上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夜は 市川C&R 兵庫トラウトファウンデーションのキャンプに参加。

その前にちょっと市川C&Rによってイブニングを楽しんで行こう! 

ということで、久しぶりの市川C&R。


P5260017.jpg


15:30 まだまだ太陽の勢いがありウェーダーを履くのも躊躇するぐらいの気温。渇水気味で、日差しも強く、釣り人は誰もいないし、かなり厳しそうな状況。とりあえず、上流の昭和橋まで歩いて偵察したが、まったく「異常」なし。一つのライズも、魚影も発見できなかった。

でもまあせっかくだからと準備をして、まずは瀬から開始。無駄にキャストを繰り返しながら、どんどん釣り上がって昭和橋下まで来たが、反応は皆無。

午後4時を過ぎて少し日差しが弱まってきた。しんこう大橋上のプールに戻り様子を見るが、ハッチもほとんど無く、水面は静かなまま。

午後5時、あきらめて車に戻り、片付け始めながら、プールに目をやると、ライズが! ツバメが水面すれすれに飛び、ライズの数も増えてきた。中には派手なスプラッシュライズも混じっている。

とうとうイブニングライズが始まった! しまいかけたロッドに急いでラインを通し、ティペットを結びなおして再び川に入った。ライズのあった辺りに急ぐ。 そして... 飛び交うツバメは消え、ライズも無くなり、フラットな水面だけが光っていた。 なんだか狐にでも抓まれたようだ。

待った。 キャンプへの合流時間も気になるので、そろそろ終わろうかと思う頃、突然のスプラッシュライズ。ジャンプしたニジマスのサイズに思わず「おぉ~ デカイ!」と思わず声を出してしまった。フライチェンジのついでにティペットも4xに変え、キャスト。更にキャストを繰り返すが、ライズはそれっきり。

午後6時。これから先のイブニングに大きな期待が掛かるが、もうタイムリミット。後ろ髪を惹かれる思いだったが、今日のところは、ここであのニジマスの存在を確認しただけでも良しとして、川から上がった。



P5270018.jpg

山を越えて揖保川、くるみの里キャンプ場へ。午後7時。トラウトファウンデーションの皆さんと合流。カクヒロロッドの野中さんの参加もあり、焚き火を囲んでの楽しい宴会は深夜2時まで続いた。

(宴会の様子は、トラウトファウンデーション代表のブログにあります。)

P5270021.jpg

市川C&Rを気に入った野中さんは「市川スペシャル」と銘打ったスペシャルロッドを製作されるとのこと、候補となるロッドの試し振りもあり、みなさんそれぞれの意見や感想も野中さんは熱心に聴かれていた。どんなロッドができるのだろう。楽しみだ。

P5270019.jpg
(ヒメフタオカゲロウ)
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.27 / Top↑
P5190001.jpg

今回の湯原も、篭坊の赤鬼M氏と青鬼T氏と現地・湯原で合流。martira店長とマチャルくんとも一緒になり、楽しい釣行となった。

赤鬼、青鬼の両氏より少し送れて湯原着。

漁協のお母さんの話では、数日前には今まで見たことも無いような大量のライズがあったとのこと。天気は上々。八景前のプールでは朝からオナシやヒゲナガのハッチが多く、ライズもあって、赤鬼氏や店長はもういくつか掛けているらしい。今日も期待ができそうだ。

今日は一日中ライズの釣りを楽しめそうだ、イブニングにはヒゲナガのライズでお祭り状態!? などと期待と妄想は大きくなるばかりだった。

漁協でコーヒーをいただき、ながなが居座って情報をたっぷりしいれてから八景前のプールへ出動。朝のライズは一段落していたが、11時ごろからオナシのハッチとライズが始まるだろうとの情報もあり、しばらく待つ。ライズは無いが、ユスリカ、オナシ、ヒゲナガなど種々の虫がハッチし多数飛び交う、うれしくなるような状況。

P5190002.jpg


(さすが、マチャル君はライズを捕らえた)

