上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

まだ2年間の保障期間内だったので修理に出したが、本体に異常はなく、正常に電源が入るらしい。 (修理の際に送らなかった)電源ケーブルの故障だろうとのこと。 しかし、本体を修理返送する前に一応端子(ワニ口クリップ)も交換し、ケーブルの本体コネクタ側に電圧が来ていることをテスターで計ったうえで、本体の問題と判断し修理に出したんだが。。。

しかも、電源ケーブルと振動子は保障外とのことで、修理するとなると電源ケーブル(振動子付き)の部品代は 12,000円 で、魚探の価格(9,800円)よりも高い修理になってしまう。 なので、修理はあきらめ、本体を送り返してもらうことにした。

さてどうしようか? 魚探の力を知ってしまった以上 もう魚探なしで出艇する気力も起こらないし。 とわいえ、急な出費で予算ないし。 困った~。

関連記事
2009.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/127-fb714965
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。