上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夜は 市川C&R 兵庫トラウトファウンデーションのキャンプに参加。

その前にちょっと市川C&Rによってイブニングを楽しんで行こう! 

ということで、久しぶりの市川C&R。


P5260017.jpg


15:30 まだまだ太陽の勢いがありウェーダーを履くのも躊躇するぐらいの気温。渇水気味で、日差しも強く、釣り人は誰もいないし、かなり厳しそうな状況。とりあえず、上流の昭和橋まで歩いて偵察したが、まったく「異常」なし。一つのライズも、魚影も発見できなかった。

でもまあせっかくだからと準備をして、まずは瀬から開始。無駄にキャストを繰り返しながら、どんどん釣り上がって昭和橋下まで来たが、反応は皆無。

午後4時を過ぎて少し日差しが弱まってきた。しんこう大橋上のプールに戻り様子を見るが、ハッチもほとんど無く、水面は静かなまま。

午後5時、あきらめて車に戻り、片付け始めながら、プールに目をやると、ライズが! ツバメが水面すれすれに飛び、ライズの数も増えてきた。中には派手なスプラッシュライズも混じっている。

とうとうイブニングライズが始まった! しまいかけたロッドに急いでラインを通し、ティペットを結びなおして再び川に入った。ライズのあった辺りに急ぐ。 そして... 飛び交うツバメは消え、ライズも無くなり、フラットな水面だけが光っていた。 なんだか狐にでも抓まれたようだ。

待った。 キャンプへの合流時間も気になるので、そろそろ終わろうかと思う頃、突然のスプラッシュライズ。ジャンプしたニジマスのサイズに思わず「おぉ~ デカイ!」と思わず声を出してしまった。フライチェンジのついでにティペットも4xに変え、キャスト。更にキャストを繰り返すが、ライズはそれっきり。

午後6時。これから先のイブニングに大きな期待が掛かるが、もうタイムリミット。後ろ髪を惹かれる思いだったが、今日のところは、ここであのニジマスの存在を確認しただけでも良しとして、川から上がった。



P5270018.jpg

山を越えて揖保川、くるみの里キャンプ場へ。午後7時。トラウトファウンデーションの皆さんと合流。カクヒロロッドの野中さんの参加もあり、焚き火を囲んでの楽しい宴会は深夜2時まで続いた。

(宴会の様子は、トラウトファウンデーション代表のブログにあります。)

P5270021.jpg

市川C&Rを気に入った野中さんは「市川スペシャル」と銘打ったスペシャルロッドを製作されるとのこと、候補となるロッドの試し振りもあり、みなさんそれぞれの意見や感想も野中さんは熱心に聴かれていた。どんなロッドができるのだろう。楽しみだ。

P5270019.jpg
(ヒメフタオカゲロウ)
2012.05.27 / Top↑
NO FISH でした。


SANY0001_20120305235723.jpg


10時少し前に市川C&Rに到着、日曜日なのに、予想に反して川には No FFer。さすがに渓流解禁直後なのでFFerのみなさんは、渓流に向かったのだろうか。

準備をして10時スタート。水位は少し増水しているが、水の濁りは少ない。水温 6℃。思ったよりも強い風が上流から吹いてくる。左岸から入ったので非常にキャストし辛い。

まずは、前回魚影が濃かったエリアを重点的にトレースしたが今日は全然反応無し。どうしたんだ?

雨による増水で魚の付き位置が変わったのか? 右岸に渡り、少しポイントを変えてみるが状況は変わらず。フライチェンジも効果なし。

11時ごろからは雨が降り始め、風は弱まったものの、本降りになった。雨の中、瀬や下流の瀬尻、中洲の左岸なども含め、広範囲を探ってみるが一回のアタリも無いまま午後2時に終了。

まぁ こんな日もあるかな。川に入ってロッドを振っただけでもストレス解消!良しとしよう!