そのうち風が出てきて、風の合間に数匹のニジマスが水面直下をクルージングしながらディンプルライズするようになってきた。7xティペットにオナシ・フライを結んで、クルージングするニジマスめがけてキャストを繰り返す。ニジマスが水面に鼻先を出しフライを吸い込んだ瞬間、ヤッタ!と心で叫んでロッドを立てたが、何の抵抗も無くフックの結び目でラインブレイク。もう一度チャンスがあったが、今度はティペットとリーダーの結束部分でラインブレイク。やはり7Xは無謀なのか? 5Xに変更し、風が呼吸を止めてニジマスがライズする一瞬を待って、キャストを続けるが、ニジマスはフライの傍らを素通りするばかり。ティペットが太いのかフライが違うのか、それとも... 答えが出ないまま、ライズが少なくなってきたので、あきらめて場所を移動。

P5190004.jpg
(下流へ移動)

P5190006.jpg
(ライズの無い状況で、トラウトガムを沈めて捕った、小顔でお腹パンパンのニジマス)


(リリース)

また八景前のプールで2~3匹のニジマスがクルージングしながらのライズしているのを発見。店長、マチャル君と3人で、イブニング前にちょっと片付けるような軽い気持ちで取り掛かったが、これが強敵。水面下を悠々とクルージングしながらディンプルライズを繰り返す。ライズもどんどん増えてくるが、フライは完全に無視され、だれもロッドを曲げることができない。ハッチのメインはオナシだが、食っているのは違うようだ。ソフトハックル、婦ローディングピューパ、ピューパ、困った挙句のでかいフライ... どれも相手にされず、翻弄され続けた。ライズが下火になるころ、イブニングのためにやってきた赤鬼Mが投じたソフトハックルにヒット。ストマックをチェックしたところ、#20以下#24ぐらいのミッジピューパが主だった。オナシのハッチに惑わされたようだが、ミッジピューパだと分かっていてもライズを捕れたかどうか... 湯原らしい難しいライズだった。


(八景前のライズ)

夕闇が迫ってきて、ヒゲナガが飛び交うようになってきた。ティペットを4Xに交換し、大き目のエルクヘアカディスを結んだ。プールの流れ込み付近でス小さなプラッシュライズが始まった。キャスト1投目、よそのライズに気を取られてよそ見ししているうちにフライが消えていた。ロッドを立てると確かな手応え。なかなかのファイトで寄せるのに手間取っているうちにフックオフ。次は、流れ込み付近のスプラッシュライズを狙ってキャストしたフライに小ぶりのニジマスがヒット。

飛び交うヒゲナガの数はどんどん増えていくが、ライズは増えず、なんだか朝にインプットされた情報とは差がありすぎる。キャストとリトリーブを繰り返しながらも、頭の中はインプットされた妄想と現実とのギャップ大きな差に混乱しはじめた。そんなとき、下流でもライズが始まった!との情報が入り、八景前を捨てて急遽下流への移動を決意。夕闇は歩を早め、移動中もどんどん暗くなっていく。下流の駐車場に着いたときにはもうすっかり闇に包まれ、立ちこんでロッドを振る青鬼T氏の姿がどうにか確認できるぐらいだった。

ヒゲナガは? 飛んでいる! 
ライズは!? 無い!!!!
真っ暗な流れにウェーディングして、静かな水面にキャストとリトリーブを繰り返しても闇の静寂を破ることは無く終了となった。

いつものことながら、先週は良かった、昨日は良かったと聞きながらも残念な結果に終わることは往々にしてあり、自然相手、魚相手の遊びの難しさをまたも実感させられた。今回は苦戦したが、久しぶりに味わった八景前のライズの難しさは湯原の魅力の一つ。次回はリベンジを果たしたいものだ。

■今日のデータ:
天気: 晴れのち曇り。昼ごろは風の影響を受けたが朝夕は穏やか。
水況: 減水
ハッチ: ユスリカ、オナシ、ヒゲナガ。一日を通してハッチは多量。
ライズ: 八景前のシビアなライズ。
ヒットフライ: オナシアダルト、グリフィスナット、トラウトガム(赤)
関連記事
2012.05.20 / Top↑
今日は湯原! と思っていたが、夕方からの用事が入り予定を変更して篭坊となった。 
湯原は来週にお預け。

P5120012.jpg


午前11時。ポンドの透明度は高い。始めて早々、1投目からヒット。今日は期待できそうだ。いい感じのライズもあり、フライをドライにチェンジ。青鬼T氏はドライでヒットを重ねているようだ。

試しにイブニング用に巻いたタランチュラ#8を投じるが、さすがに無理があるのか、一度見に来ただけで無視されてしまった。更に数種のドライを試してみたが効果はなかった。

後から聞いた情報では、ハッチするモンカゲロウを食べるニジマスが時々見られ、白いフライに反応が良かったらしい。 まだまだ観察力が足りません。

正午ごろから風も強くなりライズも減ったので結局フライを沈めることにした。今日もトラウトガムでまずますの釣果。最近はどうもトラウトガムに頼りがちでワンパターンになって来たようだ。反省し、BHピューパ白も試してヒット。OK!

