上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
会社を休んで、海に行く予定だったが、今日も波が高く断念。 

こういうときにありがたいのは篭坊の存在だ。 朝はゆっくりして、11時ごろ出発。 平日のポンドは、静かで、太陽の陽がやさしく心地が良い。 



水も澄んでいて、マスが良く見える。 なんだが釣れる予感。 気持ちも良く、はやる気持ちを抑えつつ、のんびりと準備。 しかし、開始してみると意外と厳しい。 まずは大き目のフォームフライを投じたが、フライに関心を示して反射的に見には来るものの、すぐにそっぽを向いてしまう。 かといって、サイズを落としたエルクヘアカディスや、パラダン、CDCダンには気がつかないのか端から興味を示さない。 それでは、と沈めてみたが、チャートやオレンジなどの派手なカラーにも、黒や白、オリーブなどの地味なカラーにも反応が無い。 さらには、ストリーマーを引っ張ってみたが、チェイスはするもののそれまで。 ソフトハックルを引っ張っても無駄。 

釣れそうな予感とは裏腹に、3時まで粘ってやっと1尾。 やっぱり厳しいな~ 篭坊は。

関連記事
2009.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/139-70af45a4
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。