SANY0002_20120305235722.jpg


増水のせいだろうか、河原にはたくさんのゴミが目立った。中にはまだ油が染み出しているようなオイル缶もあり。一つ二つと拾っていくうちにすぐにレジ袋は満杯に。まだまだ拾いきれないゴミはたくさんあったが、一人クリーン作戦は終了。

SANY0003_20120305235721.jpg


車に戻り帰り支度を始めたころにHTFのYukiさん登場。インタミディエイトでストリーマを引くとのこと。そうか!それも良いかも知れない。Yukiさんの釣りをもう少し見て居たかったが、雨に濡れた身体が冷えてしまったので早々に退散した。

2012.03.05 / Top↑
今日も寒い! 朝、ここ三田では積雪があり、天気予報では日中の最高気温が 1℃。

さすがにどうしようかと思いましたが、明日は都合が悪いので、寒いのを覚悟で市川C&Rに向かいました。





中国道は福崎から先はチェーン規制で、インター付近は渋滞。神河町の現地到着は11時少し前。

2012 02 18_0485


この寒い中でもFFerが2人既に入っていた。さっそく準備をして川に立った。先週と同様、右岸からウェーディングして数投流すが反応無し。

場所を少し下流側に移動してキャストすると今度は即ヒット。40cmクラスのニジマスだが、ネットイン寸前の抵抗がしぶとくランディングに手こずった。

2012 02 18_0487
(40cmクラス)


続いてヒット! ジャンプした魚体はかなりの大物。機を見てロッドを左手に持ち替えてあまったラインをリールに巻き取って、リールファイトに持ち込んだ。それからは寄せては走られの繰り返しでランディングにはかなりの時間を要した。55cm、ヒレピンのヘビー級ニジマスだった。

2012 02 18_0489
(55cm)

その後はフックオフとラインブレイクで、次第に反応がなくなりフライチェンジ。するとまた即ヒット!40cmクラスと、続いてまたまた50cmオーバー、顔つきと体形からさっきの55cmが2度目のヒット!?(写真判定の結果はどうも違う固体のようだが)

2012 02 18_0492
(40cmクラス)

2012 02 18_0493
(2回目の50cmオーバー)

ここまで2時間ほど、雪もチラホラ舞い始め、ウェーディングで身体が冷え切って、濡れた手指の感覚もなくなってきたのでそろそろ限界。岸に上がって、HTF代表といろいろお話をしてから早めに家路に付いた。

短時間ながら、今日も良い釣りができた。やっぱりニジマスは好い! 川も好い! 感謝です。



2012 02 19_0497
(ヒットフライ2種)

天気: 曇り、弱風、ときどき雪
水温: 6.5℃ (午後2時)
ハッチ: なし
ライズ: 2、3のライズが見られた。今後が楽しみ。
ヒットフライ: BHトラウトガムワーム(赤)TMC3761-#12、BHウルトラスエードニンフ(オリーブ)TMC3761-#14
ティペット: 6x フロロ
2012.02.19 / Top↑
HTFの皆さんによる市川C&R第2回ニジマス放流会がありました。

第1回を上回る多くの参加者が集まり賑やかな放流会となった。放流と釣り、同時にクリーン大作戦とBBQもあって一日大いに盛り上がった。

2012 02 11_0458


クリーン作戦では、限られた時間とエリアだったが大量のゴミが集まった。自転車も数台! ゴミ拾いも大勢で集まれば、また楽しいイベントだ。こういう機会だけでなく、HTF代表の言うように普段からゴミを一つでも拾って帰ることが大事ですね。ゴミを捨てないのは当たり前だが、今度は見てみぬ振りをせず、見つけたゴミは一つでも拾って帰ろう。そしたら次回はちょっと気持ち良く釣りができると思う。

2012 02 11_0460

2012 02 11_0461
(クリーン作戦で出たゴミ)


さて、BBQでお腹が膨れた後は待望の釣り。既に何人かの方々がフラットなプールに立ちこんでいる。賑わっているプールを外して、瀬の部分にニンフを流してみたが反応無し。

