上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
報告が遅くなってしまいましたが、篭坊の 1.22 新年会がありました。


2012 01 22_0431


このところ寒い日が続いているが、この日だけは暖かな一日だった。

午前10時に篭坊着。前後してみな三々五々集まり始める。


2012 01 22_0423

すでに赤鬼氏とJINさんご夫妻は料理の準備に取り掛かっていて、石窯にも火が入り、テーブルの上には食材が山盛り。ちょっと食べきれないほど賑やかだ。石窯が十分熱くなるのを待って、第1弾のローストチキンと、野菜の蒸し焼きを焼き始める。


2012 01 22_0428

2012 01 22_0425

2012 01 22_0424

その間に、恒例の60分1本(ONEフライ)勝負の釣り大会を開始。

ポンドの状況は、昨日かなり雨が降ったので濁りが入っている。ニジマスの姿もはっきり見えず、いつもとはかなりコンディションが異なっている。昨日は珍しく爆釣だったそうだし、さて今日のフライの選択は???

濁りも強いので、ティペットは6x、フライはやはりビーズヘッドワームを選択。ポンド中央辺りで、かけ上がりや沈み石周辺などしつこく流してみたがマーカーはピクリとも動かない。

お隣のSさんにヒット。#20のミッジとのこと。 フライの選択を間違えたか!?

あまりに反応が無いので、インレットに移動。ここには確実に流れの中に魚が付いているが、ほとんど無視されることが多く。ちょっとしたギャンブル。インレットの頭の巻き返しからメインストリーム脇のヨレ辺りをしつこく流すと、マーカーの動きに違和感! 軽くあわせると、手ごたえが返ってきた。ヒット! リールファイトするほどではなかったが、良いサイズのイワナだった。

その後もねばって、同じ場所でヒット。今度はニジマス。

ここでタイムアップ。1位は良形イワナ2本をキャッチしたFさん。私は、居並ぶ競合を抑え、なんと2位でした。(だた、今回は赤鬼氏、青鬼氏、kazuさんら篭坊3強が審判で参加していなかったのは報告しておきます)

ゲームも終わりランチタイム。ローストチキンと野菜の蒸し焼きから始まったランチは、サラダ、鯛とブリの塩釜焼、ピザ、ローストチキン2回目、チキンのガラと蒸し焼き野菜との闇スープ、かぼちゃの石窯焼、と進み、満腹!満腹!で終了。


2012 01 22_0430

2012 01 22_0426

篭坊は今年も楽しくなりそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
2012.01.31 / Top↑
2012 01 15_0420



午後から篭坊へ。

休憩所では薪ストーブの火が暖かく、ついついポンドに出る前にのんびりしてしまう。

水温 3.5℃ でジンクリア。 今日も厳しい状況。

インレットの流れに数匹のニジマスが見えるのでビーズヘッドニンフを流すが、ほとんど無視されポンド中ほどに移動。手前のブレイクラインのニジマスを狙ってニンフを流し、サイトで狙う。マスが口を使ったのを確認して合わせを入れるが軽い手ごたえだけでフッキングせず。その後1ヒットしたが残念ながらフックオフ。

ポンド最奥部に移動、BHワームを沈めるとニジマスが寄ってくるが動きはスローでマーカーにはアタリが出ないので、あわせのタイミングが難しい。結局1ヒットしたもののここでもフックオフ。

2012 01 15_0419

再度ポンド中ほどに移動。沈み石の前後でマーカに出るアタリが何度かあり、やっとヒット。なかなか良いサイズでパワフル。7xティペットでは無理も出来ず、ランディングに少し手間取った。その後更に1ヒットして苦しいながらもまずまずの展開だったが、今日のヒットフライ=BHワームを2個もロストしてしまい手持ち無し。BHラーバにチェンジ。アタリは遠退いた。

2012 01 15_0422

いよいよ夕闇が迫るころにようやくヒット! 

更にインレットの流れでヒット!

