上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SANY0010.jpg



4/7-8 1泊で湯原に行ってきました。

土曜日はゆっくり家を出て正午ごろに湯原到着。
寒い! 4月だというのに雪が降り始めた。とりあえずウェーダーを履いて用意はしたものの、漁協のストーブを囲んで酒を飲んで時間を過ごした。

P4070001.jpg


夜は martira店長が用意してくれた牡丹鍋と旭川・馬場ホルモンの豚塩ホルモンで宴会。 ほとんど釣りせずにお酒を飲んでワイワイと騒いだだけの一日だった。(最近はこういうのが多い)

翌日曜日は、明け方すごく冷え込んだものの、日中はかなり気温が上がる予報。昨日よりも10度ぐらい高くなりそうで、ライズが大いに期待された。

日が昇るにしたがって風が出てきてちょっと心配。ライズも無いのでニンフ(BHニンフ白#18)を沈めて、50cmのニジマスをヒット。ウェイトもあり、なかなかしぶとく抵抗するが、ティペット6xなので無理もできず、ランディングにはかなりの時間を要した。

おおかたの予想通り11時ごろからオナシカワゲラのハッチが始まった。かなりのハッチで、水面にもかなりの流下があったが、ライズは数えるほどしか無くとてもライズフィッシングとはいかない。これだけハッチがあってなぜライズが無いのだろう? martira店長の予想では午後1時ぐらいからオオクママダラのハッチが始まってライズも起こるだろうとのこと。 ニジマスもそのことを知っていて、オナシカワゲラには関心ないのか!?

昼食を済ませて所定の場所でライズ待ちしていると、予想通りオオクママダラのハッチが始まった。それに合わせてライズもいくつかみられるようになった。何人か並んでライズ待ちしている私の前後では、いくつかのライズがあり、皆さんライズの釣りを楽しんでいる。さすが~!マチャルくんは一発でしとめた。

ところが私の前にはライズは起こらず、オオクママダラのハッチが続く中、時間だけが過ぎていく。午後1時40分、場所をあきらめて下流に移動。下流に居たOさんと丸男くん「この辺りはライズボコボコでしたが、一段落という感じ」 えっ~?!?! 完全な判断ミスだったようだ。

少し量は減ったものの、まだハッチは続いているのでライズを探して更に下流に。そして、見つけました! ウェーディングして射程距離に。1投目、距離が合わず失敗。2投目、ピッタリ。わずかな間をおいて、水面が動いた。ロッドが曲がり、ラインが出て行く。ロッドを左手に持ち替えてリールファイトに。ティペットは6Xで、周りには大岩が点在するのでファイトの加減が難しい。ラインを巻いては、パームでブレーキを調整しながらランに耐える。緊張と快感、幸せな瞬間だ。なかなかのファイトだったが、サイズは40cm台。食べていたのはオオクママダラのスピナーだった。

SANY0013.jpg


その後はライズが無い。再び元の上流に移動。こちらも先程までかなりのライズがあったらしい。どうも今日は私の居ないところでライズが起こるようだ。

みていると射程内にライズがあり、ライズの後を追ってキャストするが相手にされない。フライが悪いのか? 隣でヒットした人はオオクママダラのスピナーと言っているので、フライは合っているはず。どうもライズが一定しないのでクルージングしながらライズしているようだ。ライズの後を追うのはやめて、ゆるい流れの中を流してみた。ヒット! いや~堪りません。快感。

その後は2回連続のすっぽ抜けで、ハッチも無くなり、ライズも無くなって、午後5時に終了。

久しぶりにライズの釣りを堪能した楽しい一日だった。

関連記事
2012.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/275-3dfa07df
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。