からリトリーブスピードをもっと落とすようにアドバイスあり、超スローに引いてみると、みごとヒット! なかなかの手応えであがってきたのは今回初のアメマス。 昨年は外道扱いだったが、この状況では嬉しい。 

2011 06 20_0157


そろそろ終わりにしようかと思い始めた午後7時、漸くライズの数が増えてきた。 そして、Oさんに嬉しいヒット! 朱点の鮮やかなブラウンだった。 ライズはどんどん増えてきて、昨年のイブニングを彷彿する状況だが、流下物はミッジだろうか、すごく難しいライズに翻弄される神経戦。少し奥にウェーディングしたOさんから、ユスリカのライズが凄い!との声が何度も聞かれたが、皆苦戦のまま、暗くなり終了。

2011 06 20_0163


泊地に戻ったのは午後10時を回っていたが、今晩も酒盛り。苦戦しながらも、皆道北の湖のポテンシャルを感じ、満足の一日だった。


■(5日目)リベンジ

一日早くOさんが北海道を離れるので、午前中は空港近くの辺別川を偵察。


天候は昨日と打って変わっての快晴。大雪山も遥かに見える。気温はぐんぐん上がり25℃。ウェーダーを履いているのが辛くなるような暑さだ。2箇所のポイントに分散して入る。すごく良い感じのポイントだが、日中の強い日差しの為か反応はまったく無いまま正午を過ぎ、Oさんが空港へ向かう時間が来た。

P6210067.jpg


空港でOさんと別れた後、残るメンバー4人は再び「道北の湖」へ向かう。好天で湖の水温もかなり上がったようで、今日はウェーディングも全然苦にならない。到着時、カヌーやフローターが幾つか出ていたが、夕暮れとともに皆引き上げ、残ったのは我々だけ。まだまだライズは散発だが、7時を過ぎた頃にライズが始まることは分かっているので今日は余裕。昨夕、Oさんがたくさんのライズがあると言っていたエリアに私と戻り鰹さんが入った。薄暮の頃になると、ものすごい数のユスリカとブユが湧いてきて、顔も手もおびただしいブユの攻撃で、釣りどころではない。手袋をはめ、帽子とオリジナル・バフで目だけ出して何とかブユを避けることができた。

だんだんライズの数も増えてきた。注意して見ると、インレットからの流れに沿ってライズが集中しだしたので、ポイントを少し移動。射程内にライズが集中してきた。ミッジピューパをイメージした黒の小型のソフトハックルをデッドスローでリトリーブすると、ヒット! なかなか好い引きのアメマス36cm。まだまだライズは続いている。ヒット! 今度は待望のブラウン36cmだった。 ここで、店長とこぼう教授も参戦し、4人等間隔で並んでライズに向かってキャストを続ける。 皆それぞれロッドを大きく曲げている。

2011 06 21_0152

2011 06 21_0153


もうすっかり日が暮れて、真っ暗になったが、誰も終わりとは言わない。ライズは少し減ったが、黙々とキャストが続く。フライチェンジにヘッドライトも点灯。店長が大型のなにやら怪しげなフライをキャストし、何度か水面がガバッと割れている。ただ、フライが大きすぎてフッキングが悪かったり、強烈なアタックで瞬時にラインブレークしたりと苦戦模様。

さすがにリトリーブをしても小さなフライにはバイトがなくなってきたので、店長を真似て大きなドライフライにチェンジ、スティムレータ#10をキャストして少しフラッたリングさせると、バッシャ! 本日最後となるニジマスをキャッチ。良いファイトだった。

2011 06 21_0155


真っ暗になるまでライズに向かって夢中でロッドを振り続けた印象的な一日だった。


■ 最終日

北海道最終日は釣りは無し。クアハウスでリフレッシュした後、北海道を離れた。店長、こぼう教授、戻り鰹くんとは羽田で解散。実に楽しい一週間だった。北海道に、そしてすばらしい釣仲間に感謝です。


関連記事
2011.07.14 / Top↑
今日も暑いので 夕方から出かけました。




16時、ポンド到着。 

日曜日だというのに、ポンドには赤鬼・Mさん ただ一人。状況は「ミッジでポツポツ」とのこと。

水温は22℃。もうすっかりマスたちは弱ってきているようだ。

しょっぱなにインレットのところでエルクヘアカディスに小さなニジマスが飛び出ついてきたが、その後は反応悪くノーヒットが続く。ミッジドライを投じると興味を示して見には来るがUターン。ティペットは6x。7xに落とせば少しは好転するかもしれないが、まぁ そこまでやらずとも。。。 で、苦戦が続く。

薄暮になって、やっとグリフィスナット#18にヒット。 イブニングの盛り上がりも無いまま終了。

2011 07 03_0202


マスたちには、厳しい夏がやってきました。 なんだか、ヒットするのもかわいそうなので、釣れなくても、ロッドを振るだけでも良いような、そんな篭坊でした。


■ 今日のデータ:
時間: 16:00-19:00
天気: 曇り
水温: 22℃


関連記事
2011.07.07 / Top↑
ネットサーフィンしていたら湯原のライブカメラを見つけた。

映っているのは水面だけで、何が映っているのか、正常に動作しているのか良く分からない。ページには「自分でコントロールできます」と書かれているが、現在はカメラの向きを変えたりはできないようだ。

だが、よくよく見ると油屋前のプールではないか。しかも、その中にライズリングが時々広がっている。気になって見ていると、お~っ! お~っ! ボコボコ ライズしているではないか。すごい!

9時ごろから午後2時ごろまで、見ている限りずーっとライズが続いていた。いままで湯原に行ってもこんなライズに遭遇したことが無いのに... もう、PCの画面を見ながらフラストレーションが溜まるばっかり。

来週は湯原に行こうか!


SANY0002-20.jpg
(油屋前のプール 2010.9月)


湯原のライブカメラは以下のページから辿れます。
http://www.hiruzendaisen.com/

関連記事
2011.07.03 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。