しかし、今日の篭坊は寒かった~。ダウンジャケットも着込んだが、それでも震えるほど風が冷たい。日差しの暖かい休憩所での時間が長くなった。

午後5時、イブニングを待たずに終了。

■今日のデータ:
天気: 晴れ/曇り 風強く寒い
水況: 11℃ クリア
ハッチ: モンカゲロウ、ユスリカ
ライズ: まずまず
ティペット: 6x
ヒットフライ: トラウトガム、BHピューパ白#14、スティミュレータ#10、クロスフィールド
関連記事
2012.05.12 / Top↑
久しぶりに5月らしい好天となった。またまたイブニングのヒゲナガのライズを狙って午後から篭坊に向かった。

午後1時半、篭坊到着。今日はやはり人出が多い。そそくさと準備をして仲間入り。

モンカゲロウのダンがハッチしてニジマスが追っているとのことだが、ライズは見えないので、モンカゲ・ニンフを沈めてみた。効果なし。続いてモンカゲ・スピナーを浮かせても...効果なし。

最近好調のトラウトガム、オリーブマラブー...その他いろいろ沈めても反応は無い。さすがに連休終盤ともなるとニジマスたちのプレッシャーも相当なものなのだろう。

濁りで魚影は見えないが、多少水面を意識しているようなのでウェットを試す。クロスフィールドで... やっとヒット!

しかし後が続かない...

上空にはモンカゲロウが舞い始めた。かなりの数だ。ライズもポツポツ。今日のイブニングは期待できそうだ!と誰もが感じたはず。

と、突然の雷を伴う夕立で全員休憩所に退避。

P5050006-001.jpg


P5050007.jpg
(休憩所に迷い込んだ シロタニガワカゲロウ・ダン♀)

夕立の去った後、大型のストーンフライが多数飛び、しばらくしてモンカゲロウも戻ってきた。しかし水面には変化は無く、あいかわらず低調。

モンカゲロウが去り、いよいよヒゲナガの期待が高まる。今日はティペットを3xに交換して準備完了! 

ヒゲナガの白い影が1匹、2匹と飛び始めた。かなりの数の、昨日よりも明らかに多いヒゲナガが飛び交うが...??? ライズが無い。エルクをリトリーブしても全然反応が無い。周りの人たちも低調。

そして... 一度もヒットせず水面は静かになってしまった。

昨日まで楽しみすぎたので、これもしかたがないか...



■今日のデータ:
天気: 晴れ、一時雷雨(夕立)
水況: 濁り
ハッチ: モンカゲロウ、シロタニガワカゲロウ、大型のストーンフライ、ヒゲナガカワトビケラ、ガガンボ、ユスリカ、など(さまざま)
ライズ: ぼちぼち(正体はユスリカピューパだったらしい)
ヒットフライ: クロスフィールド・ウェット、(ヒットしなかったフライ多数)
関連記事
2012.05.07 / Top↑
連休7日目。いろいろと用事を済ませて、ヒゲナガを追って午後4時前に篭坊に向かう。かなり雲行きが怪しかったが、途中から細雨が降り始め篭坊辺りは本降りとなった。

午後4時半着。薄暗くて寒い! 休憩所には、赤鬼M氏、MK氏、神戸T氏とビジター2人。

P5040001.jpg

カッパを着て早速ポンドに立ったが、雨風で寒い、手も冷たい、釣れない。で、ダウンジャケットを着て、手袋も着けて直し。ビジターのお二人はレインウェアも無しでがんばっている。タフだ!

フライを沈めるが、昨日よりも明らかにタフコンディションで、トラウトガム、オリーブマラブー他に反応無し。しかし、ポンドのところどころで時折ライズがある。ニジマスは大分水面を意識しているのだろうか。ウェットフライ(グレートセッジ)にチェンジし、ライズのあった辺りをリトリーブすると、モワっと水面が動いてヒット!

