上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
天気予報では、波は1m~0.5m、風も1~2m。 やっとチャンスが訪れたので、1ヶ月ぶりのカヤックフィッシングに出発。

東の空が白み始める午前5時半ごろ現場到着。 渡船で磯に渡る人たちだろうか、駐車場は結構満杯。砂浜にはすでに出艇準備の整ったゴムボートが2艇夜明けを待っている。 磯の人たちも、ボートの人たちもみんな夜明けをまって待機している。 期待と緊張に心が躍る時間だ。 そんななか、遅れて到着した僕はいそいそと出発準備をはじめ、ゴムボート2艇はエンジンを噴かして出発していった。



(バウに置いたタックルボックス=プラノが目障りだが、艇長の短いニュームーブのカーゴスペースにはクーラーボックス11?とプラノを両方置けない(背中にあたり窮屈)ので、仕方が無い。ロッドホルダーは取り外し、すこしシンプルになったが、もう少し工夫が要る)


海上に出ると、少しうねりはあるものの、風は弱く、釣りには問題なし。 すでにアオリイカ狙いと思われるボートが其処此処に出ている。 アオリイカを狙ってエギを投じるが、なれないため、どうもつれるような気がしない。 魚探に明確な魚影も映らず、エギを投げたり、サビキを落としたり、タイラバを巻き上げたりしながら、どんどん移動していったが、全然結果が出ない。 

午前9時を過ぎ、アオリイカは完全にあきらめ、いつもよりも少し沖合いに出てみた。 水深40m。 近くでプレジャーボートが2隻アンカーを投じて釣りをしているが、海底はフラットで変化無し。竿を出す気も起こらず、どんどん移動。 そうこうしていると、やっと海底が隆起している場所に到達。 海底付近に影(白黒&解像度が低いので、魚か藻かそういった区別はつかない)があり、まずはタイラバを落としてみたが、まったく反応無し、少し流されたので、GPSを見ながら元の場所に戻り、今度はサビキを落としてみた(こういうときGPSは役に立つ)。 するととたんに強いあたりがあり、竿が絞り込まれる。 強い引きに青物を確信。 ドラグを調整しながら、時折走られながらも、隙をみてリールを巻いていく。 魚との駆け引きを堪能した後、上がってきたのは40cmほどのハマチ。 頭部から背中にかけてコバルトブルーとネイビーブルーのモザイク模様が美しく感動的。



周辺を回りながら、メタルジグやインチクにも挑戦してみたが反応無し。 再びサビキに変えて、さっきの場所に戻ってきたところ、ボトムからだいぶん巻き上げたところで ググッと力強いアタリ。 引きも強く、ドラグを逆転させてどんどん潜ろうとする。 ドラグを締め、時々走られながらもスピードの弱くなった合間をみて徐々に巻き上げる。 同サイズのハマチだった。

うねりがやや強くなり、波の谷間では海岸が隠れる。 風も少し出てきたので、これにて終了。

ハマチは刺身とカブト焼きで余すところ無く、大変おいしくいただきました。 最高! やはりこの味は釣り人の特権です。
関連記事
2009.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/140-e019ce01
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。