上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

(釣れないので、ヤマメの代わりに土筆の写真)

4月に入り ようやく暖かくなった。今日は safari555さんの車に乗せてもらい、鳥取県・千代川方面に釣行。

最初の支流。背丈は伸長よりも高い枯れ葦の河原の中を細流が流れる。いかにもヤマメが潜んでいそうだが、さてどうやって釣りをしようか? 葦を避けて、どうにかキャストできそうな場所を選んで進んでいくが、なかなか思うように流せない。水温が低い(6.5℃)所為か、さんざん叩かれている所為か、ここぞというポイントでも反応は無く、第一のポイントをあきらめて支流の上流~下流を見て回った。人気の支流なのか、エサ釣師やテンカラ釣師などポイント、ポイントには人影有り。車を止めて川沿いにだいぶん歩いて... そこでもエサ釣師という具合で、第2のポイントに入ることなく午前の釣り終了。

(写真は第2の支流)

午後は、第2の支流に移動。ここも第1の支流と変わらず、枯れ葦に覆われて無茶苦茶釣り辛い。水温は12℃~14℃に上がり、カディスやカゲロウも少し飛び始めて期待したが、とうとうライズは無し。やっとCDCカディス♯14にヤマメがヒットしてくれたが、それもバラシてしまい、それっきり。No Fish で本日終了。

一方、safari555さんは、第2の支流で20cm前後のヤマメを3尾キャッチ。さすがです!

今、敗因を考えると、葦原の細流のアプローチの仕方に問題があったのかもしれない。魚に気づかれ難いようにと、できるだけ川には立ち込まず枯れた葦の上を歩いたが、それが返って、岸際の葦に隠れている魚に気づかれる原因になったんでは無いだろうか? むしろ川の流れの中をまっすぐに進んで行った方が良かったのかもしれない。などと反省もし、次回への期待を繋ぎ、何年やっても悩みは尽きない。

天気: 快晴、無風
気温: -1℃~最高20℃ぐらい?
水温: 支流1=6.5℃~9℃、 支流2=12℃~14℃
ハッチ: 少
ライズ: 無し
ヒットフライ: CDCカディス♯14
関連記事
2010.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/167-5b6b9ed7
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。