上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
市川のC&R区間が熱くなってきている様なので期待に胸を弾ませて出かけました。

10時半ごろ現地着。天気も好いし、気持ちよく準備を始めたものの。

????  ウェーディングシューズが無い!

ということで、残念ながら今日の市川は終わってしまいました。



気を取り直して、篭坊に転進。




水はジンクリアで水温8℃。たくさんのニジマスが見えるが、いつも通り一筋縄では行かない。

初っ端、インレットでビーズヘッド・ウルトラスエードラーバ(赤)に2回連続のヒット! だが、強い引きにリールファイトに持ち込もうとしている間にどちらもフックオフ。3番のスローなグラスロッドではフッキングが弱くなりがちだ。その後もサイトフィッシングが続くが、フライチェンジしても、ティペットを細くしても反応無し。



午後3時ごろから、コカゲロウとユスリカのハッチが始まった。コカゲロウのドライにチェンジ。サイズが少し大きいのか直下まで見には来るが横を向かれる。#20前後のドライを幾つか試すが、それ以上の反応は無い。

フラッシュバック・フェザントテール#20を沈めて何とか1匹。続いて、ビーズヘッドミッジラーバ#⒛(白)でやっと反応が出てきて連続ヒット。ただし、極ショートバイトでマーカーには反応が出ず、ニジマスの動きを見ながらのサイトフィッシングとなった。

2011 11 27_0360


篭坊のニジマスは益々賢くなり、すっかりこちらが遊ばれてしまっているようだ。

 
関連記事
スポンサーサイト
2011.11.27 / Top↑
hirochanさんの紹介でHTF(兵庫トラウトファウンデーション)主催のニジマス放流会に参加。神河町の市川本流にニジマスを放流しました。

2011 11 20_0350

2011 11 20_0351



市川を、年間を通してフライフィッシングを楽しめるキャッチ&リリースの釣り場にしようというチャレンジです。

今回の放流が1回目ですが、これからこの川が、たくさんのニジマスが泳ぎ、ライズし、多くのフライフィッシャーで賑わう、そんな川になってほしいですね。 そんな夢がかないそうな放流会でした。

2011 11 20_0354



HTFの活動、今回の放流までの経緯などは HTFのブログ で見ることができます。

ブログの中で、本当にすばらしいなと思う一文を見つけましたので紹介させてもらいます。


~~~ 以下 「H.T.Fより皆様へ パート2」より一部引用 ~~~
 
河川は地元のみなさんの財産です。そして私達釣り人の財産でもあります。
私達がその財産である河川をお借りし、使用させていただく以上
地元の方々や 他の釣り人との揉め事などは絶対に避けなければなりません。
 
そして、私達だけの独占釣り場とは考えないで欲しいのです。
誰が釣ってもOKですし、放流した魚を持って帰えられても文句は言えません。
さし網で一網打尽になるかも知れません。鵜の餌食になるかもしれません。
もちろん釣り方も自由です。
中学生がルアーで毎日狙うでしょう。
暇を持て余したおじさんが釣り糸をたれるでしょう。
プロショップの方がお客さんを連れてスクールをされても結構です。
フライフィッシング初めてのお友達やご家族を連れて来て頂いて結構です。むしろ大歓迎です。
私たちフライフィッシャーを子供達が見る機会が増えるでしょう。そして、魚を釣りたい!このカッコイイ釣りをしたい!
そうなるように私たちも努力しなければなりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


放流の後は、皆さん早速ロッドを振っていましたが、私は残念ながら用事があって放流のみ参加。近いうちにロッドを持って様子を見に行こうと思う。




関連記事
2011.11.21 / Top↑
hirochanさんと連れ立って篭坊に行ってきました。
天候も良く、コカゲロウのハッチとライズも有り、厳しいながらもドライにこだわった釣りもでき、イブニングには思わぬ連続ヒットもあり、hirochanさんとの会話も楽しい一日だった。


2011 11 12_0349

お昼前に到着。まずは昼食、hirochanさんのカナダ、スチールヘッド&キングサーモン釣行のお話しや写真を見せてもらいながら、今日もスローにスタート。11月とは思えない暖かい日差しのなか、コカゲロウのハッチが続いている。水面にはとことどころでライズがあり、なんとものどかな景色だ。

ポンドでロッドを振っていた方々が何人か昼食に戻って来たのと入れ替わりにポンドにたった。ニジマスは数多く見え、水面を意識しえているようだが、コカゲロウ#18ドライを流してみても反応無し。フライチェンジを繰り返し、水面、水面直下、沈めたりもしてみたが状況変わらず、小休止。

2011 11 12_0348

ロッドを3番にチェンジし、ティペットを7xに落として再びコカゲロウ#18をセット。スラックをいっぱい入れてドラグフリーで流すと、一匹のニジマスが浮上してきてフライを吸い込んだ。どうにか一匹目。しかし、その後はまた厳しい状況が続く。フライの直下まで浮上してきてしばらくフライを眺めては横を向くニジマスが何匹かいたが、フライのサイズが大きいのか苦戦。ハッチもライズも少なくなり、再度の休憩。

イブニング。インレットに集まるニジマスも大分水面を意識しているようだ。まずはドライ、反応はあるがヒットには至らず。試しにビーズヘッドのウルトラスエードワーム(赤)を沈めてみると、これが驚きの連続ヒット。1キャスト1ヒットに近い状態で6~7匹の連続ヒットとなった。夕暮れとなって終了。
関連記事
2011.11.12 / Top↑
2011 11 04_0346

カナダのキャンベルリバーにスチールヘッドとキングサーモンを釣りに遠征していた hirochanさんから

おみやげにキャンベルリバーのベースボールキャップを頂きました。

FFらしい帽子が欲しいと思っていた矢先、嬉しいお土産です。


hirochanさんのビッグなキングサーモンフィッシングは以下のブログで垣間見ることができます。(羨ましい!)


minamo flyfishing report
ブーと一緒にカメラ散歩

関連記事
2011.11.04 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。