上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
魚探復活記念釣行は若狭湾。

久しぶりの好天。 風は爽やかで、秋を思わせる空。 少しうねりはあるが、風弱く絶好の釣り日和。


復活した魚探

釣果は アコウ(30cm)、ガシラ、アジ、カマス と好調。 すべてサビキ(ぜんぜんエサ要りません)



安定して釣果が出てくると贅沢になるもので、サビキ釣りは手軽で釣果も良いが、釣味に不満を感じる。 やはり 20号ぐらいのオモリをぶら下げていると、30cmのアコウといえども、オモリの重さに負けて竿に魚の躍動感が伝わってこない。 やはりできるだけライトタックルで魚と対峙したい。 できればフライで。 などと思うが、対象魚も豊富でまだまだ未知数、しかもパラダイスがありそうで、なかなか対象魚、釣法を絞り込むのは難しい。 まっ、ぼちぼちやっていきます。



カヤックの艤装もできるだけシンプル、コンパクトにするように工夫中。 

前回までは3連のロッドホルダーを使っていたが、置き竿することも無いしはずした。 タックルボックスもプラノの1612に変更して中身もできるだけ厳選。バウデッキにおいていたソフトクーラーも11リットルのハードシェルクーラーに変更してタックルボックスとともにスターンのカーゴデッキに収容。 それでもカーゴデッキが小さいので、これでぎりぎり、タックルボックスが背中にあたり少しきついし、アンカーやランディングネットなど積むとかなりゴタゴタしている。 もっとコンパクトに機能的に進化したい。



関連記事
2009.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/130-8115eefc
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。