上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P5190001.jpg

今回の湯原も、篭坊の赤鬼M氏と青鬼T氏と現地・湯原で合流。martira店長とマチャルくんとも一緒になり、楽しい釣行となった。

赤鬼、青鬼の両氏より少し送れて湯原着。

漁協のお母さんの話では、数日前には今まで見たことも無いような大量のライズがあったとのこと。天気は上々。八景前のプールでは朝からオナシやヒゲナガのハッチが多く、ライズもあって、赤鬼氏や店長はもういくつか掛けているらしい。今日も期待ができそうだ。

今日は一日中ライズの釣りを楽しめそうだ、イブニングにはヒゲナガのライズでお祭り状態!? などと期待と妄想は大きくなるばかりだった。

漁協でコーヒーをいただき、ながなが居座って情報をたっぷりしいれてから八景前のプールへ出動。朝のライズは一段落していたが、11時ごろからオナシのハッチとライズが始まるだろうとの情報もあり、しばらく待つ。ライズは無いが、ユスリカ、オナシ、ヒゲナガなど種々の虫がハッチし多数飛び交う、うれしくなるような状況。

P5190002.jpg


(さすが、マチャル君はライズを捕らえた)

そのうち風が出てきて、風の合間に数匹のニジマスが水面直下をクルージングしながらディンプルライズするようになってきた。7xティペットにオナシ・フライを結んで、クルージングするニジマスめがけてキャストを繰り返す。ニジマスが水面に鼻先を出しフライを吸い込んだ瞬間、ヤッタ!と心で叫んでロッドを立てたが、何の抵抗も無くフックの結び目でラインブレイク。もう一度チャンスがあったが、今度はティペットとリーダーの結束部分でラインブレイク。やはり7Xは無謀なのか? 5Xに変更し、風が呼吸を止めてニジマスがライズする一瞬を待って、キャストを続けるが、ニジマスはフライの傍らを素通りするばかり。ティペットが太いのかフライが違うのか、それとも... 答えが出ないまま、ライズが少なくなってきたので、あきらめて場所を移動。

P5190004.jpg
(下流へ移動)

P5190006.jpg
(ライズの無い状況で、トラウトガムを沈めて捕った、小顔でお腹パンパンのニジマス)


(リリース)

また八景前のプールで2~3匹のニジマスがクルージングしながらのライズしているのを発見。店長、マチャル君と3人で、イブニング前にちょっと片付けるような軽い気持ちで取り掛かったが、これが強敵。水面下を悠々とクルージングしながらディンプルライズを繰り返す。ライズもどんどん増えてくるが、フライは完全に無視され、だれもロッドを曲げることができない。ハッチのメインはオナシだが、食っているのは違うようだ。ソフトハックル、婦ローディングピューパ、ピューパ、困った挙句のでかいフライ... どれも相手にされず、翻弄され続けた。ライズが下火になるころ、イブニングのためにやってきた赤鬼Mが投じたソフトハックルにヒット。ストマックをチェックしたところ、#20以下#24ぐらいのミッジピューパが主だった。オナシのハッチに惑わされたようだが、ミッジピューパだと分かっていてもライズを捕れたかどうか... 湯原らしい難しいライズだった。


(八景前のライズ)

夕闇が迫ってきて、ヒゲナガが飛び交うようになってきた。ティペットを4Xに交換し、大き目のエルクヘアカディスを結んだ。プールの流れ込み付近でス小さなプラッシュライズが始まった。キャスト1投目、よそのライズに気を取られてよそ見ししているうちにフライが消えていた。ロッドを立てると確かな手応え。なかなかのファイトで寄せるのに手間取っているうちにフックオフ。次は、流れ込み付近のスプラッシュライズを狙ってキャストしたフライに小ぶりのニジマスがヒット。

飛び交うヒゲナガの数はどんどん増えていくが、ライズは増えず、なんだか朝にインプットされた情報とは差がありすぎる。キャストとリトリーブを繰り返しながらも、頭の中はインプットされた妄想と現実とのギャップ大きな差に混乱しはじめた。そんなとき、下流でもライズが始まった!との情報が入り、八景前を捨てて急遽下流への移動を決意。夕闇は歩を早め、移動中もどんどん暗くなっていく。下流の駐車場に着いたときにはもうすっかり闇に包まれ、立ちこんでロッドを振る青鬼T氏の姿がどうにか確認できるぐらいだった。

ヒゲナガは? 飛んでいる! 
ライズは!? 無い!!!!
真っ暗な流れにウェーディングして、静かな水面にキャストとリトリーブを繰り返しても闇の静寂を破ることは無く終了となった。

いつものことながら、先週は良かった、昨日は良かったと聞きながらも残念な結果に終わることは往々にしてあり、自然相手、魚相手の遊びの難しさをまたも実感させられた。今回は苦戦したが、久しぶりに味わった八景前のライズの難しさは湯原の魅力の一つ。次回はリベンジを果たしたいものだ。

■今日のデータ:
天気: 晴れのち曇り。昼ごろは風の影響を受けたが朝夕は穏やか。
水況: 減水
ハッチ: ユスリカ、オナシ、ヒゲナガ。一日を通してハッチは多量。
ライズ: 八景前のシビアなライズ。
ヒットフライ: オナシアダルト、グリフィスナット、トラウトガム(赤)
関連記事
2012.05.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/286-0a5614bf
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。