上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日入手したラバーソール(アクアステルス)のウェーディングシューズ、キャラバンのモンタナの使用レポート。

2011 07 10_0210


八東川の上流域と里川、それに湯原で使ってみた。

想像以上、期待以上にアクアステルスのグリップは良く、軽快。上流域でも、里川でも、湯原のようなヌルヌルのところでもほとんど不安は無かった。 たしかに、岩の質によってはすごく滑りやすいものもあったが、注意すべき岩はだいたい見れば分かるので不安を感じることは無いし、ヌルッとした岩でも表面にソールをこすり付けてやればヌルと水幕が無くなってグリップするので、注意して慎重に歩を進めれば問題なし。

ソールの柔軟性も適度、フェルトとは違ったグリップ感で、やはりクライミングシューズに近いフィーリング。遡行もアプローチも軽快で良好だった。これまでフェルトソールを絶対視していたが、ちょっと目からウロコだった。
関連記事
2011.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/235-e0c0d302
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。