上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SANY0006-9.jpg

2010年の釣り納めに篭坊に向かった。

出発時は小雨だったが、途中、小柿付近では雪に変わった。正午前に篭坊に到着。ポンドに人影はなかったが、休憩所の煙突からは白い煙が上がっていた。薪ストーブに火を入れるところだろうか。

天候のせいか、休憩所にはTさんとMさんのお二人だけ。準備をしてポンドに立つころには、雪はものすごい勢いになり、みるみるうちにポンドは雪景色に変わった。水温は3.7℃。中層から表層に定位している魚影がいくつか確認できたが、降りしきる雪と風でとても攻め難く、前回と同様に藻の上を流してもマーカーにはまったく反応がでない。

SANY0001-28.jpg
(降り始め)

SANY0002-24.jpg
(瞬く間に雪が積もった)

雪が止んで無風となり、水面が静かになるといくつかの魚影がはっきり見えた。至近に定位するイワナを発見。#18フェザントテイルをノーウェイトで流すが、魚影はぜんぜん動かない。何度目かに好い感じで流せたとき、魚影がわずかに捩るような動きを見せたのでロッドを軽く立てると、イワナは首を振り、振動がロッドに伝わってきた。嬉しい瞬間。サイトでのヒットはまた格別の妙味がある。あがってきたのはずっしりと太った良形のイワナだった。今日はもうこの一匹で満足。

SANY0004-8.jpg

SANY0005-14.jpg

その後は、また風が一段と強くなり寒さも一層増して厳しい状況となり、あたりも無い時間帯が長く続いた。光線が弱くなってきたころ、ビーズヘッド・ミッジピューパ#18にフライチェンジしての一投目に流れていたマーカーが止まるはっきりした魚信があり、あわせるとニジマスらしいスピード感のあるランで反応が返ってきた。ところ
が、十分なファイトをする間もなくラインブレークで勝負有り。ティペットを確認したところ、フライの結びが不完全ですっぽ抜けたようだった。未熟さを反省。

ビーズヘッドニンフ(黒)#14にフライチェンジしての一投目、マーカーが引き込まれる魚信。フッキングしたが、残念ながらバラシ。

午後4時になり、足先が冷えてジンジンしてきたので一旦休憩。

4時30分。日没が近くなり、今年最後なのでもう一頑張りと、休憩所を出た。インレット付近の魚影に動きが出てきたようだ。ビーズヘッド・メルティーニンフ#14を結んでキャストすると、魚影が明らかにフライに反応して動いた。瞬間、合わせを入れたが空振り。更に、マーカーに明らかな魚信が出たが、これも空振り。更に3度目のチャンスがあり、魚信に合わせを入れるとやっとフッキング、どうにかランディングすることができた。2010年最後の一匹。感謝感謝。

今日のデータ
水温: 3.7℃(午後1時)
天気: 雪のち晴れ、風強い
当たりフライ: フェザントテイル#18、BHメルティニンフ(オリーブ)#14、BHミッジピューパ#18、BHニンフ(UV黒)#14
ティペット: 7xフロロ
関連記事
2010.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/197-e0327ed0
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。