辺りは真っ暗になりマーカーも見えなくなって終了。厳しいながらもまずまずの結果に満足の午後だった。

関連記事
2012.01.18 / Top↑
HTFの皆さんからお誘いがあり、久しぶりに小柿に行った。 過去記事を遡ってみると 2008年11月以来、3年2ヶ月ぶりだった。いつもは、ここを(気にしながらも)素通りして篭坊に通っている。

以前、小柿にはよくお世話になった。以前は橋の上から見ると大型のマスがいっぱい泳ぐのが見えたが、近年鵜の害でめっきり魚のストックが減り、魚が少ないのでフライフィッシャーが入らず更に魚影が薄くなるという悪循環で、フライフィッシャーの数も減り、フライエリアも縮小、めっきり寂しくなってしまった。

湯原でも、小柿でも鵜の被害は深刻だ。 なんとか以前の姿に戻って欲しいものだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長いことフライタイイングをサボっているのでフライのストックが十分無く、出発前に今日使用するフライを急いで巻いた。すっかり出遅れてしまい、現地到着は11時を回ってしまった。

受付を済ませ準備を整えてフライエリアに向かう。空は晴れて陽光が暖かい。エリアでは既にHTFの皆さんが河原にテーブルやイスをセッティングして、釣りを楽しんでいた。皆さんやはり釣りが好きですね。挨拶もそこそこに私も参戦。

2012 01 09_0413

水はジンクリア。放流したてのニジマスが群れになってグルグル泳ぎ回っているのが良く見える。そこに視認性の言いエッグを落とすとフライの周りにニジマスが集まってきて突っつくのが良く見える。フライとマスの反応を見ながらサイトで釣るのは面白い。が、ショートバイトなのでなかなかフッキングはしない。ポツポツとはヒットするが、どれもサイズは小振りで、リールファイトするほどのサイズは見当たらない。以前はビッグサイズのニジマスが多く入っていたのだが...

2012 01 09_0412

昼食のBBQはYukiさんが食材を用意してくれた。骨付きカルビ、豚トロ、ホルモン、エビなどなど、すごく豪勢な昼食となった。ごちそうさまでした。

2012 01 09_0417

2012 01 09_0416

午後は天候が不安定になり、冷たい風が吹いて時雨れたり、また太陽がのぞいたりとめまぐるしく変化する。ゆっくりと食事をしている間にプレッシャーが無くなったのか、ニジマスたちはライズを始めている。食しているのはユスリカなど小型の虫のようだが、ここでは#10のタランチュラを結んでみた。キャストするなり元気良く飛びついてきた。2投目も即ヒット。だが3投目以降は反応が途絶えてしまい、フライのサイズを落とし、パターンも変えてみたがそこまで。再びマーカーを付けて沈めることにしたが、反応はすっかり遠退いてしまった。ニジマスも散って川底でじっとしているのかすっかり魚影が見えない。

午後5時。まだまだ続けたいところだが、終了の時間となった。 

久しぶりの小柿。HTFの皆さんのお陰で楽しい釣りができました。ありがとう! ご馳走さまでした。
関連記事
2012.01.12 / Top↑
2012 01 05_0410


12月初めに米国に修理返送したロッドが修理を終えて帰ってきました。1ヶ月弱。

ありがとうマリオさん。

今やこのロッドがニジマス用のメインロッドとなり、他に代わるロッドが無いのでこの一ヶ月とても寂しい思いをしてました。さて今週末は何処に行こうか。

関連記事
2012.01.05 / Top↑
明けましておめでとうございます。

新年は信州のスキー場で向かえ、1月2日、筋肉痛で身体はギクシャクしていましたが、雪の湯原に初釣りに行ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月2日朝、自宅付近はみぞれ。はたして湯原の天気はどうだろうか? 少し心配しながら出発。

中国道を西進すると、山崎ICから50キロ規制となるが実際の交通の流れは普段と変わらず。しかし、米子道に入ると急に湿雪が激しく降ってきて交通も渋滞しはじめる。湯原IC手前でチェーン規制の検問。

湯原到着は10時過ぎ。かなりの湿雪なので防寒着とレインジャケットも着込んで漁協へ。漁協のお母さんに新年の挨拶をし、マーティラ店長と高知の丸尾くんに再会。新年早々でしかもこの天候だし、参加者は少なくちょっと寂しい新年釣行となった。漁協のストーブを囲んでのんびりコーヒーをご馳走になり、お昼には蕎麦をご馳走になりしているうちに時間が過ぎていった。

2012 01 02_0392

2012 01 02_0393

午後になり、ようやく重い腰を上げて雪の降る中準備を開始。ライズは無く、ニンフを結びマーカーを付ける。漁協前の流れの中で幸先良くヒット。33cmのニジマス。

2012 01 02_0394

その後は、八景前、温泉館裏と移動するが反応無し。依然雪は降り続き、時折風雪が強くなる。ライズも反応も無く、とりあえず1匹は釣れたので早々に切り上げて漁協に退避。

釣果はともかく、2012年、楽しい新年釣行となった。
関連記事
2012.01.03 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。