ウェットフライでは続かず、再びトラウトガムを沈めてどうにかヒット! なかなかのサイズで良いファイトだった。

P5040002.jpg

厳しい状況は続くが、夕暮れ間際に空も幾分明るさが戻り、雨も上がり風も止んだ。モンカゲが飛ぶ頃だが、今日は姿が見えない。いよいよ暗くなってきたので、ティペットを交換し、イブニング用に巻いてきたタランチュラもどきを結んで、ヒゲナガのライズに備える。

時間が経過して更に暗くなってきた頃、ライズが一つ、二つと広がってきた。しかし、フライへの反応は今一。更に光線が弱まるにしたがって、徐々にライズが増えてきて、スプラッシュも激しくなってきた。ヒゲナガも飛び交い始め、いよいよお祭りの始まり。っと草にフライが引っかかりラインブレイク。薄暗い中、エルクヘアカディスに交換。交換後、あきらかにニジマスの反応がよくなった。そして、連続のヒット! もうフライは見えないので、あわせはライズ音と水しぶきが頼りだが、ライズが多くてフライに出ているのか分からない状態。赤鬼M氏とMK氏、3人並んでキャストしているが、バッシャン、バッシャン、ライズ音とヒットした魚の暴れる音とでお祭り状態のエキサイト。2,3回キャストして、フライのあるであろう辺りでライズ音が無かったので、念のためフライを確認してみるとラインブレイクしていた。もうフライを結ぶことはできないので戦線離脱。M氏、MK氏はその後もかなりの時間奮闘していた。

日に日にイブニングはエキサイティングになって来て、ライズの数と時間は明らかに昨日よりも多く、激しく、長くなっている。この分だと明日も篭坊かな? 篭坊のヒゲナガの魔力で、連休中は渓流には行けそうも無い。

■今日のデータ:
釣行時間: 16:30~19:00
天気: 雨、寒い
水温: 13℃
ハッチ: モンカゲ、ヒゲナガ、ほか
ライズ: イブニングライズ(ヒゲナガ)多数
ティペット: 5x
ヒットフライ(イブニング): エルクヘアカディス#10、タランチュラ#10
ヒットフライ(イブニング前): グレートセッジ、トラウトガム
関連記事
2012.05.05 / Top↑
P5030002.jpg



イブニングを狙っての遅い出動となった。午後2時半、篭坊に到着。

今日のメンバーは、赤鬼M氏、KOさん、KIさん、KUさん。

昨日の雨でポンドには強い濁りが入っていた。インレットの流れの中でエルクヘアカディスを試してみるが無反応。ドライをあきらめ、一昨日反応の良かったオリーブマラブーを沈めたが、今日は全然。

次に試したのはトラウトガム赤。一昨日は全然だったが、今日は絶好調でバンバンヒットする。ヒットするニジマスのサイズも大きく、5xフロロでラインブレイク2回。かなりの確率で、のどの奥までフライを丸呑みしており、1本は回収できずにリリース。

決め手のトラウトガム赤を3本ロスとしてしまい、残りは1本だけになってしまった。マラブーや他のフライにチェンジしてみたが明らかに反応が違うので、結局、最後の一本となったトラウトガムでイブニングまで粘った。



午後6時ごろ上空にモンカゲロウの群飛。かなり高度も下がってきたが、水面へのスピナーフォールは極少でライズも数えるほど。正面に発生したライズの跡に、モンカゲ・スペントスピナーをプレゼンテーションするとヒット!ドライでのうれしい1匹。その後は続かず、上空のスピナーも姿を消してしまった。

辺りは薄暗くなってきて、そろそろヒゲナガが飛び始める頃。フライをエルクヘアカディス#10にチェンジ。

ヒゲナガが飛び始めた。だんだん飛び交う数も多くなってきて、それに合わせてライズも増えてきた。ライズの数にしてはフライへのヒットは少ない。興奮と焦り。どうにか3匹ほどキャッチ。真っ暗になってライズも無くなり、終了。ほんの短時間、うたかたの興奮だったが、なんとも良い余韻の残るヒゲナガのイブニングだった。

連休の残りも篭坊かな...?


