上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

揖保川から失意の帰宅の後、急いで夕食を取り、風呂に入って、大急ぎで支度をして、今年初の夜のシーバス釣りに出発。 

午後9時、明石のフライショップ、ループノットに閉店間際に到着。明石港を出ると、眼前にはライトアップされた明石海峡大橋が見えるが、ボートは進路を反対にとり新月の闇の海を西に向かう。やはり夜の海は神秘的で畏怖を感じる。

30分ほどでポイントに到着。岸壁に係留されている大型船の周り、岸壁のライトの下など、明るい海面をフローティングラインで狙って行く。ところどころシーバスがボイルしていてテンションは上がるが、なかなかシビアでうまく乗ってくれない。しかしどうにか、シーバス(セイゴサイズ)3尾とメバル1尾をランディングして深夜1時に終了。2時に明石港に戻ってきた。

今日は1日、川に海にとハードワークだったが、最後はシーバスの力強い引きを楽しめて本当に良かった。
関連記事
2008.04.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuromame0514.blog76.fc2.com/tb.php/44-11bdb319
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。