上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本当に暑い8月でした。酷暑に気持ちも挫けて、釣りにも行かずブログも更新せず早や一ヶ月近く経ちました。やっと涼しくなったので鳥取の渓に行ってきました。

2011 08 21_0263


早朝、起きると驚きの大雨だった。さすがに逡巡し、もう一度布団に潜り込もうかと思ったが、ネットで鳥取方面の雨の状況などチェックしてみたら雨の中心は山陽方面で山陰側の降水量は大したことは無さそうだった。意を決して出発。だが自宅を出るなりワイパーは高速回転で、ちょっと弱気になった。山崎からR29を北上、北に向かうに釣れ雨は弱まり、戸倉峠は小降りで気温は17℃。数日前までの酷暑からは想像できない気温だ。

8:30 八東川支流。気温が低く少し雨も降っているのでウェーダーを履き、レインウェアも着て入渓。小さなイワナのアタックが2度ほどあっただけでフッキングせず、反応が悪いので30分ほどで諦めて、次の渓に移動。

2011 08 21_0264
(今回釣行のお供は、ベストは暑いのでパックベスト、Bush Master 6'9" 4番)

9:30 第2の渓。ここは今年2度目の入渓となる。車を置いて林道をしばらく歩いて入渓。かなりの距離を釣り上がったが一向に反応無し。気温20℃、水温は17℃。雨は止んだので途中でレインウェアを脱いだ。

2011 08 27_0274
(タランチュラ #10)

やっと反応が出始めたのは前回とほぼ同じ場所だった。小さなアタックは何度かあるがフッキングしない。今回使用のフライはタランチュラ#10。良く浮いて見やすく使いやすい。イワナの反応も良いが、大きさとラバーレッグが邪魔をするのかなかなかフッキングしないのが難点。

2011 08 21_0266

途中1度だけ心臓がドキッとするようなアタックがあったが残念ながらフッキングせず、結局22~23cmのイワナ2匹の結果に終わった。この渓に5~6時間を費やしたが、結局反応のあったのは前回と同じごく限られたエリアだけだった。

第2の渓で予想外に時間を使ってしまい貧果にモチベーションも下がってしまったので、第3の渓、イブニングは断念して帰路についた。


関連記事
スポンサーサイト
2011.08.26 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。