上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
HTFの皆さんによる市川C&R第2回ニジマス放流会がありました。

第1回を上回る多くの参加者が集まり賑やかな放流会となった。放流と釣り、同時にクリーン大作戦とBBQもあって一日大いに盛り上がった。

2012 02 11_0458


クリーン作戦では、限られた時間とエリアだったが大量のゴミが集まった。自転車も数台! ゴミ拾いも大勢で集まれば、また楽しいイベントだ。こういう機会だけでなく、HTF代表の言うように普段からゴミを一つでも拾って帰ることが大事ですね。ゴミを捨てないのは当たり前だが、今度は見てみぬ振りをせず、見つけたゴミは一つでも拾って帰ろう。そしたら次回はちょっと気持ち良く釣りができると思う。

2012 02 11_0460

2012 02 11_0461
(クリーン作戦で出たゴミ)


さて、BBQでお腹が膨れた後は待望の釣り。既に何人かの方々がフラットなプールに立ちこんでいる。賑わっているプールを外して、瀬の部分にニンフを流してみたが反応無し。

篭坊でお世話になっている神戸T氏がわざわざ声を掛けて下さり良いポイントを譲ってくれた。水温7℃。腰近くまでウェーディングして対岸に向けてキャスト。何度か流すうちにマーカーにアタリがあり、ヒット! どうも近辺に魚が固まっているのか、それからはほとんど入れ掛り状態で40~50cmクラスのニジマスが次々にヒット。まだ放流したてで体力もついていないのか、ニジマス本来のスピードは無くリールファイトすることはなかったが、それでもサイズに似合ったトルクは十分で、ロッドを大きくしならせてもなかなか寄ってこない。ネットインは容易ではなかった。そういうのが連続して掛かるのだから、最後はロッドハンドがパンパンになってしまった。

2012 02 11_0464

2012 02 11_0465


ウェーディングで身体も冷え切って、少しアタリも遠のいたので午後4時ごろ岸に上がった。

いつも1匹2匹の貧果に喘いでいる私だが、この日だけは久しぶりの大釣りだった。ただ、5匹以上はもうカウントできないので、何匹ヒットしたかは不明。

良いサイズのニジマスがいっぱい放流されたので、しばらくして体力がつけばリールを一気に逆回転させる強烈なファイトが期待できるのではないだろうか。そしてライズフィッシングも期待できるか! これからが楽しみだ。


P.S. いつものことならが釣りに一生懸命になって写真を撮るのを忘れてました。いつも後から後悔です。

関連記事
スポンサーサイト
2012.02.15 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。