篭坊でお世話になっている神戸T氏がわざわざ声を掛けて下さり良いポイントを譲ってくれた。水温7℃。腰近くまでウェーディングして対岸に向けてキャスト。何度か流すうちにマーカーにアタリがあり、ヒット! どうも近辺に魚が固まっているのか、それからはほとんど入れ掛り状態で40~50cmクラスのニジマスが次々にヒット。まだ放流したてで体力もついていないのか、ニジマス本来のスピードは無くリールファイトすることはなかったが、それでもサイズに似合ったトルクは十分で、ロッドを大きくしならせてもなかなか寄ってこない。ネットインは容易ではなかった。そういうのが連続して掛かるのだから、最後はロッドハンドがパンパンになってしまった。

2012 02 11_0464

2012 02 11_0465


ウェーディングで身体も冷え切って、少しアタリも遠のいたので午後4時ごろ岸に上がった。

いつも1匹2匹の貧果に喘いでいる私だが、この日だけは久しぶりの大釣りだった。ただ、5匹以上はもうカウントできないので、何匹ヒットしたかは不明。

良いサイズのニジマスがいっぱい放流されたので、しばらくして体力がつけばリールを一気に逆回転させる強烈なファイトが期待できるのではないだろうか。そしてライズフィッシングも期待できるか! これからが楽しみだ。


P.S. いつものことならが釣りに一生懸命になって写真を撮るのを忘れてました。いつも後から後悔です。

2012.02.15 / Top↑
HTF(兵庫トラウトファウンデーション)の皆さんに混じって揖保川クリーン作戦に参加し、それから市川C&R。楽しい一日をすごすことができた。



2011 12 04_0361

揖保川漁協主催の揖保川クリーン作戦に参加。水害の後、ここ2年ほど揖保川ではロッドを振っていないが、フライフィッシングを始めたころからよく通い、八東川への往復の途中もいつも眺めながら走っているとても親近感のある川だ。

今回はHTFの皆さんが参加されるとのことだったので、いい機会なので仲間に加わった。本当にポジティブで活動的な皆さんで、クリーン作戦の合間にも揖保川での新しい活動やイベントなど数々のアイデアが話題に挙がり、どれも即実現に向けて動き始めるような勢いの、お話を聞いているだけでも元気になるパワフルな面々だ。

クリーン作戦の後、市川C&Rに移動。まずは、橋の下流の流れに大きなドライフライ(タランチュラ#10)を流してみたが反応無く、早々にニンフに切り替え。篭坊で実績のあるビーズヘッド・ウルトラスエードワーム(赤)を流してみたが効果なし。フライをチェンジしながら橋の上流へ、瀬からフラットな流れへ移動したが状況は変わらず。厳しい。今日は皆さんも手こずっているようだ。 

が、瀬の中でHTF代表のロッドが弧を描いた。さすが!



橋の上流でフラットな流れの中の沈み石周辺を根気良く流してみたがやはりまったく反応無し。少し下がって瀬の中を流す。フライをビーズヘッドの黒系ニンフ#14に変更して数投目、マーカーが一瞬止まった。あわせるが、一瞬の衝撃とキラリと光る魚体を見せてフックオフ。残念!思わず声を上げてしまった。

2011 12 04_0365

直後に再びヒット。今度は確実にフッキングしている。良いサイズで、3番ロッドなのでランディングには手こずってしまった。43cmの鼻の曲がりかけたオスのニジマス。ストマックを参考にしたかったが、何も出てこなかった。

その後は、1ヒットで残念ながらバラシ。夕暮れが近づく午後4時に終了。

水質はとても良くて透明度が高く、このフラットな流れの中でニジマスがライズしたら最高の釣りができそうだ。市川C&Rの今後に多いに期待。

この日はほかに4人ほど、計8人ほどのFFerで賑わっていた。篭坊でご一緒したことのある三木市のkurokuroさんとも偶然の再会。楽しい一日だった。

2011 12 04_0366


■ 今日のデータ:
時間: 12時ごろ~4時ごろ
天候: 曇り、時々にわか雨、弱風
気温: 
水温: 13℃→10℃
ハッチ: ユスリカ、コカゲロウ がチラホラ
ライズ: なし
ヒットフライ: ビーズヘッドニンフ黒系#14

2011.12.04 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。