上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日は昨日までの天気と一転し、ぽかぽか陽気の好天になりました。

午後からボウズを釣れて小柿管理釣場に久しぶりにアマゴのえさ釣りに出かけました。ぽかぽか陽気のせいで小柿管理釣場も今日は大盛況のようです。午後1時ごろに着くと、駐車場はほぼ満車で、えさ釣りエリアの区画もほぼ満員で入るところを探すのに苦労するぐらいでした。ちょうど午前中であがる人が場所を譲ってくれたので助かりました。

天気が良すぎて水中に陽が強く射しているのが気がかりですが、子供連れにはありがたい陽気です。今日は子供がメインなので3.3mのテンカラ竿にウキをつけて狙ってみます。準備もできて、あとは区画に魚を入れてくれるのを待つだけ。魚も入り、さあ!

ところが何度流してもウキには反応が出ません。棚を変えたり、えさを変えたりして小さなアマゴが2尾釣れただけで、後はまったく反応なし。さっき入った魚達も適当に散らばって泳いでいるのが良く見えます。暖かく風も無いので、コカゲロウやクロカワゲラ、小型の黒いカディスなどのハッチも見られ、中にはライズを繰り返す魚まで居ます。

このままでは悔しいので、子供のことは放っておいて、長竿を取り出してみゃく釣りにチェンジ。みゃく釣りなんて久しぶりなので、なかなか感覚が戻ってきません。4時を過ぎて水面に影が挿してきてから、やっと塩焼きサイズのヤマメ3尾と一回り大きなニジマス1尾を追加することができました。

持ち帰った魚をさばくと、胃袋の中からユスリカのラーバとピューパがいっぱい出てきました。次回はやっぱりフライで挑戦しよう。
関連記事
2008.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/32-e3165e65
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。