上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P4210007.jpg


4/21(土) 湯原に行ってきました。

○ ○


午前9時過ぎ、湯原到着。

2週間前に比べるとすっかり暖かくなって河岸の桜は花盛り。ただ今日は強風の予報。すでに風が強くなりつつあり心配。

駐車場脇で既に竿を振っているFFerが2人。篭坊メンバーの青鬼T氏とK氏だ。そして少し上流には赤鬼M氏も。皆さん8時ごろからスタートしたとのこと。私も急いで準備し、遊魚権を買いに漁協へ。

P4210005.jpg

ライズも無いのでまずはフライを沈めてみる。位置を変えながら数投目にマーカーがわずかに停止、ロッドを立てるとズシリと鈍い手応えあり。なかなか良いサイズのニジマスだ。苦労しながらもどうにかキャッチ。53cm、鼻曲がりの♂のニジマスだった。

風がどんどん強くなる。風の合間にオナシカワゲラのハッチがチラホラみられるが、エリア全域を回ってもライズは無い。フライを沈めてもさっぱりで、魚の姿を求めて歩き回る。

岩陰に、大きなヒレのモジリが一瞬見えた。好いサイズだ。水面から少し離れて様子を見るが、再び浮いてはこない。点在する大石に突っ込まれたらアウトなので、ティペットを5xから3xにチェンジし、ドライフライ(オオクママダラ・スペントスピナー)を結ぶ。少し下流に下がってアプローチ、岩脇の流れのヨレを狙って慎重にキャスト。1投目、2投目、そして3投目に水面が割れ、一瞬の間をおいてロッドを立てる。フックオン! ロッドは大きく曲がったが、ここで走らせるわけには行かないので、さらに力を入れてロッドを曲げて耐える。3xにしておいて良かった! ニジマスとロッドとの力比べだが、マリオのロッドはまだまだ余裕が感じられ、この状態でもニジマスが暴れる力を十分吸収してくれている。タイミングをみて余ったラインをリールにまいてドラグを調整。なんとか寄せてランディングを試みたが、とてもネットには入りそうに無い。少し下流に下がって浅瀬に誘導してようやくランディング。この間約15分。65cmのヒレの大きなきれいなニジマスだった。

P4210010.jpg

P4210012.jpg



午後1時を過ぎ、軽く昼食。風は更に強くなり、湯原の谷間をぐるぐる回る。山は轟々と鳴り、下流からの風で水面には白波が立つ。とてもライズが期待できる状況ではないが、午後6時まであきらめずに粘り、途中、一瞬風が弱まり射程内に散発ライズがあって、レギュラーサイズのニジマスを1匹キャッチすることができた。

あいにくの悪天候と重なり冴えない一日でもあり、私にとってはレコードとなるビッグワンをキャッチできたハッピーな一日でもあった。ちょっと複雑。

■今日のデータ:
天候: 曇り、強風
気温:
水温: 10℃
ハッチ: オナシカワゲラ
ライズ: 散発

関連記事
スポンサーサイト
2012.04.22 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。