上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は午後からの出動となった。

午後2時、ポンド着。 駐車場はほぼ一杯で、顔なじみの皆さんが10人もロッドを振っていた。

水温は15℃。昨日の雨で水は濁っていて、ニジマスの姿は見えないが、まずますの活性のようだ。皆さん、しばしばロッドを曲げている。

このポンドに10人ともなると、入る場所は限られる。空いていたポンド奥に入った。 ビーズヘッドのウルトラスエードワーム(赤)を沈み石の近くにキャスト。しばらく反応が無いのでピックアップしようとしたら、なんだか根掛りのような感触??? マーカーにはアタリが出なかったが、フライは完全に飲み込まれ、しっかり掛かっていた。

コカゲロウのハッチが多く、ライズも時折発生している。ニジマスは明らかに水面または水面直下を意識しているようだ。ソフトハックル(オレンジ&パートリッジ)に換えてゆっくりリトリーブすると、濁った水中からニジマスが浮上してきて、フライを追って食いついてきた。

その後もソフトハックルへの反応は良いが、なかなかフッキングには至らず。 ニンフに変えたり、ソフトハックルに戻したり。

夕方になり、まだまだコカゲロウのハッチは続く。水面からコカゲロウが忽然と現れるハッチシーンも多く見られる。ライズやモジリも増えてきた。ソフトハックルを流すと度々ライズしてくるがフッキングせず、フローティンイマージャーでも見に来るがバイトせず。 ここでもう少し水面直下やコカゲロウを意識して丁寧な釣りを擦ればよかったのだが、反って釣りが粗くなってしまい失速。

一休みの後、夕闇がせまるポンドで先週と同様のカディス由来の派手なライズを期待して、真っ暗になるまでタランチュラ#10でキャスト、リトリーブを繰り返したが、期待に反してライズはほとんど無し。1ヒットだけで終了となった。 ニジマスは最後までコカゲロウを意識していたのかもしれない。

今日はマッチザハッチを意識したもっと丁寧な釣りに徹するべきだったな~。 反省しきり。


P.S. 今日はデジカメを忘れたので、写真は有りません。


■ 今日のデータ:
時間: 14:00~18:00
天候: 晴れ
気温: 暖か
水温: 15℃
ハッチ: コカゲロウ 多
ライズ: 多(篭坊としては) 夕方はディンプル、バルジングが増えた
釣果: 5匹ぐらい
ヒットフライ: ビーズヘッド・ウルトラスエードワーム#16(赤)、ソフトハックル#14(オレンジ・パートリッジ)、タランチュラ#10
ティペット: 5x
ライン: DT4
ロッド: マリオ・217P4(7.2ft-4番)
関連記事
2011.10.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/248-5be8c8f8
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。