上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
martira店長主催の「サントリーローヤルの会」で、FF仲間11人が湯原に集まった。

IMG_0295.jpg


「サントリーローヤルの会」の由来:
先月、YouTubeでサントリーオールドの懐かしいCMを見つけて、facebookでシェアした。



店長からは、「この町には1年前に散歩に出るといってこの町に住み着いた人、医者を止めてこの町に住み着いた人、」から始まるスチールヘッドに取り憑かれた人達を題材にしたサントリーのCMがあったのだけれど、YouTubeで見つからない。とのコメント。

そんなことがあって、サントリーオールドならぬローヤルで秋の夜長を楽しもうという会になった。



IMG_0291-001.jpg

土日の1泊2日の予定でしたが、土曜日は野暮用があって、僕は夜の部からの参加となった。 
すっかり暗くなった午後6時半に湯原に到着。皆さん、お腹がすいているのに、到着まで宴会の開始を待っていてくれた。 ですが、秋の夜長のメインであるはずのサントリーローヤルは既に昼間っから一次会が始まっていて、もうほとんど残っていない状態だった。 でも、まぁいいか。 テーブルの上には酒のボトルが並んでいるし...

IMG_0292.jpgIMG_0293-001.jpg

夜の部は、メインがジンギスカン鍋。サイドメニューは焼き鳥(炭火焼)とローストチキン(ダッチオーブン)。お酒は多種多様。

IMG_0290-001.jpgIMG_0294-001.jpg

宴もたけなわになると、いつもの如く夜のキャスティング練習が始まります。外はあいにくの雨と風。マチャルくんのきれいなキャスティングに続いてロッドを振ると、いつものようにmartira店長の厳しい指導が飛んできます。もう何年、何回とここでこんなことをやっているんだろう、すこしは上達したんだろうけどまだまだ道程は長いな。そうやって、雨ニモマケズ風ニモマケズ、深夜までキャスティング練習は続きました。




IMG_0296-001.jpg

翌朝。雨は小降りになりましたが、どんよりと暗い、陰気な天気です。

昨夜のメンバーの多くは、それぞれ用事があって釣りをせずに帰路につきました。それでも今日の湯原は大勢のFFが訪れて結構な賑わいです。漁協前のプールでは、時折風が止むとオナシカワゲラのハッチがあり、所々でライズも起こります。しかし、ライズしているマスはどれも小型で、良形のニジマスは中層にじっとしています。

まずは、オナシのドライで狙ってみますが、いくら流しても大きいのも小さいのも一向に反応してくれません。その後は、CDCダンや、ニンフを水面直下に流したり、沈めてみたりと、いろいろ試しては見ましたが甲斐なく撃沈。

IMG_0299-001.jpg

一旦漁協前を離れて、八景前~温泉館裏~下の駐車場までパトロールに出ましたが、異常無し! 前回、マスが溜まっていた(と思われる)ポイントにも、ニンフやトラウトガムを沈めてみましたが、ここでも沈黙は破ることができませんでした。

再び漁協前。対岸でマチャルくんが身を低くしてじっとしています。何やら狙っている様子。見ていると、たまにフライを交換しながらも獲物を狙う猫のように気配を消して、長いことじっとしている。そして...



僕      「フライは何?」
マチャルくん 「流れてくる黄色い葉っぱを食べてたので、黄色いマラブーを流したら来ました」

さすがだ。観察力が違うなw



急に土砂降りになって、昼食がてらの休憩。
その後はライズも無くなってしまい、イブニングまで粘る元気もなく、早めの終了となりました。


次回に期待です。



関連記事
スポンサーサイト
2012.10.30 / Top↑
市川C&R、昨年11月の第1回放流から1年が経ち、トラウトリバー市川 神河C&R として新たな出発です。

先週、第3回目の放流を行い。10/19-20の2日間は フライフィッシングフェスタ です。

兵庫トラウトファンデーションの方々の尽力で盛大なイベントになりました。

IMG_0286.jpg


フェスタ初日: 
会場設営のお手伝い。釣りもせず、キャスティング練習などしながら会場内でブラブラ。たくさんのフライフィッシャーとの出会いもありました。いつもこのブログにコメントしてくれる岡山の照ちゃんとも初対面のご挨拶ができました。秋の日は短くてあっとゆう間に夕暮れとなった。

IMG_0008.jpg
(会場設営中)

IMG_0011.jpg
(会場設営中)

IMG_0012.jpg
(将来有望なフライフィッシャーの卵)

