上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SANY0003.jpg

いつもより早く 9:30ごろポンドに到着したが、リールやラインの手入れなどしながら1時間ほど時間を過ごしてからポンドに立った。

先週にくらべて水は随分クリアになっていた。ポンドを一周しても魚はほとんど見えず、今日も厳しい状況となりそうだ。

ポンド一番奥の最深部から沈み石のかけ上がりの周辺にニンフを沈める。アタリは無いが、よーく見るとところどころに魚影が確認できる。フライをエッグなどの管釣パターンから#16のフラッシュバック・フェザントテイルに変更すると、ショートバイトながら反応が出てきた。

ヒット! そして、動画を撮ろうともたもたしているうちにフックオフ。 残念。

再度マーカーがゆっくり引き込まれた。合わせを入れたが、一瞬の手ごたえだけで、すっぽ抜けてしまいティペットはマーカーもろともバックのスギに高々と絡まって、フライも回収不能。同サイズのハーズイヤーニンフでも反応はあったが、ショートバイトで合わせのタイミングが難しくフッキングせず。

午前中はヒット2回。

ゆっくりと昼休みを取って、午後の部を開始。午前中よりも更に厳しく、魚は見えても反応は無く、少し早めの午後4時に終了とした。



■今日のデータ
天気: 曇り、一時小雨
気温: 途中で薄手のダウンジャケットを着た
水温: 14.5℃
ライズ: 無し
ヒットフライ: フェザントテイル#16、ハーズイヤーニンフ#16
関連記事
2011.10.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/244-0ae6103e
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。