関連記事
2012.05.04 / Top↑
P5010001.jpg


今日も篭坊へ。

天気予報では7~8m/sの風。自宅マンションでも玄関を出ると風が轟々と唸っている。これもビル風、行ってみないと現地の様子は分からないし。

9時半篭坊着。今日は連休中の平日なので貸切状態。心配した風もたいしたこと無し。しばらくポンドを見ていたがライズ無し。まずエルクヘアカディスを結んでみたが、ぜんぜん反応無し。ソフトハックルもダメ。

昨日も調子よかったBHワームを沈めるが、これにも反応無し。しばらくインレットで粘ったが全然相手にしてもらえないので徐々に移動。ポンド中央付近で、マーカーを引き込むアタリがあったがフックオフ。ニジマスは居るはずだがマーカーはピクリとも動かない。GWに入って3日間叩かれ続けてさすがに神経質になっているのか、昨日よりも明らかに厳しい状況。ポンドを一週回ってもアタリすら無し。

NO FISHのまま昼食。今日は2時までの予定なので、このままNO FISHで終了か?

午後、やっとヒットしたと思ったらラインブレイク。あまりに反応が無いので、ティペットのチェックや交換など怠っていたためのミス。残念!

フライボックスを開いて悩む。オーソドックスだが、最近使っていなかったマラブーリーチ(オリーブ)を試してみよう。 インレットの流れの中にキャスト。何投目かにフライがしっかり沈むようになると、ツンッという感じのアタリや、水中でギラッと動く魚影など、明らかに反応がよくなってきた。だがかなりのショートバイトで、なかなかフッキングしない、ヒットしてもすぐにフックオフなど、こちらも少々エキサイトする。どうにか2匹キャッチして、なんとか NO FISH を回避して、午後2時に終了。

■今日のデータ
時間: 9:30-14:00
天気: 曇り一時雨 風
水温: 17℃
ハッチ: ほとんど無し
ライズ: ほとんど無し
ヒットフライ: マラブーリーチ(オリーブ)
ティペット: 6X
関連記事
2012.05.02 / Top↑
GW3日目。今日は、渓流にしようか迷った末、篭坊に決定。理由は... 朝起きられなかったから、かな?

午前9時30分篭坊着。すでにKIさんがスタートしていた。そして、赤鬼M氏も少し遅れて到着。GWというのに今日はこの3人だけだった。

ライズは無かったが、魚はだいぶん水面に近くなっているようなのでドライを試した。イブニング用に巻いたエルクヘアカディス・ラバーレッグ付き#12、フラッタリングさせるとニジマスが追ってきた。数投目にヒット。結構深く飲み込んでいてフックをはずすのに手こずる。そのうちティペットが切れて、ニジマスはフライをくわえたまま自由の身になった。イブニング用なのに...

ソフトハックルのデッドドリフトでも1匹。フライを沈めてからは連続ヒット。これが、魚をネットインしてラインのテンションを緩めるとフライはすぐに外れてリリース。この間数秒。なんだかトラウトキングみたいだ。

午前中は好釣! しかし、午後は一転してシビアに。

なかなか釣果が上がらないままイブニングを向かえたが、雨も降って、一昨日よりもハッチ、ライズとも少ない。イブニングも期待はずれかとあきらめかけたころ、雨の上がった空にモンカゲロウがチラホラ。期待は高まるが、水面にはほとんど変化は無い。赤鬼M氏と二人でキャストを続ける。

水面に夕闇が迫り、フライの視認が難しくなる。ヒゲナガが飛び始めた。小型のエルクヘアカディスでは反応が無いので、まだ残照の残る空にフライをかざして大型のエルクに交換。フラッタリングすると、ザバッ! 好いファイトでランディング。 もう暗くてフライを代えることはできないので、濡れたエルクの水分をふき取り、ドライシェイクスプレーをかけてキャスト。フライはもう見えないので、リトリーブしているラインの方向とスプラッシュライズの音に合わせてロッドを立てる。この要領で、あわただしく2~3匹追加。飛び交うヒゲナガの数もかなり増えてきた。まだまだ!と思っていたが、ここでライントラブルで THE END。

篭坊にもヒゲナガの季節到来。ちょうど連休と重なり楽しい釣りができそうだ。


※うっかりミスで写真を消してしまい、今日は写真無し。

関連記事
2012.05.02 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。