IMG_0014.jpg
(イッチョ前にマテリアルを物色しています)


夜の部:
グリーンエコー笠形でBBQ。総勢40~50名?の賑やかな宴になりました。BBQの後の第2部も大盛り上りで秋の夜長を楽しみました。

フェスタ2日目:
この日もキャスティング。教えたり、教わったり。キャスティングだけでも楽しいものです。

おかげさまで、楽しい2日間を過ごすことができました。

IMG_0287.jpg
(キャスティング練習の一コマ。手前の中学生、全く初めてながらすごく綺麗なループを描いてました。負けそう~)

IMG_0289.jpg
(会場撤収の後、通りかかった養蜂家のおっちゃんが、生の蜂蜜、というか日本みつばちの巣を切り取ってご馳走してくれました。さすがに美味かった!)

不精なので、今回あまり写真を撮りませんでした。後悔~
関連記事
2012.10.26 / Top↑
翌週10.20のC&Rオープンに向けて、ニジマスを放流しました。

昨年11月の第一回放流会に参加してから今回で3回目の放流会となりました。その間、HTFのみなさんの熱い思いと精力的な活動で、今回の放流会は随分と活気あるイベントとなりました。

放流場所などの詳しい情報は以下のページをご覧下さい。

http://hyogo-trout-foundation.jp/
http://blog.goo.ne.jp/ken39u

IMG_0282-001.jpg

IMG_0283.jpg

IMG_0284.jpg

今回放流したニジマス、どれもデカイ!
関連記事
2012.10.24 / Top↑
先週に比べて水はクリアで水温も下がって15℃。魚も落ち着いてよく釣れました。

サイズも良。楽しいひとときを過ごせました。


IMG_0270.jpg

IMG_0271.jpg

IMG_0273.jpg

IMG_0277.jpg
関連記事
2012.10.24 / Top↑
篭坊に行ってきました。



丹波の黒豆は今日解禁。 

篭坊へ向かう途中、三田から篠山市に入ると道路脇に黒豆の販売所がポツポツ現れる。いつも買っている販売所に立ち寄って購入。今晩の枝豆が楽しみだ。

IMG_0250-001.jpg

ポンドには10時に着いたが、休憩所で赤鬼さん、ITさんと長々とお話しているうちに正午近くなってしまった。

まずはインレット。ドライを試してみた。大小フライチェンジをしてどうにかスティミュレータ10番でヒット。後は続かず沈めることに。

イージーにトラウトガムを結んだが、今日は反応が鈍い。今日もバンバンヒットしている赤鬼さんが黒マラブーらしいので、試しにBHニンフ黒にチェンジしてみると、これが連続ヒット。ただマーカーは引き込まれてもなかなかフッキングしない。フライの回りをぐるぐる回っているニジマスがティペットに触れているのかも。既にニジマスの警戒心はかなり強くなっているようだ。

IMG_0248-001.jpg


どうにかポツポツとヒットしていたものの、小休止の後、午後3時頃からはすっかりアタリが遠のいてしまった。
諦めて、少しばかりキャスティング練習をして午後6時に終了。

ポンドにはニジマスが戻り、メンバーの皆さんも集い、また楽しいシーズンが始まった。

今日のデータ:
天気: 曇りのち(終了間際)小雨、午後から肌寒くなりウインドブレーカー使用。
水温: 16.5℃
ヒットフライ: スティミュレータ♯10、BHニンフ黒♯14、トラウトガム(赤、カレー)
関連記事
2012.10.07 / Top↑
明日は台風接近で釣りは無理そうなので、午前中の用事を済ませて後、午後から篭坊に行ってきました。

今にも降りだしそうな天気でしたが、どうにか夕方まで天気は持ってくれました。


IMG_0232-001.jpg



ポンドにはきのうニジマスが入ったところなので、久しぶりに大釣りできるかなと期待していたんですが、意外と渋い。水温は19度。まだちょっと水温が高く、放流したばかりのニジマスは深いところに固まっているようで全体的に活性は今ひとつでした。

それでもルースニングでポツポツと、たくさんのニジマスに遊んでもらえました。

IMG_0231.jpg


今日のメンバーは僕を含めて5人。珍しく、赤鬼、青鬼の両氏はお休みでした。


天気: 曇り(台風接近中)
水温: 19.5℃
ヒットフライ: トラウトガム各色(ヒット=ラズベリー、チョコレート、カレー、ノーヒット=ピンクFL、ナチュラル)

関連記事
2012.10.02 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。